黒子のバスケ (3期) 第75Q最終話感想  

とうとうアニメも最終回を終えてしまいましたよ!!
スピーディーな展開で、Aパート中にWC勝敗を決し、
我らが誠凜高校が優勝です!!
75Q始まったときはまるで宇宙でバスケしてるみたいな絵面だったよね。
何が起こってもおかしくなかった絵面だったよね(笑)!!

もうめっちゃ興奮したけどね!!(結局は開始早々視聴者もテンションあがりまくり!!てことだよね!)

あぁ、思い起こせばこの決勝戦の間に、
赤司君は2人目出てくるわ、
5人全員ゾーンに入って目からビーム出しちゃうわ、
黛さんに至っては、わずか30分の間に5人めの紹介で「新型のシックスマン(6人目)!」てageて、
すぐ後に「上書きされた!」てsageられて、
やだもうこの人愛おしい。

それにしてもEDでは黛さん!
赤司の相棒認定(公式)おめでとう!おめでとう!!(嬉涙)

あれは滾りましたよ!
今までは学校ごとの相棒紹介で無冠の五将の3人がまとまってひとくくりにされてて
赤司君てば中学の頃がだてにフレンドリーだったせいで
「やっぱり赤司様は孤高の虎、一匹オオカミなのね」てボッチがネタにまで昇華されてた。
それがここにきてアニメEDで、
それぞれの相棒と2ショットでキセキが順番に出て来るところ
もうね、赤司君のところ、どうなるのかドキドキでした!
でもやっぱそうよねー!そうくるよねー!そうでしかないよねー!!
やっぱり黛さんよねー!ヒャッハー!!

まぁEDは置いといて。

Bパートはジャンプ+の描き下ろしが」アニメになってました!!
Aパートで、大会が終わりをつげ、「次の世代に」と1年2年だけが映って終わってから、
Bパートではバスケ部を引退した3年生たちと残った1年2年の絆の様子。
それぞれが新しいチームに向けて、踏み出したそのころには
誠凜は相も変わらずの和やかムード!!
しかも、二号のかわいらしさ爆発です!!
なにあれ可愛らしすぎ!
思い返せば試合中、アレックスさんの懐にこっそりと忍び込ませてもらって試合鑑賞していた二号ちゃん可愛かったよね!
要所要所でみんなと一緒に掛け声(わんっ!)ってかけてたり。キュンキュンするわ。
もうこのアニメの二号の使い方抜群だわ。
最終回の尻尾でぐるぐるに私のハートもぐるぐるだわ。
あと火神君試合中と日常のギャップたまりませんわ。
カッコ良すぎて可愛いなんてどこの天使か

EDの差し替えイラストでの誠凜高校日常風景では
鉄板の「二号からの火神君への愛情ダイブ」とか、もうこの天使たち可愛すぎて怖いわ!!(大笑)

他校もファンにはそれぞれ嬉しかっただろうなぁ。
海常の笠松さんとか、今となっては貴重だもんね。
しかもちょっと成績悪いところとか愛おしいよね。

緑間&高尾君の秀徳は最終回にて新キャラ!大人気の宮地さんの弟さんが登場です!
アニメ的には普通の人っぽくなってましたが、
実は原作では宮地さん(兄)に負けず劣らずの口の悪さです!
しかもこの人、兄貴のお友達の妹さんを盗撮疑惑ありではないでしょうか?
あの写真、漫画的なコマ割りでは違和感無いですが、
実際あんな撮られ方どうなの?と心配してしまいました。うんどうでもいいね。

青峰のとこの桐皇は…ちゃんと練習…してるのかしてないのか。
まぁ桃井さんが嬉しそうだからいいのか。いいだろう。
ま、個人的には火神君のよきライバルであってください、と。
でもどうやら実力、才能ですべてを上回ってるようなので、
せめて体力ぐらいは火神君に分があってほしい。
なんだかんだ言って、絶対桃井さんは青峰本命だろうなって私は思ってます。
自覚もしてるだろうなって思ってます。
黒子君への恋心も、最初は本当にあっただろうけど、今となってはファンみたいなノリになってるのではないか?とか思ってます
勝手な妄想垂れ流してごめんなさい!!(笑)

紫原君のところの陽泉は…うん、寒いね。
ここも、誠凜と似たような感じでアットホームな感じ。
唯一練習風景が出なかったから余計にのほほんと見えたのかな。

そしてそして!!
赤司君率いる洛山!!
黛さんが!黛さんと赤司君が!二人が初めて会ったあの屋上で!再び会いまみえてます!!
なにこのラノベアニメ感(大笑)。
なにこの黒バス特有の「互いを認め合うイベント」ぽいの!
もうたまりません!ヽ(^o^)丿
生きる勇気をもらいました。ありがとう。
試合途中ではコマのように扱われて顔をしかめていた黛さんですが
「この1年は楽しかった」発言に、
試合中に黛さんと一緒にSAN値ゴリゴリ削られていたマユラー達の心も浄化されたのではないでしょうか。
とてもいいシーンでしたね!

