アニメ・ベイビーステップ 最終回感想

まだまだこれから!て終わり方でしたね。
もうこれで終わっても満足できるまとめ方だったと思います。
でももうすでに2期の放送が決まってます!!
結構楽しみですよね。
栄ちゃんははたしてジュニア大会で優勝が出来るのか!?

1期の終わり、栄ちゃんはアメリカに冬休みの短期テニス留学に。
出発直前になっちゃんに会いに行きます。
もうそれだけでもニヤニヤが止まりませんね。
なっちゃんを呼びとめた時の、
周りの女子たちの期待にあふれた視線!!
きっと私もそんな目で栄ちゃんを見ていた事でしょう!
でも純朴で天然が入っている栄ちゃんは
まるっとなっちゃんを応援して去ります。
そこに好意はあるだろうと見て取れる程度の雰囲気だけを残して(大笑)。
そんな栄ちゃんのおかげで、敵が強いのを気にしてしまっていたなっちゃんも頑張れそうです!

なにこの青春(笑)。
栄ちゃんが素直すぎて自分の心まで浄化されたような気がした最終回でした。
スポンサーサイト

月刊少女野崎くん  最終回感想

全話面白かったアニメでした。
ヒロインのチヨちゃんが可愛くて可愛くて。
個人的には萌えは無かったけれど、
ワクワクと楽しめたアニメでした。

最終回、女の子だけで祭(花火)に行こうよ~って話で御子柴誘われてたの笑う。
そしてさり気に御子柴はハーレムイベントになってるのに
本人全然気が付かずに浴衣にこだわってるうちにフェードアウトしていったのにも笑う。

てかさ、ちよちゃんも鹿島君も結月ちゃんもみんなで来てるのに
みんなバラバラになってもそれほど気にしないで誰も探しあわないまま。
ちよちゃんは野崎君に会うまでは探して歩いてたけど、
野崎君に会ったらもう他の人のこと忘れてたよね(笑)。
あれ、最期には帰るの?バラバラで?それぞれの相手と一緒に?(笑)
なんか変なところ心配してしまったわ、メンゴメンゴ(結月ちゃん風に/笑)。

とにもかくにも、続きがあったらまたぜひ見たいと思わされるアニメでした。
千代ちゃんの恋はぜひ実ってほしいとは思うけど、
高校卒業までそうやって野崎君に振り回されてるのも可愛いと思ってしまう。
他の登場人物たちも面白かった。

このアニメ、絶対当たりだと思う。

最終j回で千代ちゃんが持ってたチョコの箱は
ひょっとして今までのEDで持ってた箱なのかな?違うのかな?

これからしばらく

ここ3日ほど、調子悪かったパソコンがみるみる悪くなり、とうとう今日動かなくなりました(;_;)
しばらく復旧頑張ってみますが
しばらくはネットに接続できません。
更新は先日に嬉しがって書いた物が29日くらいまで自動更新されますが、
コメントのお返事、連絡への対応などがすぐには出来なくなり、申し訳ありません。
今携帯で書き込んでいるのですが、いかんせんガラケーなので
これにて失礼します。

最強銀河究極ゼロ 最終回

絵は超好みだった。
女の子可愛かったし、
ちび竜たちも可愛かった。
男の子も可愛い系で萌え要素高かった。
でもストーリー付いていけなかった。
あと、おっさんのツインテールは無理だった(笑)。

とはいえ、やっぱり主役は男の子たち!
たまに見ては癒され、というか萌えさせてもらってた。

バトルスピリッツの系列で、
カードバトルも基本がバトスピ。
動物もののカードばかりでそれも癒された!!
可愛い!哺乳類型も可愛いしドラゴンも可愛い!!
終わって最後の最後で「究極の~(中略)~ネオだ!」って言ってたから
「おや?新シリーズ始まるのか?」と思ったら違って
来週からは全然違うアニメが始まります(笑)。
あのセリフはなんだったの!?(大笑)

可愛いキャラたちだったけど、
アニメ的に色が原色が強くて、しかも色とりどりで
画面が派手な色使いだったうえに
展開激しい時は特に色の切り替えが強すぎたので、
じっくり見入ると目が痛くなる配色のアニメだったと思う。

個人的にはバトルスピリッツシリーズは
バシンダンの話が強烈すぎて今もまだ忘れられない(笑)。

東京喰種 トーキョーグール  12話(最終話)そこで終わりですか!?

最終回カオス。

リゼを探し回る20区の喰種たちは
リゼの代わりにと金木君をさらってきた。
そして金木君の特別な回復力に興味を持った喰種の一人によって
惨劇が始まる。

どこまでも痛めつけるだけの拷問。
ただただ相手が傷ついて痛がるのを楽しむための拷問。
それは金木をさらってきた他の20区の喰種たちすら金木に対して同情を禁じ得ないほどの壮絶な物だった。
20区の心ある数人が金木を逃がそうとするも、
逆に同族によって捕まり、金木を痛めつける材料として殺されるはめに。

このアニメ、口をふさぐ布の使い方最高に上手だわ!

以前の変態月山のハンカチスーハーといい、
今回の20区の金子を逃がそうとした2人の男女の「俺を選べ!」て叫ぶまでの
あのもごもごしていたとことか、
目が釘付けになります。

人気原作とはいえ、
2期があるかどうかまだ解らないままでの最終回なのですが、
金木君は覚醒したはいいけど、
金木君救出のために20区のアジトに急襲かけたあんてぃくの皆さんは
少しも出番なしというのは結構残念でした。
OPの最後の白髪の金木くんの容姿に最終回にしてなったのですが、
本当に激しい拷問によって、というのもあるでしょうが
リゼさんを吸収した、というのが大きな要因となったのでしょうか。
どっちにしろ、黒髪の時よりも見栄えは好みです!!(それがずっと言いたかった!!/笑)

まだまだ謎やらドラマやらがたくさん詰め込まれていそうな展開なので、
ぜひ続きをアニメ化してほしいです。
リゼさんが生きてて、半喰種をつくる材料にされてるとかいう話も出て来て
もうこの世界には救いが見つから無さそうなのが怖い。
リゼさんみたいなのが量産されて出て来たら、金木君一人ではそれらすべての排除はさすがに無理な気がする。

それはそうと、変態月山のハンカチスーハーシーンは、スタッフもかなり気が入ってるようで、
DVD&BDのCMにもなってるのが笑える。

ハイキュー!!  25話 最終回感想

前回、ちゃんとIH予選のvs青葉城西との勝負に決着が付き、
敗北という苦汁をなめた日向たち烏野高校排球部。

負けて、泣いて、考えて。

それぞれの区切りを考えて、
そして誰一人欠けることなく、次の大会「春高」に望む事を決心する、
素晴らしい最終回でした。
ぜひ2期を!!

原作ではまだまだ新キャラ、新しいライバル校と
次々と魅力的なキャラが大量放出されますので
まだまだ旬であり続けられるアニメ「ハイキュー!!」です!