そんな感じで、終わったけれどでもまだ心にじんわりと残っている黒子のバスケです。
名作でしたね!

ところで、3日に発売の「アニメ黒子のバスケ ~WC誠凜優勝記念パック~」を購入して、
ウキウキで開封したところ、気持ちが先走ってしまって
折り畳みのポスターを広げるときにちょろっとペロッと破ってしまった私の心境を推し量れ(命令形!?/笑)。
火神君は無事だったからまぁ良しとする…て考えつつ、ちょっとだけ泣いた(大笑)。
てかシール小っちゃい。

スポンサーサイト

 黒子のバスケ 67Q(3期17話)感想 

「決勝戦試合開始(ファイナル ティップオフ)!!」

とうとう洛山戦が始まったぞーっ!!
待ちに待った決勝戦だぞーっ!!
これで本当に黒子のバスケは終わりを迎えるんだぞーっ!!
魔王が来るぞーっ!!www

OPとEDがまさかの新しいOP・EDでした!
この前までのOPとEDは、帝光中時代用の、たった4話のためだけのOPとEDだったんだと
感動しました!!
帝光中時代って作り手さんに本当に大事にされてるよね。
キセキって本当にすごいんだぁ。

でもでも、誠凜贔屓で火神君一番の私にとっては
ちょっと退屈な4話でしたごめんなさい。

だからこそ、この先の決勝戦では気湧き肉踊ります!!
火神君に加えて
とうとう黛さんまでが登場したんだもの!
この先2か月、わたしは息が止まるときが何度訪れてしまうのか!?
今からもうドキドキで夜しか眠れません(笑)。
新OPの誠凜の皆さんかっこよすぎてわたし倒れそうだったんだけど、
それに加えて洛山の黛さんのかっこいいのとレオ姉の可愛らしさ、あれなんなの?と
ひとしきりテンションUPしまくりでしたよ。
誰か助けて。
あとチワワがかっこいいじゃないか。なんだよそれ、ここにきてかっこいいってどういうことだよ。

さてさて!物語は決勝戦に向かう、誠凜メンバーそれぞれのリア充っぷりがこれでもかと詰め込まれております。
ある者は家族と、ある者は恋人と、そして監督とキャプテンが!!(大笑)
リコの髪を慣れた手つきで切る日向君。
話の流れで「決勝戦が終わったら…」て!!
とうとう告白するのか日向君!!と思う反面、
これ最後まで言い切ったら死亡フラグやんか!てか負けフラグか!?って
ひやっとさせられた人も多かったのではと思います。
が、そこはさすがリコタン。ヘックショイで負けフラグをへし折りました!
黒バスのヒロインマジ最強。

そして火神君は、氷室兄さんと再び兄弟の絆を結びます。
あっさりとした表現ではありますが、
普段からあまり他人からの評価や視線を気にしない火神君が
氷室さんの一挙手一投足には事細かく嬉しさを表現している姿は涙なしでは見れません。

そして夕方に始まる決勝戦。
そこに、今までの対戦相手含め、
キセキの世代達も集合です。
準決勝(海常VS秀徳)は今回本当にあっさりと決着が尽きましたね。
たとえ黄瀬君が出ないとしても、この試合は見たかったです。
笠松さんたちにとって、海常のユニを着ての、本当の最後の試合ですからね。
負けて終わる、そしてまた一人、むせび泣く笠松先輩想像するだけでも萌えだわ(そこかよ)。

ま、今回は決勝戦ティップオフ!!で、
火神君がめっちゃ飛んでED!!だった。
火神君贔屓の私ですら、あれは飛び過ぎだと思った。
そして、右足で踏み切り、左手でダンクすることこそがメテオジャムの完成形であったのに
なんで右手で入れてくれるんだよスタッフ!!必殺技なんだよ!!
間違えないでやってくれよ!と思った。(笑)
飛び過ぎは…天使だから仕方ない(大笑)。

EDは今回秀徳学園が花見してた綺麗な絵が差し替えパートなのかな。
あのスタメンキャラ大集合で出していくのかな。
めっちゃ楽しみ!!