最終回、なんか胸が熱くなりましたね。
烏野に勝った青葉城西もウシワカ所属の白鳥沢に敗退。
あの大王及川さんと岩ちゃんが!!国見ちゃんが!!
悔しがってる姿が胸をキュンキュンと締め付けます。
言ってしまえば 萌えます!ということです(笑)。

ちゃんとIHの最終の勝敗も聞けて、
ますます春高に意欲を向ける烏野のカラスちゃんたち。
これも萌えます!!
最終回らしく、今まで出てきた他校の主要キャラ達もEDで映りましたが、
やはり萌えます!!
研磨いいですよね研磨!!

萌えで始まり、萌えで終わったアニメでした。

バレーのルールもこのアニメ(&原作漫画)で少しは覚えました。
勉強にもなりました。

ところで、8月予選の春高大会に、
3年生が出る出ないで進路の難しい話があったり、
実際伊達工では3年が引退してたりと、
3年生の受験や進路という、現実的で、どうしようもない展開があって、
でも3年には試合に出てほしくて、ていう気持ちも解ってしまって…て話ですが、
別アニメですが「黒子のバスケ」の3年生は
強豪校だらけだからか、12月年末の試合にみんな出てたよ(笑)。
そうか、進路の話とか、みんなしてるはずなんだよな。そうか…。

ワンピース (アニメ400話)ローが撃たれた!!

でも死なない!!(大笑)
原作知ってるからというわけでは無い。
このアニメ、、やたら登場人物が頑丈だからだ!!

まったくいつからこんな怪物どもだらけになったのか。

銃で撃たれてゴムで跳ね返すルフィが
今となっては全然すごくない。

ローに限らず、登場人物のほとんどがどんな高さから落ちようとも、
どれだけ大きな動物に体当たりを受けようとも、
ドレだけ刺されようとも、撃たれようとも、
無事すぎて怖い(笑)。
強さ頑丈さのインフレ凄い。

見てるこっちが感覚のマヒを起こしてしまう。

でもね、実はちょっとね
ローがカッコイイな、って思ってるんだ。
でね、大きな声では言えないけどね
ローがボロボロにされるの「キャ!やめたげて」て思う以前に
「やられ方かっこいいぞ!良いぞ若!もっとやれ!!」状態になっちゃう私がいるわ(ゴメン!)
普通死んじゃうくらいの怪我だろうに。

良いぞ若、もっとやれ。(大笑)

高橋留美子劇場 なんだかんだで見ちゃったよ

オムニバス形式の1話完結物の1クール。

犬夜叉やらんまやうる星とかとちがって、
日常を切り取ったかのような短編集。
なんていうか…なんか昭和のにおいが強いように思うけれども、
なんとなく今の庶民の生活と、別にかけ離れてもいない感じ。
勧善懲悪というわけでも無く、
ずるい大人はずるいままで終わるし、
ただ、日常にほっこりするだけだったり、
偏屈な人の笑える偏屈さが変わらないまま終わったりと

まったりと…。

そう、まったりとした…

こういう「萌え絵で 頭身低い女の子が一杯出て来てキャピキャピした キラキラ輝いた日常アニメ」でない日常アニメは
久しぶりに見た気がする(笑)。

ここ最近「日常アニメ」といったら
「萌え絵」で「同性がたくさん居」て「とりとめのないとは形だけの、キラッキラした青春」を謳歌してるような
アニメばかりがわんさかあふれているこの時代。
本当に、日常的な 大人の人付き合いの苦労話がほぼメインのアニメ見て、
現実に引き戻された(笑)。

そうだ、現実って苦労するのが常なんだっけ。
キラッキラした青春なんかアニメや漫画の中だけの話なんだった!!(ハッと空を見る)

リプライハマトラ ホントもうどうしたいのか…

と アートを見てて思った。
そこら辺のミニマムホルダー襲いまくってミニマムを強奪しておきながら、
「ミニマムの国をつくる!」て言ってるヤツらフリーダムと共闘。
新宿に「ミニマムの国作るから!」とミニマムホルダー集めて
さて日本国民に宣戦布告だという時に
今度はそのフリーダムを滅多打ちにしてドヤ!てなってる。
毎週毎週好き勝手して、
周りみんなを裏切って回って、
多くのミニマムホルダーを精神錯乱(?)に追いやって、
この人迷走してるわ、風呂敷広げすぎやわ、と思ってました。

とりあえず落ち着いた終着地点は
ストーリー的に、はじめの虚無のミニマムで新宿に集まったミニマムホルダーたちから
ミニマムを消し去るのが目的みたい。
しかもその中心にミニマムホルダーが多ければ多いほど、
始めの虚無の力の効力の範囲が広がっていく=遠くのミニマムホルダーのミニマムも消去できる らしい。
うん、なんだかんだでなんとかそこは辻褄が合ってるじゃないかメズラシイ!!(笑)。

私がもしミニマムを持っていたら、ですよ?
そんな新宿にわざわざ行きませんよ(笑)。
遠いし、なんか危なそうだし。
国が出来てから、安全を確認してから行きますよ。
そんな人きっといっぱいいますよ。
だから新宿の1ビルのミニマムホルダーだけ虚無しても
地方のミニマムホルダーには痛くもかゆくもないじゃんか、と思ってたんですよね(笑)

はたしてはじめの虚無はどこまで届いてるんだか。

あと、またいろんな人が倒されてたけど
どうせ死んだ死んだ詐欺だろうと思う。
それと、最後にミニマムが無くなったレシオとかが
へらっへら笑い続けるところがシュールだったなぁ。(笑)
これは先にミニマムを無くしたムラサキ独り勝ちか。
いやいや、どうせ、みんな助かりましたてなるんだろうなぁ(笑)。

と、これだけならタダの面白アニメなんだけど、
今回、そのフリーダムが建国の革命を起こした方法が
この範囲から出入りする人達はみんな死ぬ、てドームみたいに新宿を時間限定で囲ったんだけど
最初に知らずにその範囲から出た高速道路の自動車の人達や
電車でその範囲の内から外に出てしまった車両内とかが
予想以上のスプラッタ表現だったでござる。
電車の車両内が高速で範囲を出るときの阿鼻驚嘆とパンパンパンと弾けるスピーディな描写に
「なにハマトラどうした!?」と我が目を疑った。
今まで死んだ死んだ詐欺の常習アニメと同じものとは思えなかった。

少年ハリウッド 10話~11話 感想

おいおいミス・モノクロームが出てたよ!!
そんで新曲歌ってたよ!!?
なにこれ ドユコト?
見る番組間違えたかと思ったわ(笑)。
ビックリしたわ。
結構いい歌でますますびっくりしたわ。

30分きちんと音楽番組してくれて
少年ハリウッドはその歌番組に出た、って演出の回だった。

そこでアイドルらしく歌って踊ってた。
「CM入りまーす」でそのままCM入ったしwww

もうね、なんていうか、
心配しちゃったよ。放送事故起こすんじゃないかと思って。
アニメ的にではなくて、
せっかく出た音楽番組で、少年ハリウッドがさ、
何か事件でも起こすのかな、だいじょうぶかな、って、
あたかも身近な立場での心配。(大笑)

なんでわたしがそんな心配してんだかっ!!(大笑)

あぁ、もう少年ハリウッドマジックにかかってるのかな?
あの子達がテレビに出るなんて、
何かドジしないかとか心配で見てられないよ!!www

で、テレビに出て知名度が上がった少年ハリウッドに対して
世間の様子は…
「私たちの少年ハリウッドは昔の伝説の彼らしか居ません!!」
そりゃそうだ!(笑)
やっぱりユニット名は変えてた方が良かったんだよ。

あと、一緒に音楽番組出てた少年ハリウッドの先代の一人、
脱アイドルした感じが凄い出てて面白かった。
なんか…さすがというか…ダサかった(笑)。面白かった。

ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース  ひとまず終了

エジプトに上陸したところで終了。

てかOPが最終回限定でSE入り!!
めっちゃテンションあがるじゃないですか!
なにこれスゴイ!
でも「オラオラオラオラオラオラオラオラ」は言わないんだwww。
あぁ、このOP
もう見納めなのかぁ、いいOPだったなぁ。
EDもカッコいいけど。

やっとDIOのいるエジプトに到着したけど、
ここまで来るのに
普通なら飛行機で20時間、一日で行ける所を
乗り物はことごとく潰され、
エジプト上陸に書けた日数は…あ~ぼーっと聞いてたから聞き逃しちゃった(笑)。
とにかく 数十日かかってるんだよね。
その間に随分敵倒してきたよね。
この先はもうDIOを倒す!!決戦の場なのですね!

3部2期は来年1月から!
聞くところによると
「エジプト編は上陸してからが面白いから!」との事なので
期待が持てます。

3部1期の終わりも、敵のスタンドと戦って勝利を収めて気持ち良く終れました。
5人揃ってるのが本当にうれしいですよね。
潜水艦で襲われたときはもう逃げ場が無いのに、
本当に無事に上陸できるなんてすごいな。
てかジョセフじいさんが凄いわ。
なんでも出来るし金持ちだし。
スキューバーダイビングだって5人の中で一人だけ経験あり。
そういえばジェット機も操縦してた。
やっぱ金持ちは凄いわ。
そのうえこのじいさん手際が良いし要領も良い。
この人がいない旅だったらこの子達、多分日本を出国すらできなかったんじゃないかと思うわ(笑)。

でもジョジョのお話は、最期には仲間にも損害が出るのが常。
あたりまえだよね、DIO強いもん。
今から心の準備して、3部2期を待つわ。

黒執事Book of Circus  最終回感想

後味の悪い話でしたね。
今までの中で、一番「悪魔のアニメらしい」展開でした。
このために大量に出てきたサーカス団の新キャラ達。
諸悪の根源と共にシエルの命により抹殺された罪なき子供達。
後味は確かに悪いけど、
でも物語としては面白かったです。

惡の親玉の伯爵は
もう矯正不可の変態野郎だったので
退治されても「シエルよくやった」で済みますが、
さすがに自分の義手が子供たちの骨だと知らなかったジョーカーは気の毒だったな、と。
ただ、他のサーカス団の子供たちはそういう事を知らないまま
重ねた罪の延長で、ファントムハイム家に潜入して返り討ちにあっただけなところが
あまり同情できなかったな、と。
ファントムハイム家の使用人のカッコいい戦闘が久しぶりに見れたな、と満足しちゃったよ。
多分子供を誘拐することに罪悪感を抱いてるには抱いてるけど
お父様のための言い訳にしてあまり気にしてない風だったからかな。
それともケルヴィン伯爵の家で目の前で子供たちがサーカスやらされて殺されてるの
見たことないのかな?
あぁいうのをジョーカーは一人で背負ってたのかな。
だとしたらますますジョーカーに同情するわ。
彼の人気うなぎのぼりなの解るわ。

ただ、大抵の話だとだいたい正義が前面にでてて、
「何も知らなかったいい人は大抵助かる」
「途中親切にしてくれた人は絶対助かる」
「誘拐された無垢な子供たちは助かって親元に帰される」
「めだたしめでたし」
な展開が大抵だけど、
さすが「黒執事」。
それらを全部業火に焼いた!!
しかも最後の最後にジョーカーの言ってた「他の弟や妹たち」の居るはずの施設を探し当てたら
もうとっくの昔に閉鎖されてた。
多分義手や義足の材料になったんだろうね。
どうりでセバスチャンがやたらとビーストの義足を褒めたわけだ。
普通の人間用の材料じゃなくて、悪魔が喜ぶものだったんだね。

正義とか平和とかで落ち着く終わり方のアニメだけじゃなくて、
こういうのもあっていいと思えるアニメでした。
ひたすら可哀想な人達が死ぬことで救われる以外の道が無かった的な。
悪魔がメインだと生きて救われると逆にむずむずするかもね(笑)。

ところで、最終回で私的に印象深かったのは
汽車に乗る時に、シエルたちが女の子からオレンジを買って、
電車の中でそれをすぐ食べた事。
そうだよね、買ったオレンジ持って歩くこと無いよね、とか
御貴族様はこんな時でもオレンジ食べるときも綺麗に飾り切りしてもらえるんだな、さすが執事、とか。
わたしもオレンジ食べるときは、ちょっと飾り切りを勉強してみようと思いました!(話ズレてる/笑)

リトルチャロのニューヨーク編再放送終わってた

先週末、たまたま見たら最終回だった。
桜舞い散る日本のごこかで、翔太と散歩してるチャロ。
あぁ、良かったねチャロ。

このリトルチャロはNHKの英語の教材番組。
アメリカで、日本に帰国する飼い主の翔太とはぐれ
ずっとアメリカを西に東に彷徨い、
日本に帰国して翔太との再会を果たす手立てを探し続けるお話し。

最期にはアメリカで、翔太の父親と再会し連れて帰ってもらえた。
後にこの迷子犬の話は全米で奇蹟の物語として報道されたため、
それまでチャロを助けたワンコ達がそれを見て「チャロが日本に帰れた!」と喜んだ。

で、このリトルチャロは結構人気出て、色々シリーズになったのですが、
今はその話は割愛。

そのチャロですが、確か、うろおぼえなんだけど
本放送時、月曜から金曜までの決まった時間に放送してて、
1週間の5回放送がぜんぶ同じ内容。
でも月曜日は「英語だけで」、火曜日は「字幕が付いて」…てな感じで
同じ内容だけど1週間じっくりその英会話を勉強していくという作りだった。

でもね、実はワンコがボロボロになったり、怪我したり、心が折れかけたり
いじわるされたり、病気になったりと
哀しいシーンを何度も見るのは心が痛んだよ。
もちろんその結果、友達になったり希望を貰えたり、良い言葉貰えたり励まして貰えたりと
良い事も多いんだけど、
いかんせん苦労が原点の犬話なもんで、
毎回「うぅ…チャロ…」となったのを覚えてる。

その最終回を先週末見て、
ちっとも上達しなかった自分の英語力を思い出してちょっと切なさを感じながらながらも
あぁ、チャロ良かったと素直に感動していた。
そんな時、
気付いてしまった。

チャロは翔太に対しては日本語で。
アメリカの仲間に対しては心の中でのエールでさえも英語で話していた。

あぁ、ワンコでさえもバイリンガルだというのに!!
わたしの英語力は何故こんなにも成長しないのか!?