そして、最期のエンドカード!!
感動の嵐ですよ!
1期と2期の、それぞれの確執が表現されていたベンチでのエンドカードシリーズに
終止符が!
1期の青峰と黒子君との確執や、2期の火神君と氷室さんとの確執を表現していたみんなのカバンが
みんな仲良く寄り添ってる!!
泣ける!!
時として、火神君と黒子君のカバンも寄り添ってたり離れてたり、
まさに支えあっていたりとその時々の感情表現がそこかしこに組み込まれていたあのベンチシリーズですが、
今回、火神君と黒子君、そこに青峰君と氷室さんが加わり、
皆のカバンがしっかりと寄り添い、そして、みんな笑顔でわちゃわちゃしてた。
あぁ、いいエンドカードだった。
最期にグッと来た。

ものすごいサプライズだったよ。見終わった後、少し放心しちゃったよ。

 黒子のバスケ 3期6話(56話) 感想 

3期6話(56話)「差し出そう」(BY中二病患者赤司様)

皆様、バレンタインはいかがお過ごしでしたか。
私は火神君にチョコをお供えして、大満足のバレンタインでした♥
では感想行きましょう。失礼しました。

私は誠凜贔屓なので……
最近テンションがなんとか普通の人装うくらいには落ち着いてきてましたが、
もう今回この回で腹筋崩壊。
私は誠凜贔屓ですので(大事なことなので2回言いました)
どうしても赤司様には「キャー!!カコイイ!!」ではなくて、
「キャー!!ちょ、ヤバー!!」て方向なので
赤司クラスタたち、ならびに赤司教の皆様には不快な表現があるかもないかも(笑)。
というわけで、先に謝っておきますゴメンナサイ。

今回赤司様中二病全開の回でしたね!!(すでにもう失礼/大笑)

3期が始まって、すぐ「黄瀬のバスケ」が始まり、終わったかと思ったら「赤司のバスケ」が始まりましたね!!
なんていうか…高尾頑張れ超頑張れ(え?そっち!!?www)

黄瀬のバスケの感想はまた後日書くとして。

今回は赤司のバスケ、ティップオフです!!

前回までのあらすじ!!
準決勝戦、緑間&高尾属する秀徳高校と、
対するは、開闢の帝王!赤司率いる洛山高校!
開闢ってどういう意味よと調べたおねー様方いるだろ!私も調べたわ!!(笑)
ざっくりいうと「世界の始まりから~」てな感じらしいぞ!
なにそれ赤司様すごい。
あとこの洛山、無冠の5将の今まで出てきてなかった3人まとめて在籍。
つまり、花宮木吉レベルが3人いるってことですよ!!
では5人目は?って、これがのちのキーマンだから、そっとしておく所です。

さてさて、試合がいざ始まって見ると、真ちゃんがとばすとばす。
最初から赤司君に張り合いまくり。
真ちゃんそれアカン奴や。
あぁほら、やっぱり赤司様反撃してきた。
コート上の、前に立った人たちをずべてすってんころりんさせる、魔法の眼力!!
どうどうと歩いてゴールまで進んでいくよ皇帝!!
で、ひょいっと飛んでゴールするよ皇帝!!
さすがラスボス!
しかも皇帝、調子あげまくって
次の試合のためのコートに入っていた火神君まですってんころりん。
前回に引き続き、もう赤司様になすすべのない火神君。
「頭が高いぞ」
キターッ!!www
ズガタカーッ!!
しかし、高身長の多いバスケというスポーツの中で、平均はあるとはいえ
小さい(失礼)赤司君にしたらほとんどがズガタカなんだから。
火神君の頭が高いのは不可抗力なんだから勘弁してあげてよと思うわwww。
まったくもう、はさみで切りかかられ、公衆の面前で転ばされ、もう散々です、誠凜の天使。

話を試合に戻します。
赤司無双に翻弄される秀徳。だがしかし!!
秀徳の光と影も黙ってません!!
「とっておきを見せてやる!」と先週息巻いていた、必殺技をお披露目です!!
それと同時に過去回想。
緑間くんと高尾くんのなれ初め出会い。
これで、わたしの高尾くんへの印象変わりました。
「言うの?おれが? ボク、キミにボコボコにされてから頑張ってきたんだ!認めて!って? ダッセェ」て。