さっきまでの感動とは違う涙があふれそうだった。

LOVE STAGE!! 最終話(第10話)感想

10話で終了したけど、
うん、まぁホモアニメスゲェ。(笑)
最期2人まとまったわ。

DAIGO頑張ってたなぁと思うけど、
何故にこのアニメで声優デビューした?(笑)
しかもホモキャラで。
7話くらいまで収録したころにDAIGOが「コツを掴めてきたから1話から取り直したい」て言ってたて
アニメニュースになってた。
確かにそのころから急に上手に聞こえてきたきがする。

中の人といえば、
最初攻めの方が江口さんで、
私の江口さんのイメージがいまだDTの紺のイメージが外せてなかったので
二枚目人気俳優で登場した時はわぁ二枚目キャラだと心にインプットしたら
途中土下座しまくるわ 結構ヘタレだわ 凹んだら「自分はクズでスミマセン!」とか言い出すわで
二枚目のくせに大丈夫かと心配したけど
声が妙にしっくりきて全然違和感が無かった(笑)。
これ、二枚目名だけじゃなくて、リョーマが時々ザンネン系なのが
スカした感じにならなくて良かったんだろうな。

絵が綺麗だったけど、話は主人公が振り回し系なので
わたしは「ヤキモキ」はあまりしなくて「モヤイラ」だったなぁ。

最終回前の、最終回の予告で「言うつもりはなかったんだけど」とか「初恋だったんだ」て台詞がかぶってたので
てっきり友人の黒井君がこの二つの台詞言ってるんだと思って
「わぁ三角関係か」とちょっとドキワクしたのは良い思い出(笑)。
なんだよあの子、普通に良い子かよ!

ヤマノススメ 新十合目感想

先週アニメ見て
たのしそうに登るあおいたちを見て
「富士山って結構簡単そうに登れそう、ニャハ」とか感想書いてた。
それを見透かされたかと驚いたわ。
新十合目の題が「富士山って、甘くない…」。

おい、先週の見て「自分でも登れそうだよアハハ~ン」とか思ってたみんな!
わたしと一緒に反省しようぜ!☆


番組始まってすぐに、テロップで流れた
「富士山登山は7月上旬~9月中旬が旬です。初心者はそれ以外の時期は登っちゃダメ!」(注意訳)をみて
開始1分で私ガクブル。

聖地巡礼行こうとしていた登山初心者達。高尾山で我慢しとくんだ!!富士山はやめろ!死ぬぞ!!

今日中に新八合目までたどりつきたいあおいたちだけど、
七合目を超えたあたりから道はないわ、崖登るわ、
頭痛いわ空気薄いわでとうとうあおいがギブアップ。
前日眠れなくて睡眠不足だったもんね、
やっぱり体調不良はしかたない。そういう布石だったもんね。
でもひなたとここなを先に行かせ、あおいを無理させないように介護に残ったかえでは英断だったと思う。
一番年上だもんね。
しかも一人でも登山キャンプできるくらいの人だもんね。
あおいも、八合目でご来光を見ればよろしい。
山は逃げないから、次頑張れ!
この時、4人で一緒に上るのを諦めるのかと思った。
そういう「仲間意識」を押してくるかと思った。
最近のこういう仲良し日常系は「みんなで一緒なのが大事なんだよ!」でみんな感動!て流れが多いから。
でもヤマノススメでは違ってて、
行ける人は進む。無理な人はとどまる。そこに付き添う人が「貧乏くじ引いたな」とは思わないでいられる。
そういう「みんな一緒」じゃない価値があった。
それはとてもいいと思う。
私個人は「みんなで一緒!出来ない人にみんな合わせるのが感動!」ていう流れはあまり好きじゃない。
まぁ物事や人数にもよるけれど。

え?わたし? 登山しないよ?(笑)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q マリって次あたりなにかガツンとくるんじゃない?。考察その4

死海文書やらヴンダーやら、
すでに資料が出てたり、考察されて解決してるようなことは
ストンと受け入れて、
私は私の好き勝手にあれやこれやと妄想交じりに考察してます。
え?なんでこんなに言いたいのって?
だってさー、他の人も一杯考察してるからさー、
それ読んでたらさー、
わたしも考察したいな♡って。テヘッ。
今日でひとまず考察終わり!

マリが綾波に「あんたのオリジナルは~」て言ったところから
「マリは綾波(シンジの母)と同世代か?」て説には反対です。
似た人が親世代の写真に写ってたけど、
エヴァッパイロットは14歳の、研究者の子供世代。
単純に考えて、研究者の似た人の娘なんだろうと思います。
破で初めてエヴァシリーズに乗ったところからも
使徒生まれでもないと思います。
今は立派なエバの呪詛の子ですけど。

マリの「あんたのオリジナルはもっと愛想がよかった」との言葉に
Qからの綾波が「以前(死んだ前)の綾波レイならどうするか」と問うていますので、
マリの言う綾波のオリジナルは
学校で出会ったマリと同世代の14歳のパイロット、綾波(シンジと交流を深めた)の事でしょう。

で、その新キャラマリですが、
破で華々しく登場したけど
Qではあくまでアスカの援護的なパイロット位置であるうえに
アスカの事姫様呼びしてて
これと言って単独で何かしでかすことも無し、
派手な見せ場も無いしで
このままでは新キャラで出てきた意味があまりないキャラのように思えます。
だからこそ、そろそろ何か、
エヴァらしい、視聴者がこぞって謎解きに乗りだし、討論しあうような
そんなイベントが起こってもイイのではないでしょうか!?

実は全部知ってましたとか、ゲンドウ側だったとか、
Qで死んだカヲルの役目を引き継ぐ新しい13番目になるとか。
てかさ、「実は使徒だったんだ」説はもうお腹いっぱい。
もっと「なんだってーっ!!」て的なインパクトが欲しい(完全に個人的な希望/笑)

Qの最後でシンジが墜落したところでアスカと綾波と3人で再開したところで
終わっていましたが、
その場にマリが合流してない事が気になりますね。
単独で、どこで何をしているのか!?
私にとってマリは姿が見えないと不穏な空気しか感じられないキャラです。

マジンボーン まさかの水着回

もう夏も終わったというのに(笑)。
しかもサホちゃんとお姉さんまではわかるけど
サホちゃんのお母さんてそれどうよ?誰得よ?女性それだけてどうよ?
んでもってお姉さんの水着刺激的なんですけど!?(笑)
少年アニメなのに!
てか翔悟たちボーンファイターの水着姿もやっぱりお笑い要素入ってきてるんですけど!!(笑)
笑ったわ。
やっぱりこういう時のルークはお笑い担当なんだね。
でもポニテはイイよ!かなりいいよ!!
ギルバートはショタ担当なのかと思ったら違うね、うん違う。
なんであの水着で来たコンチクショー。
もっと子供っぽいので来いよ!!
お姉さん期待しちゃったじゃないか!!(大笑)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q アスカかっけー。考察その3

何度も言うけど、これは個人的感想&考察であって
間違ってても しっ…知らないんだからね!!

以前の序と破では
綾波レイの当て馬的存在だったアスカが、
高飛車で我儘女王でツンドラだったあのアスカが、
Qでは実力の伴った女王になって無双してた。スゴイ。

TV版のイメージとして、
シンジのチートさに負け
レイの異質さと作品通しての人気に負け、
精神病んでフェードアウトしたかと思えば気がふれた感じでハイテンションになり世紀末決戦に参戦。
シンジ共々ガラスのハリネズミ精神だったイメージがあったアスカですが、
ここにきて、全く別物に進化してます。
これは、わたしはやはり「アスカ使徒変化による結果」だと思う…ことにします。

Qでシンジと防弾ガラス(?)越しに再会した時、
歳を取っていない事を指摘されて、「エヴァの呪詛」と言い放ち、
さらにはグーパンで厚さ10センチ以上の防弾ガラス(?)にひびを入れてる怪物っぷり。
地下で暴走したエヴァを抑えようとして目がカッ!
最期に人間を「リリン」呼び。
もうね、人間じゃない。

人間じゃなくなった時以降から眼帯し始めたんじゃなかろうか。
あれ、アスカが覚醒(か、もしくは暴走?)の時に
色違いに光ってたよね。
という事は、あの眼帯の下は色が違う瞳になってるんだと思う。
でも破までは、アスカの目はそろってた。
きっとニアかサードの時に瞳をテレビ版と同じに撃ち抜かれたんだと思う。
でも、そのときエントリープラグにいたアスカは、
死ぬような目に合ってなおすべてを治療されて生かされていたはず。
多分再生はされたんだろう。
でも、気位の高いアスカは再生されて変わったその瞳を他人に見られたくなかったんじゃないかな。
もともとアスカも人間だったハズ、と私は思っているので、
ひょっとして、欠損部分はエヴァが「再生」もしくは「復元」したんじゃなくて、
「勝手に作成」したんじゃないかな。
だから、アスカの左目は、一見してアスカのそれでは無い事がわかってしまうから
アスカは眼帯して他人から隠ししてるんじゃないかな。とか考えた。

うん、わたし、じつはレイよりアスカの方が好き!!(笑)

あと、他の考察でもさんざんいわれてるけど、
プラグ深度による天使派or獣派説ね。
あれは私もそう思う。
プラグ深度オーバー、プラグ深度マイナス、言い分けてる事は何か重要なんだと思う。
それでいうとオーバーしたのはシンジとアスカ。マイナスはマリ。
だから、シンジとアスカは同じ何かになったんだと思う。
で、マリだけが違う。
深度オーバーで天使として世界を滅ぼす使徒となるのだとしたら、
新キャラで、その出生や生い立ちがさっぱり解らないマリは
一体、獣といわれている何になったんだろう。
多分これは次を待て状態。

新色キターッ!!(*^_^*)

待ってた色きた!!キタキターッ!!

PS Vitaの新色「ライトピンク/ホワイト」が11月13日に発売。

実はまだpspソフト詰んでるけど(笑)。
PSPでユグドラユニオンのハードモード頑張ってる最中だけど。
途中でトルネコしたくなってGBAのソフト引っ張り出してDSでずっとトルネコしてるけど(笑)。

既存色のピンク/ブラックでも良かったけど
やっぱりパステル系のピンクが可愛い。ライトピンク/ホワイト可愛い。

え?これ9月1日のニュースなの!?
もうみんな知ってたの!?

追伸。
GBAのソフトは今でも動くよ!!問題ないよ!!(大笑)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  リリンとは違う子供達 考察その2

注:これは私滝上が勝手に妄想も交えて語ってるだけだから。
「あれ?これ自分の見たQと違うwww」てなったらゴメン。

まず、前回言ってた「カヲル君が世界は何度も繰り返してるみたいなこと言ってたから」だけど、
わたしはこれは世界のループじゃないって思ってる。
ただ、旧作アニメやら旧作映画、ラストが幾つか違ってくる、いろんなエヴァンゲリオンっていうパラレルの中の一つだと思ってます。
だから、新しい今回の新作映画のシリーズでマリって新キャラ出しても世界観が壊れなかったうえに
新しいストーリーに展開していく、そういう組立なんじゃないかって思ってる。
「今度こそ幸せにしてみせるよシンジ君」的な言い回しは、
監督庵野さんの言い回しなんじゃないかな、とQを見て思った。
何度もエヴァを作ったけど、
どれもシンジが救われたラストが無かった。
アニメ版は人類補完計画にまんまと組み込まれ、「おめでとー」「おめでとー」って言われながら保管されて宇宙に流れて行ったし、
旧劇場版「Air真心をキミに」では自分を無条件で受け入れる母親(レイ)と
自分を拒否するアスカを天秤にかけ、アスカを選び補完計画から外され地球に残った。
生き延びたから幸せかというと、アスカはツンドラ女王なもんだから、
かまってちゃんではあるがMでは無いシンジにとっては生き地獄かも知れない。
漫画版はこの台詞の頃そろそろ完結したか、完結間近くらいだったろうけど、
漫画版のシンジ君はアニメ版に輪をかけて陰な性格で、どうやっても幸せになる気がしない。(笑)
(というか早くコミック出してください。待ってます(笑)。フィギアばっか出してないで。)
では次は新しくキャラも出して、もう一度エヴァをやり直してみようか、てなもんではないかと思ってる。
いうなればリアル「ひぐらしの鳴くころに」みたいに何度も何度も、成功するまでやるよって事。
ひぐらしみたいに記憶と経験は継承しないけど。


という前提で。
この前、「シンジがカヲルの話をうのみにして肩入れするのは仕方ないんじゃないか」って書いたけど、
なんでミサトさんたちはあこまで露骨にシンジに冷たかったんだろうか?
あれ、露骨すぎるよね。
最初の登場時は仕方ないかなとは思う。
使途との戦闘中だったからね。
アスカも出撃してたくらいだし、そもそも戦艦が本調子じゃないのに使途を相手にして
結果、直接攻撃で使途を倒すまでやってのけるくらいの戦闘中だったから
「話は後!!待ってて!!」て感じになっても仕方ないよね。
でもまぁその時から言い方冷たかったとは思うけど。

で、それは後になってカヲルの説明から
「ニアサードを起こしたのはシンジだ」って言われて
視聴者もそれを受けて考えると
先のミサトたちの冷たい態度も納得できるようになる。
要は、サード&ニアサードの犯人だったわけだよシンジくん。
だからみんな「あれだけのことしてどの面下げて」てなったんだろう…って。
そこに至る理由も原因も、他人の理解できる範疇じゃないし、
レイを助けたい、てのは完全にシンジの感情優先なわけだし。
でも、人助けしようとしただけだから許して(∀`*ゞ)エヘヘなんて犠牲になった他人には許容できるわけないし、
なによりシンジ本人がその暴走大暴れしたところすっぱり忘れてる。