これはトキメクわ。
人気投票3位もうなずけるわ。
ただのモブちゃうわ、この子。
かっこいいわ。

そんな、高尾インフレ真っ最中!!
高尾君からのパスを空中で緑間くんが受け取って、そのまま3P!
なんでだろうね、わたし、この必殺技の名前「グリーンレボリューション」だと勝手に思ってましたよ。
必殺技するとき、二人で越え合わせて「グリーン!!」「レボ!」 「「リューション!!」」とか叫ぶんじゃないかって
思ってたなんて今になってはもう言えない(大笑)。
なんで今回「高弾道なんたらかんたら」て言わないんだよ!!
2期の最期で散々みんな自分の必殺技叫んでたじゃんか!!
伊月さんと黒子君の合体必殺技も2人で「「ミスディレクションオーバーフロー!!」」って叫んでたじゃんか!!

うん、まぁ、言わない方がかっこいいよね、解ってる(大笑)。

高尾に至ってはFBでも言わないスタンス貫いてたもんね、恥ずかしいてな感じで。
なんだよもう、カコイイよ高尾。

そんでもって、アニメになるとやっぱり高尾&緑間の必殺技スピーディーでかっこいいよね!!
予想はしてたけど、ものすごく作画がよかったから余計に
空中の真ちゃんの手の中にスポッと収まる高尾からのパスが鳥肌物です。

でもまさか、
1話持たないで赤司様に攻略されてしまうとは。くぅ…(>_<)。
高尾…(←かなり感情移入してしまった様子/笑)

そして、試合終了。
「眠れ、歴戦の王よ」
赤司様、一言一言がもうwww。
真剣な試合だし、秀徳も見事な散り様だったんだけど
私の涙が出る前に赤司様がポツっとつぶやいたもんだから
腹筋ふるふるするわwww
原作知ってるから、言う!!くる!!てわかるんだけど、
本当に赤司様が言うと破壊力すごい(大笑)。

あ、「差し出そう」はなんだったかって?
赤司様が、「(負けたら自分の)両の目をくりぬいて、(チームメイトに)差し出そう」て発破をかけるシーンでした。
高尾くんも「まさか学校の部活で目ん玉くりぬくことないだろう?」て半信半疑な言い方ですが、
洛山メンバーがみんな本気でビビりまくってるから「あれ?」てビビってた。
特筆すべきは、赤司君に切られたり転ばされたりしてる火神君がすでに「赤司ならやりかねない!!」て
ある種の洗脳状態になってて、洛山メンバーと(&キセキの連中)同様に本気でビビってるのが衝撃(笑)。
天使か!!あ、天使だったわ。

 黒子のバスケ 第51話 感想 その3 

黒バスアニメ良いですね~!!

さて。EDですが!!
これがもう公式凄いです!!
EDの最初、数秒にものすごいものぶっこんできました!!
始まった最初、別の番組見てるのかと思ったよ(大笑)!1

なんと!!
赤ちゃんのころからの黒子君成長期メモリアルデスヨ!!
ヨダレたらすわ!私が!!(私がかよ/笑)
うんまぁ?確かに?わたしショタだけど?
でもまさか赤ちゃんに同じように萌えてるわけではないわよ?
名誉のために言い訳させていただくわ(言い訳www)

赤ちゃんの黒子君可愛い。
純粋に可愛い。
これが…母性本能!?
振り返った満面の笑顔!!
そうよね、黒子君だって、赤ちゃんのころから表情筋死んでたわけじゃない(ヒドイwww)よね。
そもそも黒子君が表情隠して影に徹するようになったのは
帝光中時代のバスケ部での成長の末だもんね!!

開始早々に見ていた視聴者の頭パーンさせた黒子君成長メモリアルですが、
これが賛否両論だそうです。
わたしは喜びましたけどね!!(笑)
いいじゃないか!
黒子のバスケはつまりはやっぱり黒子君の成長物語なんだよ。
一人の少年がバスケに打ち込んだ青春物語なんだよ!!
カッコイイも可愛いもいいじゃないか!!
もうどうでもいいじゃないか!!萌えたら!!

……アレ?なんか言いたいこと解らなくなっちゃったよ?(笑)

他校ももちろん勢ぞろいしてました。
秀徳高校は休日っぽかったですね。
みなさん私服でスポーツ店の様子。
ちゃんと先輩たちも店の奥にいるのになぜかチャリアカーの仲良し風景強烈に印象に残る(大笑)。

海常高校可愛かったー!!
みんなで輪になってゲームしてた。DKって感じするね!!
笠松先輩ゲーム上手いのかな?ヘタなのかな?
どっちでも萌えるな!!