で、この忘れてるのが鍵なんじゃないかな。
つまり、このシンジは一度封印されて宇宙にポイされたところから
助け出したシンジ。
14年前と変わらない姿をした少年。
これはもう、アスカと同じ「エヴァの呪縛」を受けたって事なんじゃないかな。
シンジは他のチルドレンたちと違って、何の準備もされてない子供(BY序)で、
もともと人間として碇指令と奥さんユイの間に生まれた純粋な人間のハズ。
序でエヴァに乗るまでは、エヴァはもちろん、イヴや使徒、さらにはLCLに触れたこともないハズのただの子供だったはず。
冬月さんのいう過去にユイがエヴァの実験でなんたら~も、シンジは見てただけで、
アニメの「魂がエヴァに憑く」説がこの世界でも共通だと仮定したら
シンジとしは、ユイの息子ってだけが重要であって、何も他に素養が無い、普通の人間のハズ。
そして、TVアニメ番では、アスカも試験管ベビーって事が普通と違ってるってことはあったけど、
ただの人間だったはず。(いろんな意味で強化人間ではあったかもしれないけど)
でもQの最後に、アスカが人間の事を「リリン」ってはっきり呼んでる。
これ凄いショックだったんだけど、
この世界のエヴァパイロットの使徒では無い方のチルドレンたち(シンジアスカマリ)は、
何かの拍子に人間から使徒に変化したんじゃないかな。
わたしはそのタイミングは「サルベージされなければならないほどのエヴァとのシンクロ」だと思う。
ただ乗ってるだけなら何も問題はないハズだとミサトさんたちは思ってたから
破の最後でシンジにレイを助けに行くことを許したんじゃないかな。
でも、結果(「LCL=リリスの体液」という物語の設定が統一されていると仮定して)、
LCLの中で一度溶けて、再び再構築されたチルドレンはすでに人では無く、使徒として年を取らない永年の14歳になるんじゃないかな。
だから、ミサトさん達は使徒となったシンジに前と同じように接することが出来なかったんじゃないかな。
シンジが使徒であることは、最後に「リリン達が来れない所」で平然と存在してられるのが解るし、
レイとカヲルはもともと使徒。
アスカもきっと、先のインパクトに出撃することになって(旧作アニメと同じ世界観であると仮定)
アニメではシンジが居たとはいえ、やはりエントリープラグ内で再生していた描写があった。
無かったはずの包帯で、怪我をぐるぐる巻いてたりしてた。
だからきっとサルベージされるようなことになったんだよ。
ニアかサードのどちらかでテレビアニメ版と同じく目を壊されてしまって、隻眼になったんじゃないだろうか。

フェアリーテイル 198話 泣いた。

エヴァ語りたいとか言っておきながら、いきなりフェアリーテイルですけど、
書かずにはいられない。

副題が「黄金の草原」。
竜に蹂躙されてそこらじゅう廃墟になってる物語の進行とはつながら無さそうな副題だけど、
これが、もうね、最期にぶわっときた。

先週、命を使って時間を巻き戻したウルティア。
彼女の「…1分!!」も泣けたけど、
でもその1分ですべての状況をひっくり返した、貴重な奇蹟の時間。
その1分のおかげで、
現状打破の術を公にできたルーシー。
それは凶事の元凶、エクリプスの扉を破壊する事。
歴史のパラドックスなんてこまけー事は良いんだよ!的な発想だけど、
物語の設定がそうすることなので、もうそれで行こうよ、扉破壊だワー!!て魔法ぶつけまくる精霊魔道士の2人。
でもうんともすんともならない扉。頑丈すぎるよと思った矢先
その場所にピンポイントでナツ達がドラゴンと共に落下。
すんなり壊された扉。
その影響で、未来から来た人と物。過去から来たドラゴンたちが光になって消えていく。

城の中で横たわる未来ルーシー(亡)も…。

そこまではいつものフェアリーテイル。
ドラゴン消えたーワーイッ!!て町に散ってた多くの魔道士たち。
だれもドラゴンに勝てなかったって悔しがるドラゴンスレイヤー達。
その事実に気が付いて、未来を不安視する一部の魔道士。

物語が1つの終局を迎えた、その時、画面が変わって。
「黄金の草原」で目覚めるルーシー。
自分の右手を見て、嬉しそうに感じ入るルーシー。
そう、これは死んだ未来ルーシー。
迎えに来るナツ。
「早く来いよ」「みんないるから」、仲間の元に走り出す2人、と一匹。
これは!!
これはEDそのままではないですか!!
黄金の草原の未来ルーシーの服は、ボロマントじゃなくなってて
エクリプスの扉が開いたときのルーシーの服。EDと同じ服。
でも未来ルーシーが伝えに来たことで歴史が変わった今ルーシーは
服がぼろぼろになって精霊界の服に着替えてるんですよね。
だからこそ未来ルーシーの今の服は、未来ルーシーの「ナツ達仲間を失ったあの時」を連想させる、
その時間のルーシーの象徴なんじゃないかな。
今の時代にきた未来ルーシーがマントの下にどんな服を着ていたかは最後まで解らなかったけど、
黄金の草原でその服を着ることによって、あの格好でも未来ルーシーなんだってわかる流れがものすごくグッと来た。

そして流れ出すED。
最初、エクリプス編のEDはただのルーシーだと思ってた。
で、右手の話が出たあたりから、Edの右手の印を大切そうにさするシーンから
「あれ?これ未来ルーシーに関わるんじゃね?」って思った。
でもまさか、物語そのままに、
未来ルーシーの死後の救いとして描かれた、そのまんまの世界だと今日解った。
解って見ると、もう涙なくしては見られない、すごく奥深いEDだと気が付いた。
そうだよフェアリーテイルのEDはこうでなくちゃ!!
こう、物語にぐっと深く入ってくるEDでなくちゃ!!
(ごめん、まだ前期のEDへのトレンディドラマみたいなのに不満が…/笑)

すごく心に深く残るEDへの入りとなった。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 見て心がざわつく(笑)。考察その1.

「序」「破」ときて、
今回は「Q」。
漢字シリーズじゃないんかい、と思ったら
今回はそれまでとはまったく違った展開だった。
旧作知っててもわからない所だらけだった!!

というか、エヴァを見ただけですべて理解できるアニメだとは思わないほうがいい。
物事にはそれなりに理由が付いてくるけど、その理由は物語の中で語られないなんてことはざらにある事。
でもエヴァのこの「物語に多くの謎を含ませておきながら、その布石は回収するけどその元凶は解明しない」っていう
一種の謎解きアニメというステイタス作り上げたよね。それスゴイ。

あと、エヴァQの放送前に「巨人兵東京に現る!」てCGやったけど、
この人達世界滅ぼすの好きだね。
でもこの「世界が滅ぶ」がエヴァのキーワードなので、何か意味でもあるのかな?