桐皇学園のマジ泳ぎも
公式やったねこれ!て感じですよね!!
黒い人は全身黒かったね。
ガングロとかレベルじゃ無いよね。(大笑)
あれって、子供のころから山や川で生き物追っかけてた日焼けなんだよ。
ほんとだよ。
青峰凄いw。ブーメランの水着すごいwwwさすが。
なんだってんだ。なんだかんだ言って色っぽいじゃないか青峰。

陽泉は時期ネタ?
初詣風景でした。
さりげにアレックス混じってた。綺麗だったね。

今までのEDでは試合中とか、ユニフォームとかで
バスケアニメとしてきちんとバスケの主張してたのが、
今回なにこのハートフルなED(笑)

公式が私たちを殺しに来てる!

原作でも日常風景少なかったのに、
ここにきてこんなに萌え滾らせられるとは思わなかったよ!

関東は今日放送らしいね!!
今もきっと、リアルタイムで見ようと頑張って起きてる人たちいるんだろうなと思うと
仲間の波動を感じてワクワクしちゃいます!

黒バスアニメ 超楽しいよ!!

 黒子のバスケ 第51話 感想 

「全力でやってるだけなんで」(by黒子)

公式がすごい。まさにすごい。本当にすごい。
原作が終わってはや数か月(三か月くらいか)。
もう何が来ても怖くないと思っていたけれど(笑)
いざアニメ始まったら 落ち着いて生きていられない。

もうね、OPからすごい。
まゆゆ出た!!しかもセンター赤司のすぐとなりでまゆゆ出た!!
(アニメオンリーの人のために、あえて名前を伏せます。ほぼ伏せてないケド/笑)

OPからみんながかっこよすぎてたまりません。
アニメ絵の理想を崩さず、
スポーツアニメらしく、今回も試合の動きがとてもかっこいい。
あちこちにこの先の展開を予想させるシーンがあるけれど、
ネタバレになるほどでもないのでちょうどいい。
かっこよかったよ!!
特筆すべきは高尾だよね!
赤司の試合シーンが初めて出てきたんだけど
その対戦相手が秀徳で、赤司の前に立ちふさがってるのが高尾!
見せ場だよすごいよあの子!
赤司の前て!!
普通ラスボスに立ちふさがるのは主人公だろうに、と思ったよ。
とはいえ、確かにあのタイミング以外では出番が…と。

他校もかっこよかったんだけど
やっぱり誠凜高校だよね。
火神君だよね。
今回天使の羽こそなかったけどやっぱり天使だったよ?
試合前の誠凜のメンバーの会場での合流前のシーンで
火神君がアレックスさんに見送られて家を出る姿が
まさに高校生然としてて、ちょっとほろっときた。
ていうのも、この子が一番家庭というものからかけ離れた生活してる設定なんだからね。
一人暮らしでも遅刻とか全然なさそうで、しっかりしてて何でも自分でできて
そのせいで何でも自分で決めてしまって事後報告の感があるけれど
今回のOP見てたら駆け足で家を出るところなんて、まさに火神君の見た目のイメージってかんじで
可愛かったよね。
本当はしっかりしてて見た目以上に精神的に大人で孤独になれてて料理が得意で
ギャップが萌えな男の子なんだと思ってるんですけど。
今回のばたばたした感じもこれはこれでいつもの試合中のぎらぎらしたのとは違ったギャップで萌え!!
どうころんでも火神君出たところで「うはっ!!(*^▽^*)」てなる。
試合中のシーンもかっこいいよね!!

黒子君もちゃんと主人公ぽくて(主人公です!/笑)
ボール持ったユニフォーム姿で風を真正面から受けてるシーン素敵だった。
キセキのみんなも強そうだった。
何度も何度も彼らと対戦してきて、
負けたり勝ったりしてきて、
やっとラスボスに届くんだな、感慨深いな。
そしてキセキ以外に唐突に出てくる新チーム!!
黒いオーラがすでに見えてますよ!!

実はこいつ、灰崎って言ってね、
なんとキセキの世代と同級生で、黄瀬君が入ってキセキのチームになる前の
黄瀬君の前のスタメンだった人なんだよ!!
キセキに強い因縁がある人なんだ!!
ヒールポジションなんだ!見てわかるほどに!(笑)

って……OPに興奮しすぎておさまりつかなくなったヨ(笑)
感想いくつかに分けます。
続きは明日!

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



QR