ではこれから私の見た「Q」の感想を考察も交えて語ってみようと思うんだけど
「あれ?これ自分の見たQと違うwww」てなったらゴメン。
正しい考察知らないまま語るよ!!(てか正しい考察まだだよね?)
長いから数日分けてレビューするよ。
語りたいんだ!いろんなことを!!

前回カヲル君が世界は何度も繰り返してるみたいなこと言ってたから
今回の始まりから「え?パラレル!?」て思わされるくらいの環境の違いから始まった「Q」ですが、
実は前作「破」から14年後の世界。
世界はサードインパクトで荒廃し、
ミサトさんとリツコさんは何かと戦っている。
急に目覚めたシンジはミサトやアスカと共に敵の「何か」と戦う事を願うが
戦乱の中で言われた事は「何もするな」。
理由も真実も何も解らないままシンジは焦らされるが、
そこに綾波がエヴァに乗って登場。
その場からシンジをさらって碇指令の所に連れて行ってくれる。
再び父の言いなりになり、何かをしなければならないのか?
そこでシンジはカヲル君と出会い、
彼に自分が世界を崩壊させたことを知らされる。
記憶に無い事でミサトさん達に責められていたのか?と考えたシンジは
カヲル君の言葉に自分のするべきことの答えを見つけ出す。
「地下の使途の2本の槍を抜けば世界は救われる!!」
槍の異変に気付いたカヲルに「槍を抜くのは辞めよう」と止められながらも
アスカとマリの妨害をかいくぐり、槍を抜くシンジ。
カヲルの死、そして始まるフォースインパクト。
なんとか治まった、破壊されつくした荒野でアスカとレイと再会するシンジ。
物語は次に続く。

とまぁさっくりまとめると「シンジダメなやつじゃん」とかなるね。
物語中アスカもさんざん「ダメシンジ」だの「ガキシンジ」だの言ってたもんね。
でもさ、シンジ君と向かい合ってきちんと話したの、カヲル君だけなんだよね。
ピアノ弾いたり一緒に星見たりとコミュニケーションとってくれたのはカヲルくんだけなんだよね。
他の人はみんなシンジを否定するか拒否するだけだったんだよね。
しかも何も情報を与えない、何も真実を話さない、何があったのか、話してくれない。
だとしたら、シンジがカヲルの話をうのみにして肩入れするのは仕方ないんじゃないかな、と思った。
そもそもカヲルの話しか聞かされてないんだからね。
でも、そのカヲルの忠告を無視したみたいに見える、最後の槍の件だけど、
散々みんなに否定されたシンジは否定される事に慣れてしまってて、
なんか「信じられるのは自分だけ!」ってなったのは致し方ないんじゃないでしょうか。
あと、シンジが「昔の記憶が継承されてる」てのだけはミサトさん達も理解してたけど、
サードインパクト起こした細かい所の記憶がすっぱり抜けてるところとか、
綾波を助けただけの気しかないってことをもっと解ってあげてれば、
ミサトさん達のシンジに対する冷たい、冷たすぎる態度がもう少し温かかったら、
シンジはもう少し何か考えたんじゃないだろうか、と思う。

とはいえ、このエヴァってアニメはシンジは完全にダメ人間の象徴(嫌な事からすぐ逃げる人格が長い年月かけて作られてる)として描かれてあって、
最期にアスカに蹴りいれられて転がるところもおおよそロボットアニメの主人公とは言えないダメダメさだったところから、
シンジはどこに行っても相手の言葉をうのみにしちゃうヤツなんだろうとは思う。
その依存ともいえる信頼を、綾波じゃなくてアスカに向けてれば犬として世界平和にもう少し役に立ったんじゃなかろうか。

もう秋だけど、黒子のバスケのくじは夏真っ盛りだったんだ!

べ、別に黒バスの連載が終了して
気が付いたらボーっとしちゃってるなんてこと無いんだから!!(震え声)
脱力してしまって更新滞ってるなんてこと
なっないんだからね!!(涙声)
べ、別にさみしいわけじゃないんだから!!
大円団な最終回で、大満足で満たされてるからなんだから!これはホントなんだからっ!!(笑)

とか言ってる間に
土曜が「一番くじ 黒子のバスケ~放課後ver.1」だったので
行ってきました。
近所のコンビニだったよ!
この前一番くじやってたとこだよ!
DSCN0184.jpg
狙うはファイルとカンバッジ!!
缶バッジィ(泣)。
狙うと出ないもんなんだよね。
ファイルが出て良かったわ。
でも思い返すと毎回「カンバッジ!!」て泣いてる気がする。
まさかのA賞ゲットしてしまったけど、
私より店員さんが喜んでくれた。
店員さんありがとう。
最期の2回で火神君と青峰くんゲット出来て
妙な幸運に舞い上がったのは事実(笑)。
でも缶バッジだけ当てられなくて泣きながら帰ったのも事実。
でも火神君ありがとう。大好き!

10回引いてきた結果。
A賞「マジバーガーセット」・C賞「火神ちびきゅん」・F賞「青峰ちびきゅん」×各1
J賞ファイル×2(選べる)・ L賞ラバスト×5(選べない)。

てか、レジのお姉さん「私は紫原君が好きです」。ここにも黒バスクラスタさんが!!
しかもこの前の緑間クラスタさんとは違う人なのか!!(笑)

そしてまたもや一般人以外居ない。 くじ引きに来た人が私しかいない。
オカシイヨ!?
普通並んでるんじゃないの?
すぐ品切れになるんじゃないの?
田舎はみんな都会に出ちゃうのかな?
みんなどこで引いてるんだろう?
ま、そのおかげでわたしは「一回ずつ引いて良いですよ(*^_^*)」って言ってもらえたし。

今回ラバストが、中身が解らなくて
5個選んだから絶対何かダブってるって思ってたけど、
被ってなかった。
今日の自分の幸運怖い(笑)。
DSCN0187.jpg
赤司様だけいないけど、
こだわってないので気にしない(笑)。
あと青峰黒すぎwww。これはもはや日焼けレベルじゃない。

放課後vol2は11月予定!
とうとうリコたんがキュンキャラに!!

もう少し、黒バスの話をダラダラと日記にしていくよ!!(笑)
まだ来年にはアニメもあるしね!
黒バスはまだ終わってないよ!!うん、終わってない!!

ヤマノススメ 富士山楽しそう

登山には全く興味が無いので
山登り大変そうだなーって感覚でしか見てなかっためど、
富士山の話になってなぜか途端に楽しそうに思えてきた(笑)。
観光でバスで5合目まで乗って行った事しか無いのに。

女子高生が、そのうち1人はまだ中学生が、
4人で富士山を登っている姿を見てると
なんでか
自分も登れる気がしてきました。
でもこれきっと気のせい解ってる(笑)。

見てると色々勉強にもなります。
山荘が一杯あるとか、
めっちゃ人が普通の町中みたいにわらわら居るとか。

イメージ的に 登山で夜=テント張って野宿 みたいに思い込んでたから、
富士登山で山荘に泊まる、泊まるとお布団でぐっすり眠れるよ~なんて知らなかった。

それに、まだあまり細かい事を知らない主人公に、
みんなが親切にいろいろ教えてくれる内容が
見てるこっちも解りやすくていいね。

このアニメ、本当にアニオタの登山のバイブルとなるべきアニメだよ!
アニオタはこれくらいの軽い、安全な登山が限界だと思う(笑)。
そんな軽い登山にすら行かない私だけれども。
いや、だって、登山シンドイやん…。(苦笑)

漫画「黒子のバスケ」最終回(最終Q) 感想。(ネタバレあり)

とうとう月曜発売のジャンプで黒バスの連載が終わりましたね。
わたしはこのタイミングで終わってくれたのは
とても好ましいと思っています。

以下
アニメ派&コミック派には原作ネタバレなので気を付けて!











大会出場を目標にしてるスポーツ漫画の多くは
最大のライバル校との対戦を最高の試合としてしまい、
決勝戦は描かずにトロフィとか賞状とか集合写真とかで終わらす中、
黒バスは最初から敵の数を5人と定め、
他にもちらちら敵を出しつつも
赤司さまという魔王をラスボスとし
そのラスボスが決勝戦で待ち構えているという大舞台を用意し、
決勝戦を描き切るという
まさにRPGでいう「魔王討伐」を成し得たところが
とてもスッキリした読後感で満たされて、大満足です。
ハサミ事件の仇はとったぜ!!

つまるところ、火神君に彼女ができたりしなくて良かったてことで。(笑)
彼は永遠に私とかがみんクラスタさん達の心の彼氏です!
でもまだスクエアで何かあるらしいのが気になるけれど。

黒バスの夢女子に優しい所はヒロインが主役級と恋仲にならないところですよね。
でもだからこそ、リコたんと日向君は応援してしまう(笑)。
でも日向好きの夢女子の為に、木吉ルートも可能性がまだある。
あと桃井さんも、青峰くんとずっと仲良くね、って思ってしまう。
でも青峰クラスタさんの夢女子の為に、黒桃ルートも最後まで健在。
どの夢女子の夢も壊さず、
そのうえ腐女子のハートもがっちりゲット!
かなり嬉しい終わりかたです。

最期のリコたんが、やっぱりリコたんで超可愛かった。
「ワレコラガキ共ああん?」「ひいっっ」
飾らないリコたん可愛い超可愛い。

試合終了後、キセキ達が映った時
1、2年の顔だけがはっきり描かれてて
3年生が見切れてたのは「あぁ次ってことは3年いないんだな」ってしみじみ感じさせられるよね。
この演出良かった。
笠松さんや宮路さんのような人気キャラばっさり切ってくるの凄いよね。

ところでネクストでもし数年後とかするなら、
2号がシベハスくらいに成長してたりしてほしい。笑う。

それと、先週の盛り上がりの試合終了読んで、
「来週はCカラー」って見て、
「来週はCカラーで赤司君の目玉くりぬきイベントしようとして
無冠の五将にとめられる赤司君で始まるのかしら。
号泣でもするのかしら。
黛さんが「くりぬくならくりぬけよ!」てな逆説得でもするのかしら。
それカラー絵でするのかしら、笑う」とか考えててすみませんでした(笑)。
目玉くりぬきイベント、誠凛戦では無しなんですね。
よっぽど秀徳に負けたくなかったのか、
はたまた誠凛戦では自殺点する余裕が無かったのか。
いや、ごめんなさい、無かった事にした方が良いんですよね。

ところでさ、
最終回扉絵、
みんないろんなトロフィー持ってたけど、あれいろんな賞の貰ったのかな。
火神君はMVPでも貰ったのかな。

ともあれ、作者様、制作者の皆さま、共に応援していたファンの同志たち、お疲れ様でした。

とか言ってる間に、9月前半に一番くじくるぞ!!

ストレンジ・プラス 

OP(今はEDか?)がどんどんひどくなってきてる(笑)。
もう綺麗なお姉さんが出てこなくなってる。
きんもちわるい変な動物ポイ絵がプルプルしてるヨ(笑)
なぜこうなった!!

いや、でも私はまだ諦めないぞ!!(何をだ/笑)
きっと最終回くらいにOPが完成するんじゃないだろうか!?と夢を見ています。

これはこのまま最終回でもっとヒドいOPになっても
それはそれで笑いをとれると思う。

ただ、内容的に、
もうインパクトだけの演出が出尽くしたんだろうと思うんだけど、
見てるこっちが慣れちゃったのかな。
そろそろ新鮮味が落ちて、熟してきてるころだと思う。
ガツンとOPでやらかして終わってくれるといいな、って期待してます。

タクミ兄さんどうしたのよ
最近大人しいわねwww.
もっとはっちゃけてもいいのよ?

9月も公式壁紙だ!

週刊少年ジャンプの壁紙

2014年9月の配信タイトル

に今月も黒バスがあったヨ!
今月は黛さんもいたヨ!!
やったねまゆゆ!!

ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース アブドゥル生きてた!

いやまさかそんな!
奴が生きていたなんて!!

ディオの所に行くまでに会わなければならない男がいる、と
ジョースターさんが孤島にみんなを連れて行った、そこに居た老人。
アブドゥルに激似の老人!!
かれはアブドゥルの父親だと説明するジョースターさん。
それを聞き、再び罪悪感にさいなまれるポルナレフ。
夜に登場したいかにも怪しいスタンドのいかにも怪しい誘い文句に、ポルナレフは願ってしまう。
「妹を、アブドゥルを生き返らしてくれ」と。

わたし、てっきりこの怪しいスタンドはアブドゥル父のかな、とか思ってたよテヘヘ。
無人島だから、他に人いないと思ってたよテヘヘ。
今、ポルナレフは試されてる!とか思ってたよテヘヘ。
本気で殺しにかかてきてると気が付いたのは、今週の放送だよテヘヘ。
そんときゃもうポルナレフは喰われてる最中だったよてへへ。

実はインドでアブドゥルは死んでなかったんだけど、
敵に悟られないために箝口令を強いたため、
口の軽いポルナレフには真実を知らせないようにしてたって。笑うわ。

視聴者もすっかり騙されてたよ!!

でも生きてて良かった。
クルセイダーは4クールで1年続くって早々と発表されたのに、
2クールめでアブドゥルがリタイアして(と思ってた)、
OPとEDどうなるんだろう、ずっとアブドゥル出てるけどって心配してた(笑)。
あのOPとED、カッコイイし、曲もいいよね、変わらないで1年続いてほしいな。

ジョジョシリーズは原作読んでないので
この先誰が死んで、誰が生き残るか全然知りません。
だからワクワクドキドキしながら見てます。
絶対ネタバレサイトは見ないぞ!!
その方がものすごく楽しめるアニメです。

あと、アブドゥルさんが帰ってきてくれたら、
やっとジョースターさんも地に足が付くかもと思うし、
他の子供達(承太郎・花京院・ポルナレフ/笑)のこともいろんな受難から守ってくれそうで
頼もしいよね!!
プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR