2014-11-の記事一覧 

 アニメ「曇天に笑う」 予想以上だった。 

絵とか雰囲気からホモホモしい乙女の萌えアニメかと思ったら
まぁ大体そんな感じではあったんだろうけど
それを踏まえても
純粋に面白いお話だと思う。

時は、腰に剣をぶら下げたお侍さんと忍者と洋服着た憲兵さんが
ごっちゃまぜに生きてる世界。
主人公は「曇天3兄弟」と呼ばれる兄弟の二男。
この兄弟、傾奇者かと思えるくらいに赤と黒がテーマの突飛もない洋服で
琵琶湖のほとりで一族が引き継いでるお仕事をしてる。
その仕事は「琵琶湖の真ん中にある監獄に罪人を船で運ぶ」というお仕事。
これが物語に深く関わってくるのかどうかはまだ解らないのですが、
物語の神髄は「世界を滅ぼすオロチが憑依した人間=「オロチの器」  をどうにかする」のがテーマのようです。
「どうにかする」と書いたのは
主人公側とそれを取り巻く人たちとで「器を滅ぼす」「器を守る」と
思想と理念が入り混じっているから。
主人公側は長男さんが「器は守る」というスタンスでした。

でも、実はこの長男さんがオロチの器だった!!
かなり前からの浸食だったようで、
守るも何も、本人がオロチだったのがあっさりと憲兵側に知られてしまい、
なんとこの長男、処刑されてしまいました。
すごく良い人で、主人公の保護者で
登場人物すべてにとても大きな存在を示していた人でした。

百歩譲ってオロチの器だったとしても
「守る」といったその仲間たちが
(主人公は知らなかったけれど、長男さんのもとにオロチの伝説の解決を手助けするため、
仲間が何人か集まってきてました)
なんとかするんじゃないかと思ったりもしましたが、
あっさりと、長男さんは世界を守るための犠牲として、すべてを背負って処刑台に立ち、逝ってしまわれました。

絵柄もキャラも萌えではありませんでしたが、
さすがにこの展開には打ち震えるものがありました。

このお兄さん、ちょっとうざいけど強くてかっこ良くて
責任感が強くていい人でした。
処刑台に立った時はさすがに何とかしてやりたい気持ちになりましたヨ。

つい最近まで誰も死なないアニメばかりだったのが、
こんな風に「大事な場面で大事なことを伝えながら大事な人が死ぬ」という
ストーリー展開は
とても感動するものがあります。

この先二男と三男がどう成長するのか、
もうすぐ終わりそうな展開ですが(笑)、
まさかこれでオロチの器の呪いが終わるわけがないとワクワクしています。
あと一悶着はあるでしょう!!

まさか長男「死んでませんでしたー」とか言って出てこないんだろうな!
それは許さない。

スポンサーサイト

 来年のカレンダーをamazonで買った結果。 

さてここで、
黒子のバスケのカレンダー 原作の壁掛けと卓上の2種と
アニメの壁掛けと卓上の2種、
計4種類をamazonで予約までして買った、
そんなこの前私に新たにamazonから来た新しいメールをご覧ください。

1128.png

ふざけんな
まだカレンダー買わせる気かよ!!(笑)
怖いわ!!
って酸っぱい気持ちになったYO!

くるねことか艦コレとか薦められたわwww
アニメ関係の人気は、今年はやっぱり艦コレかぁ。

 弱虫ペダルGRANDE ROAD 8話 

副題「アラキタ」(笑)。
いや、かっこいいんだけどね。
荒北さんが大活躍するんだろうな~て思いました。
そしてやっぱり大活躍です!!

インターハイレースも大詰め、最終日!
広島のまとめる大集団が主人公所属の総北&ライバル箱根学園の後部集団に
とうとう追いついた!!
だがそこで広島は今まで他校にひかせていた集団を飛び出し、
単独で先頭を追い始める。
そこで初めて、他校の選手たちは自分たちが「先頭までみんなで行くのが目標」だと言われていたことが
騙されていたことに気付く!(はよ気づけよ!!)
広島の足として使われてしまっただけの集団は統率力を失くし失速する。
そんな中にわれらが主人公小野田君が取り込まれてしまいました!!
まだレースの経験値が極端に無いに等しい小野田。
引き上げようと差し出された鳴子君の手を掴むことができなかったあのシーンは…
自転車の車間距離からして無理だったろ!と突っ込むべきところだったのか!?(笑)
いやあれは友として、同志として助けようとする心理描写の表れだったのか!?
どうとっても鳴子君がいい子だった!!(結局それかいっ!www)

失速する後部集団で、なお仲間たちを追おうとする小野田。
そこに現れた救世主が荒北さん!!
ヤンキーキャラ丸出しの荒々しさではあっても
御堂筋にすら仲良く接する小野田君だからきっとこの人ともうまくできるのかしらと思ったら
本能で怖がる小野田君(笑)。
とはいえ、なんだなんだで荒北さんと共闘して、真波君も交えて
集団から飛び出し前を追うことに成功した小野田達。
ものすごい追い上げで、追い上げで…
鳴子君たちまでも抜かしちゃったよ!!
そうか!スピードが乗っちゃったら止めるよりさらに前を追った方がいいのか!!
すげー小野田くん!!
てか、他校の先輩や天才肌の同級生の走りが
いろいろ経験できた小野田君はラッキーだったよね。
たとえこのレースで彼らに個人的に勝てなくても、
今回得られたあの風の体感はものすごくいい経験になっただろうと思う。

ただ、やっぱり今回の真波くんの「オレ、生きてる!!」が
微妙にホラー要素で怖い。
大丈夫なのかあの子、このレースで死んじゃわないか?

 サイコパス2 7話までの感想ざっくりと。 

もう少しまとまってから、とか思ってたけど
どうしても気になった。

病院での朱ちゃんのおばあちゃん、あれカムイじゃね?って。
大丈夫なの?って

姿無き犯罪者カムイの策により
シューティングゲームの回線を使い、
日本の不特定多数の一般人による無意識の虐殺犯罪が勃発。
結果、あちこちで精神汚染を起こす二次参事も起き、
果てには公安のドローンまでもが遠隔操作の対象に。
またもや霜月ちゃんが愚痴連発。
朱はカムイにたどり着くも、あと一歩で逃走を許してしまう。

さて、その後、公安のドローンさえも遠隔操作させたカムイの手腕は
朱の唯一の肉親の祖母の入院する病院のドローンも標的に。
乱暴に破壊された病院内部。
慌てて祖母の病室に飛び込む朱。
と、おばあちゃん元気だよ!
にこやかに何か端末操作してたよ。
病院内の異変に何も気が付いてなかったよ。

そこで繰り広げられる孫と祖母との仲良し家族会話。
今まで張りつめていた内容とは打って変わって、
朱ちゃんもとても穏やかな表情でおばあちゃんと互いを気遣いあっています。
おばあちゃんとても美人。
朱ちゃんとよく似た顔立ちです。
朱ちゃんにもう少し優しさプラスした感じ。
いや、一期のときの朱ちゃんはいつもこんな風に笑っていた子だったかも?
あぁ狡噛さんがいたあの頃は…
とか思ってたんだけどさ、
7話ラストでカムイはもう誰にでもなってるとか、
「カムイは最初から私たちの傍にいた!」とかギョッとする、とか以前に
ホラーな展開になって終わって
どうももやもやというか、ハラハラというか、とても不安な気持ちになった。

犯罪係数が臓器移植で変えられるだのという話も判明してたけど、
それは今回横に置いといて。

どうもさ、カムイはホロという、
一期で朱ちゃんが洋服でやってた「立体映像で洋服を着替えなくてもいろんな服装にチェンジで来る、
いわばデジタルのデザイン服」の人間バージョンをやってるんですよね。
だから見ため、全くの他人になりきれる。
しかもホロをまとってないときは監視カメラさえ認識できないみたい。
ホロをまとってた時、別人として何度も朱ちゃんたちの前に現れては会話すらしてた時もあった。

ギノザさんのカウンセラーなんか、一期から出てた人みたいだしね。
その頃からの今の仕込みだとしたら
ものすごく怖い。
あの人はもともといた人に臓器移植したパターンではなくて、
すでに死亡した子供の成長ホロを身にまとった人だから、
現存するはずのない人なんだよね。
そのうえあのカウンセラー、
朱ちゃんに喫煙のし過ぎへの注意を促してた。
あれ、あとで解るんだけど、朱ちゃんは喫煙はしてなくて
狡噛さんの吸ってた銘柄をくゆらせてるだけで、
その香りで心の中の狡噛との会話したり、思考をまねたりしてる。
もしカムイが朱ちゃんのタバコの使い方を知っていたとしたら。
「喫煙を控えたほうがよい」とのあのアドバイスは、
朱に思考させたくない意志の表れだったのかもしれないね。

まぁ全くの他人のカウンセラーは別として、
純粋に考えておばあちゃんみたいな
知ってる人間に成りすますのは無理なのかもしれないけど
まさかまさかね。と不安をぬぐいきれない怖さが
サイコパスというアニメにはあります。

朱の部屋が、ちょっとしたキズに気が付いて
立体映像(部屋のレイアウトもこの時代はホロで気分しだいで変更できます)を解いたときの
「WC?」って出てきたときの気持ち悪さ、
あの不気味さがけっこうキテます(笑)。私、あぁいうのに弱い。

 「○○属性」の使い方 

今日はちょっとアニメのお話に絡めて。

今までオタ用語として俗に語られる「○○属性」とは
一般ではおおむねその要素を持ったキャラの事だったはず。
たとえば「ショタ属性」とはショタキャラ、もしくは自分よりはるかに年下の少年キャラとか、
たとえば「妹属性」とは、実際兄か姉がいて、妹として可愛がられて甘やかされて育てられたと推測されるキャラとか
はたまた主人公に「お兄ちゃん」と甘えてくるキャラとか。
たとえば「ツインテール属性」とは、ツインテールのキャラとか。

そう、「俺、ツインテールになります!」であれ?って思ったんだけど
このアニメでは「属性」の使い方が私の知ってる一般と違うんだよね。

ここでは「属性」とは「○○属性」の○○に属するものが好きな気持ちを「属性」ってあてはめてるんだよね。
だから、ここでは
たとえば「ショタ属性」といえば、「ショタキャラ」と「ショタキャラが好きな人」の二種類意味を兼ね揃えてる。

で、不思議に思ったので検索先生に尋ねてみた。

いろいろ見たところ
「萌えの対象になる特徴(たとえばメガネやツンデレや妹やショタ、など)を総称して○○属性という
(たとえば「メガネかけてる彼女はメガネ属性だ」とか)」
という意味と並行して
「自分の好みを表現する場合に用いることもある(たとえば「私はショタ属性(=ショタ好き)です」とか)」
だそうです。
BYニコニコ大百科(仮) 先生

ややこしいわ!!(>△<)

同じ言葉なのに、その対象となるものの表現と、それを好きな側の表現が同じというのは
ちょっと戸惑いますね。

ただ、wiki先生の方は前半の
「萌えの対象になる特徴(たとえばメガネやツンデレや妹やショタ、など)を総称して○○属性という
(たとえば「メガネかけてる彼女はメガネ属性だ」とか)」のみの記載に終わっている所から
やはり「自分の好みを表現する」のはあまり一般ではないのかも?と思っています。
そこは「ショタ属性が好きです!」て言った方がすっきりする気がします。

今回「ショタショタ」叫んでるけど、
通報はしないでいただきたい(大笑)。

 七つの大罪 萌えは無いけど燃える!! 

な~り~やまぬ~ あぁいをさけぶよ~の番宣聞いただけでもワクワクが止まりません。
冒険ファンタジーがたまらなく楽しいです!!

先に言っておきますが
私はショタ属性です。
で、このアニメは主人公が元気系少年だから「ショタ萌え」アニメとして
わたしが盛り上がっているか、というと、そうではありません。

中身がおっさんでした!!
というわけで、ショタアンテナは反応してませんヨ(笑)。
しかも、主人公以外にも少年いるじゃん、OPED出てるじゃん、と思うデショ?
ところがどっこい!!
こいつも中身はおっさんでした!!
なんだこのアニメwww
ショタ好きの心を弄びやがってぇwww

そんなおっさんだらけのはずなのに、少年率高いストーリーはというと。
10年前、国の転覆にすら繋がりかねない大罪を犯した7人がいた。
彼らはたった7人で聖騎士たちをほぼ壊滅に陥れ、逃亡。
そして現在。
指名手配されたままの「七つの大罪」を探す一人の少女。
彼女は10年前の事件の国の第3王女だった!
聖騎士によって王族が拘束されたうえ、荒廃していく国の現状を憂え、
ただ一人、昔 王から聞いた「七つの大罪」に救国の光を求め、
孤独な探索の旅に出ていた。
偶然たどり着いた先で「七つの大罪」の隊長メリオダスと出会い、
ようやく実を結んだ探索の旅ではあるが
まだまだほかの七つの大罪を探すため、メリオダスと豚と旅に出る。

でさ、この七つの大罪の隊長メリオダスだけど、10年前から見た目子供のまま変わってないらしい。(おっさんその1)
巨人族の女の子も若い。この子はもともと若かった様子。
不死身の男バン。不死身なので見た目変わらないみたい。でももともと青年だった。
4人目の少年。10年前からすでにおっさんだった。やせた(笑)。で、なんでか少年の外観になった(おっさんその2)

で、すでにもう4人集まってます。早い!!
OP・EDでも4人と王女と豚とママ豚とでわちゃわちゃしてるし、
これは探索の旅がメインではなくなって、王国絡みの対立やら
戦闘やらが主流になるのでしょうか。
それはそれで楽しいのでヨシ!!
でも4人もいながら見た目少年ぽい2人が100%の確率でおっさんてどうよ!?
というわけで、「萌え」を期待したけどその思いは打ち砕かれたけど
これが意外にも「燃え」るアニメだったので結構楽しんでるのでヨシ!

今まで見ただけでも
10年前の七つの大罪の王国への反逆罪も
どうも嵌(ハ)められたみたいだし、
聖騎士の闇の根は深そう。
ドラマティックな展開が待ち受けてそうな、とても楽しめるアニメです。

呪文を唱える魔法らしい魔法は無かった。
雷まとってたりするアクション主流だった。

 俺、ツインテールになります。 3人目の黄色が仲間になった 

すでに仲間になって2週目…か3週目くらいだと思う(笑)んだけど、
3人目が誕生するあたりの流れがとても面白かった。

日夜ツインテール属性を守るために戦い続ける主人公、テイルレッド。
幼馴染の愛香ちゃんもテイルブルーとなり、
謎の巨乳美女トゥアールもいれ、ツインテールズとして
安定の勝利を掴んでいた。
そこに、毎回毎回エレメリアンに襲われる美少女、生徒会長が
満を持してツインイエローとなって参戦!!

あいかわらずのバカバカしいストーリー展開ですが、
これが意外と盛り上がるのです!!
それに、要所要所で入ってくるギャグが
素直に笑えるものばかり。

女の子の変身シーンも、
服がパリーンと弾ける演出から入りますが、
これが他の男の萌えアニメのようにいやらしい角度や裸を見せるのではなく、
少女が見てワクワクできる程度の簡略化した表現。
胸も揺れず、まるでプリキュア見てるみたい。
露出は高いのに、エロくなく、かっこいいんですよ!!

それに、主人公がもともと男で、
変身したら可愛い少女になるのも
見た目がかわいい小学生みたいに小さくなって、お胸もまったいらだし、
そもそも髪意外に興味ない様子だから
いきなりエロい展開とかにならないから安心して見れます。
別にエロを全否定するわけではありませんが
昨今の男の萌えアニメの気持ち悪いラッキースケベや 引きちぎれんばかりのお胸の揺れや 無意味な股間アップや 不必要なパンチラには
違和感や不快感を感じる時があります。
ですがこのアニメ「俺、ツインテールになります。」はそんな不快感は感じられません。
ヒロインが貧乳を話題にしていじられますが、
イジメかよと気分が悪くなることなど欠片もありません。
それどころか、貧乳の愛香ちゃんがものすごく可愛い演出がこれでもかと広げられ、
変身後の一番露出の高い衣装(巨乳トゥアールのお下がり)であるにも関わらず、
ものすごく清楚で可憐なおにゃのことして私のハートをゲットですwww
私、男なら絶対愛香ちゃんを嫁にしてるヨ!!

いつもいつもトゥアールにお胸の事でからかわれ続けて、
黄色のアンクレット作成時にそれが巨乳の衣装だってわかったため、
自分用に作ってもらえるよう頼んだらトゥアールに「土下座したら~」て茶化され、
普通は「ぐぬぬ~」てなるのに、
大きなお胸への憧れから迷いなく土下座した愛香ちゃん、
「そこまでしなくても」と声をかける総二に声を返せず、無言で号泣した愛香ちゃん、
その躊躇ない行動と思いの強さに、
トゥアールも愛香の願いを受け入れることに迷わなかった。
くだらない展開なのに、なにlこの感動ドラマ。
あほかと(笑)。

それにね、結局は黄色のアンクレットは生徒会長さんに渡るんだけど、
最初「ちょっとまってよ~」的な感じの愛香ちゃんが
会長の「正義の味方の仲間になれた」て感動してる姿を間近で見て
すんなり受け入れるんですよね。
もうね、この子、お人よしなのか心が海より広いのか。
あんまりネチネチ言わないし、
総二に嫌われないように気を使うけど、媚びる様な事はしない。
それに心も強くて「真っ先に戦いに向かったアンタ(総二)は私の誇りだよ!ずっとついて行くからね!」(セリフうろ覚え)的な感情セリフを
ひっそりと心の中で繰り広げてる。
もうね、この子、健気で可愛い最強ヒロイン。

多分わたし、こんな女の子になりたかったんだって思うわ。

とか言った後に、
最新話見たわ。会長さんが無駄に巨乳お色気キャラになってて
無意味なお胸揺れとかで
お色気回だったので
今日の感想どうしようか←今ここ状態(笑)。
ま、いっか。

 棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE  面白い 

アニメ1期、前回の「魔王=父親 の遺体集め」を埋葬目的で
純粋に目指していた ヒロイン(主人公)の白いチャイカ。
アニメ二期になってからは
自己の存在意義や、自分の正体やら何やら難しいことを考えはじめ、
物語はそれらの謎を少しずつ解いていきます。

物語は人間と魔族との戦いが終わった数年後。
戦闘民族の義兄妹は、
先の大戦で亡くなった魔王ガズ皇帝の、ばらばらになった遺体を集める少女に出会う。
彼女の名はチャイカ・ガズ。
彼女の熱意に押され、金で雇われる形で義兄妹はチャイカの護衛として旅に同行することに。

前回は何の疑いも感じないストーリー展開だったのが、
1期の最後にチャイカの複数いる謎、
新しいチャイカの出来あがる工程など、
盛り上がって終わった見事な演出!!

そしてあまり間をおかずに二期を始めて
視聴者のドキドキワクワクを新キャラや新展開でぐっと盛り上げる!!
このアニメすごい。
画像崩壊も全然無いし、チャイカやフレドリカやほかの子のレースヒラヒラも
毎回すごく綺麗!!

魔法も魔方陣がしっかり描かれてて、
魔法好きにはたまらない!!
チャイカの片言もかわいいし、
何より魔法同士で戦闘とかあるから
結構盛り上がる。

全然死人も出ないし、なにより主人公の白いチャイカがひたむきでお人よしだから
物語が良いように良いようにと自然と流れていく。
ちょっと主人公補正かなと思うところもあるけれど
なんだかんだ言いつつも、チャイカの正直なところや優しいところが報われるのがとても嬉しい。(*^_^*)
あんな子が一生懸命自分の事気遣ってくれたなら
私も知ってること全部話すよ!!(笑)

 アカメが斬る! 20話ヤツの死亡フラグ回収(号泣) 

ラバックーッ!!(p>□<q*))
とうとう死亡フラグ回収しやがったこんちくしょうーっ!!

いい最終回でした。(違)I

数話前から「おれ、この戦いが終わったら告白するんだ!」とか
言い出してたし、
後方での隠密行動担当だったはずが
前線メンバーの次々の死亡で戦闘参戦増えてきたりと
「次か、その次か」と恐れていた
私の萌えキャラでした(笑)。

だがしかーし!!
なんかかっこよすぎで拍子抜け。
オカシイ。アカメが斬るの仲間、ナイトレイドの死にざまにしては
綺麗すぎる…ていうか穏やかすぎる?というか。
シェーレちゃんの時は、敵のイェーガーズが会話してる画面の奥で帝具コロちゃんにバリバリと捕食され、
アニキはタクミを庇いつつ…そういえばこの人も男らしく敵を倒して死んだな。
チェルシーちゃんの時は、逃げる→追いつかれる→逃げる→当然のように追いつかれる→滅多斬り…
挙句さらし首&コロちゃんに捕食…の
視聴者までももてあそばれたような、そんな激しさと厳しさがあった。
あれ?男キャラはかっこよく死ぬパターンか!?とはいえ
どうあがいても、帝都に仇なしているのはナイトレイドの方で、
いくら気が狂っていようともイェーガーズの方が「正義」の名のもとに存在するという
善悪ひっくり返った世の中で、
正義が悪に嬲られながら残酷に殺される、
そんな悲しさが色濃く表現されるアニメだった…はずだ!!

だが今回!!
ラバックはかっこよく敵を倒し、
めっちゃ見せ場を作り、きれいな顔で走馬灯まで見てナジェンダさんへの想いを
これでもかと最後の最後まで美しい思い出とし、
帝具もパリーンと綺麗に破壊され、
「あぁ、こいつもう終わりなんだ」てシチュエーションで空を落ち、
かなりな高所から落ちたところにピンポイントでたくさんの槍が待ち構えていて
ざっくり刺されて絶命、という
とてもきれいな、視聴者に数秒心の準備をさせるほどに穏やかな最期でした。
そう見えたのは、わたしがラバック贔屓だからというわけでは決してないと思う。

タクミとともに帝都に侵入し、
初対面の城の次女とやらの案内でレジスタンスの隠れ家に着くも
すでに大臣の息子に全滅させられていたアジトで
新キャラのOpにも出てるおっさんとタクミが戦っている最中、
ラバックは大臣の息子と戦うも
なんか異次元飛ばされたりもしたけれど、大臣の息子に辛勝。
なぜか空高くから大臣の息子ともども落下!!そして!!

て流れなのですが、
このラバックの緊迫した「レジスタンスのアジト~」のあたりから、
もうね、女の棒読みが気になって気になってね。
ラバックを羽交い絞めにして敵に首切られて、
そのごむっくり起き上がってまたラバック羽交い絞めにしてね、
かなりハッとさせられる場面なんだろうけど
棒読み過ぎてお前はゾンビか!と。不死身か!と。
浮き過ぎてなんだろうと思ったらOP歌ってる人だったよoh…
出るのは構わないけど、TPO考えてくれよ、ラバック死ぬ時に出なくてもいいじゃんよ。

あとさ、ナジェンダさん、
ラバックとは付き合い長いんだからさ!!
せめて20話ラスト、もう少し悲しんであげて!!
てか、タクミとラバック呼ぶときに、せめてラバック先に呼んであげて!!
別の意味で 私が泣く!!

あぁ、これがアニメオリジナル…
よし!これでネタバレ解禁だ!!と

(以下原作ネタバレあり)






ネットでちらっと見たら
原作もラバックやっぱり死んでた orz。
ま、まぁそれがアカメが斬るだもんね、ナイトレイドの儚いところだもんね。
てか原作の死に方 やっぱりアカメが斬るはこうでなくちゃ!てな感じだったよ!!
これアニメでしてくれてもよかったんじゃね!?
そりゃ規制入りまくるだろうけど!!
超泣ける死にざまじゃないですか!?
やっぱり拷問ダメですか!?
玉方っぽ云々(自主規制)で大臣の息子に辛勝して
「ナジェ…俺、玉(以下自主規制)~されても (仲間の事)吐かなかったよ」デスカ?
(原作未読なんだけど、これでセリフ合ってる?)
泣けるんですけど!!。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん

 マジンボーン OP変わった。 

季節の変わり目で、OP・EDが変わったアニメシリーズですが、
萌えアニメ「マジンボーン」がOp変更になりました。
3クール目なので、1・2クールを同じOPだったからまぁありかな。
でも前のOP好きだったからちょっと惜しい気がしてる。
とはいえ、次のOPもかっこいいから これはこれで良し!!(*^_^*)bグッ!

ギルバートがとうとう仲間枠に!!(大笑)
おめでとう!おめでとう!!
今まで半年間、
OPで仲間枠に入れずになぜかハブられ続け、
敵側の兄弟とセットのカット。
物語中に何かしら裏切りイベントでもあるのかというと何事もなく(笑)、
それどころか途中参加とはいえ1クール目からかなり仲間としてチームの勝利や成長に貢献してきたギルバートが
とうとうOPで仲間に入れてもらえました!
1クール目のEDでは組んだバンドにも入れてもらえなかったあの子がwww
なんか灌漑深いものが胸にコミアゲマス(棒)

2クール目にはEDが変わり、敵味方入り乱れた止め絵で
これまたいい曲だったので
変わるの残念だなと思ってたのですが
なんとEDはこのまま継続だった。止め絵は変わったけどね。
いいタイミングで変更したと思う。
翔梧のお母さんが出てきた回で、家族写真EDなんてめっちゃ心躍る演出ではないですか!!
今まで行方不明だったお母さんの、まさかの組織参加。
しかも今宇宙でアミュレットの研究中。
ルークのお父さんといい、家族がボーンに関わってたら
子供が適合者の確立が上がるとかだったらいいな。

最初敵だったリーベルトさんとその部下たちも
今ではまさかのいい感じの友情が生まれてきてるし
物語も、今までとは違った思想の敵が出てきて
かなり強引に戦闘に巻き込まれてしまうのがこれまたいい。

いままでもっちゃらもっちゃらしてた戦闘入りが、
めっちゃ緊迫したものになりました!
このアニメ面白い。
あと犬可愛い(笑)。最近出番ないよね、ちょろちょろしてたらマジで命が危険だからかな。
1話の翔梧をかばって敵に吠えてた桃太郎可愛かった。
でもあれを今したら結果放送事故ものになるかもしれないね。それは避けねば!!
今の敵の美形兄さんの悪人面ホントヒドイからね(笑)。

 ジャンプ+5洛山編 

今日の更新…
おうふ…まゆゆ…涙で前が見えないよ。
ジャンプ+5http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00000017_57

私吐血モノ(笑)。
守りたい、あの笑顔。
これはなんだ?「黛ショック」とでもいうのか?
誰か早くこの衝撃の回の呼び方を決めてくれと切に願う。

アニメ3期楽しみすぎて胃が痛い。

あとなんだかんだ言っても火神君が好き。

 ソードアート・オンライン2   22層のお家の話 

今日の日記を書こうとして開いた画面見たんだけど、
昨日の自分の黒バスくじにむけてのダダ漏れの残念感たらどうよ(笑)。

さて、それはそれとして。

SAOことソードアート・オンラインの2ですが、
キリトとアスナが生存をかけて戦っていたゲームのSAOで
ゲーム上の結婚をし、二人で新居を構え、
ユイという子供も迎え入れていたあの、平和層の22層のお家を
もう一度、購入しなおしたという回が先週だったのですが(笑)。

まぁ思い入れのある22層のあのラブラブお家をアスナがもう一度欲しがるのもわかるし、
キリトもそれを受け入れるのもわかるし、
まわりがみんな、お家に肩入れするアスナを気遣うのもわかる。
が、

大問題を起こしたSAOの層をそっくりそのまま復元するのがわからない(笑)。

前から思ってたんだけど、
大丈夫なの?大問題おこして、多くの人の心に傷を残したあのゲームを
いくら系列だからって外装やらいろんなのそっくりそのままって大丈夫なの?(笑)。
世間で問題になってないの?と。
うん、余計なお世話だよね、そうだねゴメンネ。
まぁSAOで生き残った人だけが今のゲームにログオンしてるわけなんだよね。
シビアだわ。
そう考えると重いゲームアニメなんだけど、
実際新しい家とか新しいゲームとか、わくわくするよね!!

私もSNSで自分の家スペースいくつか持ってるけど、
(SAOとは月とすっぽんの外観だけど/笑)
新しい家とか部屋って興奮するよね!!
この前、ちょっと好みか持っていう新しいゲーム見つけて
ログインしようかなって思ってるんだけど、
ログインしてない今からわくわくしてるわwww
ドラゴン育てたい(大笑)。

アスナが家を買って、うわぁって喜んだの
ものすごく気持ちわかるわ~ってなっちゃったよ(笑)。

現実でもあんな感じで小さくてもかわいいお家が簡単に買えたらいいのに…(最後急にリアルな/笑)

 黒子のバスケ 一番くじ  放課後ver.2 の発売の日  

だったんだけど、
公式「一番くじ」のページにて、発売店探しても近所に無くて
もう昨日の夜からもやもや~もやもや~とした気分で
やさぐれております。

本日も、数店、「ひょっとして記載漏れがあるかも?」と
薄い期待を胸に抱き、目星をつけたコンビニとか本屋とか行ってみたけど
無かったので
やさぐれております。

某SNSで「発売店が近所に無くてさ~遠い店も数が少なくてさ~」と
ぐずったところ、他県の友人から「うちの県もだぜ!☆」と言われ
検索したらそこも少なかった。(笑)

でもあんた黒バス買わないじゃん!!☆

ここにきて、どうしたんでしょうね、黒バス一番くじ。
前回の「 放課後ver.1」の時まではものすごい数の発売店だったのに。
まさか勢いがすたれてきたんでしょうか?
まさかね!!
これからなのに!赤司さまが!!まさにこれからなのに!!(大笑)

でも発売店が、もし日本中で少なくなってるとしたら、
今回の「放課後ver.2」は品数からして少ないという事もあるのかな。

というわけで、勢いでヤフオク申し込んできたったー。
どうか無事にお取引が終了しますように。

今回どうしても誠凜ファイルが欲しかった…。

ところで、この先、
来年の一月から「黒子のバスケ」3期が放送される予定です!!
とうとうラスボス赤司様のご登場です!!
そして、この先、きっと一番くじも「洛山ver」が出るはずです!!
黛さん!早う!早う!!
黒バス一番くじは、まだまだすたれませんよ!!多分!!

はぁ、くじ引きたかった…。
品物も欲しいけど、くじのどきどきも欲しかった。

ところでさ、最近ものすごい一番くじの種類が出てますね。
驚いてばかりです。
昔のアニメのグッズとかくじになって出てるの見ると楽しいです。
でも黒バスしか買いませんけど。(笑)

一番くじに興味のある方はこちら。
http://1kuji.bpnavi.jp/一番くじ公式HP バンプレスト

買う気は無くて、品物見たいとかだったら
お近くのコンビニに行ったら
何かしら、グッズがある棚があると思います。
「A賞」とか「F賞」とか、○賞って書いてあったら
まさにそれ、一番くじです。
一回600円くらいしてお高い印象があるけど、
たまに、ごくたまに当たります。
私も他のくじでA賞黒子くん(くじ中一個しかない)当てたり、C賞赤司様(くじ中一個しかない)当てたりしました。
火神君が当たった事無いんだけどね!!(泣)。
欲しいものって当たらないんだよね。うん。
それにしてもさ、最近の黒バスくじってきゅんキャラが多いんだよね。
最初のころの一番くじはアニメグッズばかりだったのに。
きゅんキャラも人気高いんだけど、
個人的には3Dより2Dの方が好きですゴメンナサイ。
だからいつも、ファイルとかバッジとかの下位賞ねらう(きゅんキャラは高位賞)んだけど、
狙うと当たらなくて、なぜか高位のきゅんキャラ当たってしまう時があるんだよね。
しかもしっかり火神君避けて当たるんだよね。
ってのをこの前コンビニの「放課後ver1」のくじ引きながら店員さんに話したら
「わかります!!そうなんですよ!狙うと当たらないんですよね!」と
予想外の援護射撃もらって嬉しかった。
あの店員さん、今回どっかで引けたかな。

 ダイヤのA とうとう沢村君がマウンドに!! 

こちらもOP・EDが変わった。
決勝戦の相手もかっこよくOpに出てきてます!!

地方大会決勝戦、
とうとう沢村君がマウンドに上がりましたね!!
エース投手丹波さんから託されたボールを握りしめる姿に
灌漑深いものがこみ上げます。
野球は(というかスポーツ全般に)全然詳しくないので
試合のどこで盛り上がるのか、
なにがピンチなのか、見ていながらもよくわかっていない私ですが(笑)、
沢村君がマウンドに上がっただけで
血沸き肉躍る感じになってますよ!!
盛りあがってますよ!!

あの子が吠えてると楽しくなってきますよね!
ぜひこのメンバーで甲子園に行ってほしいとは思うのですが
これで敗北するのもありだと思っています。
後輩からセンパイと呼ばれる沢村君もありだな、と。
甲子園に行けなかった悲しさや悔しさが
沢村君をはじめ、ほかのメインメンバー1、2年の奮起する姿につながるとか、
そういうのも想像するだけで萌え。

それにしても、打たせて取ーる!の戦法だった沢村君が
登板ですぐ敵のメインキャラ相手に三振取ったのが
これまたもうかっこいいぞ!!
この先、投手でのかっこいい燃えるシーンも楽しみだけど
ここぞというときの上手なバンドも楽しみです。
敵の意表をついてやれ!!

あと小湊(兄)が試合最後まで持つのか心配。
てかたぶん持たない。
次あたりで交代かな。
小湊(弟)と交代したら萌え。

 アニメ繰繰れ!コックリさん   

イイカンジにアニメにアニメになってると思う。
のんびりゆったり見れる
日常系ゆるゆるアニメ。

なんであんな小学生低学年の幼女が大きな日本家屋で
一人暮らししてるのかとか
不思議設定多いけど、
まぁそれは昨今の日常系アニメの「親がいなくてお年頃の女の子がみな子供だけで暮らしてて
なりたっている」ていう
不条理設定として受け入れるしかあるまい。
だからこその
コックリさんの家庭的介入が必要だし
他の化け動物がどんどん同居していく大家族ものになっていく
面白さがあるんでしょうね。

OPのラスト、
家の前で最初はこひなとコックリさんだけしかいないんだけど、
あのスペースにはきっとこれから話が進むたびに登場人物たちが
どんどん増えていって、
最終的には賑やかな一枚絵になったらいいな、と思う。
萌えは無いけど。
犬科なので癒しはあるけど、
みんなで寄ってたかって成人男子なんだもん。
萌えへんよ(笑)。

 白銀の意思 アルジェヴォルン やっとOPが変わった。 

1クールを終えてもOPが変わらないまま
EDだけ変わったので
「このままOP変わらないで物語を終わるのかな」と思ってました。
個人的には2クール物はOPは曲がずっと同じ方が好きです。
でも昨今の2クール物は登場人物が増えることが多くて
OP・ED変わるパターン多いですよね。

で、この「白銀の意思 アルジェヴォルン 」。
前のOPはどうも好きになれなかったんですよね。
というか、物語もなんか好みとは違った。
わたしが「制作がXEBECだキャッホー!」と浮かれすぎたのかな。
おにゃの子キャラ可愛いーと楽しみにしすぎたのかな。
思った以上にジェイミー以外の女の子たちがモブ化してます(笑)。
なんだー女の子ロボット乗らないのかーと思い続けて1クール。
やっとロボットに乗る女の子出てきて、時期を合わせてOP変更!
新しいOPは、やっとXEBECらしくなったよー!!と嬉しかったです。

好みの問題だとはわかっていますが、
前のOPの曲は良かったと思います。
でも絵の演出が「めんどくさそうなアニメだなー」て感じてました。
主要キャラの顔アップが多く、目の下とか頬がピクピクと痙攣して
何かしらの感情(主に怒り?)を表現し続けるんですよね、数人が(笑)。
めんどくさいアニメだなー(笑)。
ジェイミーにいたっては、口元のアップで、
口をもごもごさせて唇をかみしめる、と。
初見の時本気で「ガム噛んでるんか?」と錯覚しましたごめんなさい(笑)。
曲のリズムに乗ってロボットのアルジェボルンのイイカンジの動きは
銃をバンバンバンバンって撃った時の「ハイッハイッハイッハイッ!」(注:耳コピ)だけだったんだよね。
ロボット物なのにOp動き少ないぞ。

でも2クール目になって、
これ(OP)だけ見たら面白そうなロボットアニメだと思えます。
物語もお姉さんの死因がわかってきたり、
実はそれがアルジェ通じてトキムネにつながってきたりと
やっと点と点が線でつながり始めました。
あぁ、トキムネのシスコンぽいの、頑張って視聴し続けてきたかいがあったよ。

あとね、新しいED。
ジェイミーにそんなお色気いらない。(プンスコ!)

とはいえ、なんだかんだとダメ出ししながら、結局見てしまうのは
やっぱり何かしらの魅力のあるアニメなんじゃないかって思ってます。
萌えは無いけど。(笑)

 NARUTO ナルヒナ万歳 

最終回前から映画ネタと合わせてネタバレ満載だった
ナルトですが、
とうとうヒナタとの家庭を築きましたね!!
私まだ読んでないんだけどね(オイッ!/笑)。私、単行本派なんだ。
幼少のころのナルトの、まだまだ孤独でちょっとだけ腐っていたころのナルトの頑張りを
ずっと見守り続けていたヒナタとうまくまとまって本当に嬉しいです。
そういうわたしは一次試験のころからナルヒナ派。

こんな可愛い子がナルトを好きでいたのか!!と衝撃でした。
この子の気持ちは本気だぞ、と。
彼女の「まっすぐに、自分の信念は曲げない、それがわたしの忍道!」と言い放った
あの子の想いは本物だぞ!と。

どうもサクラは応援できないというか、可愛いと思えないというか。
昔から「ナルトにはヒナタがお似合いだ」と信じてました。
時には周りに「ヒナタなんてモブ」て言われたり
「ヒナタよりサクラの方がかわいい」て言われたり
「サクラがヒロインなんだからきっとサクラがナルトを好きになって終わるに決まってる」て言われたり
し続けても、
かたくなに「ヒナタの方がお似合いだ」と言い続けたかいがありましたよ!!

でも途中でナルトの母親が出てきて
「自分に似た女性を選びなさい」とか言われて
サクラエンドになりかけたときは
さすがに心折れかけたけどね(笑)。

物語自体も、サスケとの関係や忍びの歴史などが本筋だから
恋愛モードは時々絡ませ程度でしたし、
またそれがいい按配で読んでいても楽しいスパイスではありました。
実際どっちとくっつくか、てか誰が誰と恋愛モードになるかは
いろいろ布石はされるもののはっきりとした仲になることが無いのが
最終回まで「どうするのどうするの」とわくわくできたのが良かったです。

最後、正直、ナルトがサクラとうまくいっても文句は無いつもりでしたが、
ヒナタと温かい家庭を築いたとなったらもう感無量です。

それにしても
私が生きてる間に終わってくれて良かった。
これが本当に感無量です。

 アニメワールドトリガー 久々のジャンプの王道漫画(アニメ)だと思う 

リアルな日常に似た世界で
非日常となる妖魔(ネイバー)のような存在と
正義の団体が戦い、世界の平和を守る。
メイン主人公は15歳の中学生。
あまり強くはないが、
不思議な少年と知り合うことでより深く世界の真相に迫っていく。

これは面白くなる予感がします!!
主人公のメガネ君、今となってはこの真面目君キャラが一昔前のメガネキャラの性格に思えます。
多分銀魂で新八がさんざん本体扱いしたせいで
今のメガネキャラが突っ込み担当や、オタク要素入ったキャラ、へたすりゃメガネが本体というのが刷り込まれている今の時代には
逆に新鮮(笑)。

対して不思議少年の方ですが、
実は!!
敵のネイバーそのもの!!ってこれも懐かしい感じの設定!!
しかもネイバーそのものだから強い強い。
見かけが華奢な少年だから、ギャップ萌えというやつでしょうか。
個人的にはもっさり感が好みではありますが
話し方やあっけらかんとしすぎているところから個人的には萌えモードにならず、
結構落ち着いてみていられます(超個人的見解/笑)
最近ではこういう立ち位置はかわいいヒロイン枠なのですが、
やっぱり少年漫画のメインは少年同士の成長と友情の方が
わたしは萌えます。あ、いや燃えます。

これからネイバーを倒すかっこいいいろんなタイプのボーダー隊員たちが
たくさんわらわら出てくるんだろうと予想。
いろんなタイプの萌え対象が出てくるのは大歓迎です!
とはいえ、いかんせん早朝アニメということで、
お姉さま方より少年視聴者対象アニメだろうね(笑)。
長期アニメになりそうな予感。

 TERRAFORMARS 負けるな人類! 

地球が平和に暮らしている未来。
人は火星に移住計画をたて、火星を人の住める星に改造しようと
あの手この手を尽くそうとしたんだろうが
数種の草物(これはいい)と、何を思ったかゴキブリ(以下G)を火星に放った。
大繁殖か?足の踏み場も無いか?と思ったら大間違い。
人間の大きさに進化しました。バカヤロウ!!
そして繁殖もしてました。バカヤロウ!!!
知恵もつけたようです。バカヤロウ!!!!
そこらで人類が「手を打たなきゃ!」とG退治に何人か向かわせますがG共に襲われてクルー全滅。
そのクルーの子供世代が主人公。
なんとクルーたちは人体改造を行い、昆虫の性質をその身に宿らせていた。
次世代にももちろんその手術が行われた。しかもパワーアップ付きで。
ところが火星Gの方も、先代クルーの昆虫能力をどうやったか取り込み、
火星を舞台に人類存亡の戦いが繰り広げられる!!
という話。

個人的にはもうぶっちゃけ、火星ほっとけや と思わずにはいられない。
ムリだよ、もう物理的にとか以上に見た目がムリだよ。
でも地球ではびこる病原菌の抗体のため、頑張って火星Gを調査しなきゃならない。

とはいえ、原作1巻読んだだけでも鳥肌物のきしょくわるさだったのが、
アニメの最初の方は動きもビジュアルもあまり気色悪くなかった。
地球のGもうっすらモザイクかけてくれる製作者側の心遣い。
だが現クルーが6方向に散開してからというもの、
本格的な戦闘にはいってからこっち、
現クルーも反撃始めて戦闘らしくなってきた!!
ばったばったとGを倒していくのは溜飲が下がるよ。

味方も何人か死人が出たし、
なにより仲良しの女の子がさっさと死んでしまった。
いい子だったのに。

最近のアニメ(漫画もだけど)では
命を懸けた戦闘してますが宣伝のアニメのくせに、
死ぬ死ぬサギか、はたまた死んだ死んだサギのように
味方や存在の濃い敵は死ぬっぽいドラマを仕掛けておいて「誰も死んでません」的なハッピーエンドばかりなのが
なんていうか…ぬるいというか、浅いというか、そう感じてしまってあまり好きではない。
「誰も死ななくてよかった」て意見を聞くたびに
「そのキャラが死んだことを悲しんだ終わりの方が、気持ちに残るのに」と残念に思う。
死んだ方がいい、と言いたいわけでは無くて、
死んだ設定を覆すこともないだろう、と思う。
好きなキャラが死んだり、好きなキャラが悲しむ姿を見たくないってのもわかるけど
「死んだときの悲しみ」も見て取れるストーリーもありだと思うの。
それは決してマイナスな感情に育つだけではないと思うの。

だから、こういう「TERRAFORMARS」や「アカメが切る」のように
味方がどんどん死んでいく、ていう物語が
わたしは大好きだ!!
だって強い敵に立ち向かうんだから、
味方は削られて当然なんだ。
ドキドキワクワクしながら、死者に対する思いを持って、
生きている彼らを見守りたい。

あと、多少のイケメンのためなら私はバンジージャンプ頑張れる!!(笑)
コントみたいであのシーン笑えた。

 アカメが切る 18話 緑の死亡フラグは折られたか!? 

先日、17話で仲間のチェルシーちゃんが惨殺された感想を涙ながらに語ったところ
「次の週はマインの髪飾りに注意して見て」とアドバイスをいただいて(ありがとうございます)
楽しみに見たところ
みなさん気が付きました!?
マイン(ピンク)ちゃんのツインテールのところの髪飾りが!!
いつもなら白いシュシュだったのが!!
お出かけ時にはでかいピンクのリボンだったのが!!
チェルシーちゃんのリボンになってました!
赤くてぴょこんと先が立ってるの!!
何これグッとくる!!

18話物語冒頭から、
悲しみに浸ってる時間無い!てな雰囲気で、
作戦は次に宗教団体襲撃作戦に移ります。
だから何も説明無し。
主人公タクミが悲しんだって表現はありますが、
それも時間的に乗り越えなくてはならなくて、
他の人の悲しみ具合が表面化してないけど、
悲しんでないわけないじゃない!!。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン

何これマインちゃんどゆこと?
あの子、死んだ仲間(女子限定)の残したアイテムを
何かしら引き継いで行ってたの?
ずっとそうして背負ってきたの?
なにそれいい子じゃん!!
登場したとき、ピンク髪でツインテールでツンデレで
「あぁ、この子ヒロインの当て馬キャラじゃん」とか思ってごめんなさい!!
ひょっとして、シェーレ(紫)ちゃんの物も何かしら引き継でるのかな?
パッと見わからないから、アクセとか何か小物とか持ってたりしたら
全私が泣きます。
でも教祖だか誰だかに、主人公との「赤い糸が~」て言われてたので
「あれ?やっぱりヒロイン(アカメちゃん)への当て馬キャラ?
これってタクミとイイカンジになった矢先に死亡するフラグ?」とか思ったよ。
ピンクちゃんもやばそう。

やばそうといえば、
最近やたらめったら死亡フラグを量産しているラバックですが
今週生き残ったよ~!!
何あの子かっこいい。
今週かっこいい!!
今まで後方で、どんな戦い方するかってあまりメインになってなかったし、
死亡フラグ量産してたから前線には正直出て欲しくなかった。
ぶっちゃけ、ビジュアルが超個人的好み。萌え!萌え!!
そこそこ強いだろうけど、イェーガーズ相手は戦えないんじゃないの?とか思ってた。
しかも偵察に出た途端に敵の四天王っぽい人たちにばれてたし。
もう今週でダメかと思った。
しかも敵の四天王ぽいの、もう名前も忘れたけど登場が「超強い、残虐な4人」て感じだったから。
てか、ラバックが強いのか、この四天王が弱いのか、微妙なところだよね(笑)。
四天王さんたち、帝具なくても俺たち強い!てスタンスの人たちで、
「小さい頃から~を食べてたから腕が伸びたりするんだぜ!」て戦い方だったんだけど
アカメとラバックに瞬殺されてた。
やっぱり帝具が無いとどれだけ特異体質で普通より強くても出落ちになるのかな(笑)。

とにもかくにも、ラバックの死亡フラグが折れたと信じることにします。
黄色のお姉さんの切断されたのをこれからも治すシーンとかあるかもだから
当分大丈夫かな。
もう少し、大丈夫かな。
でも多分、次かその次か、だよね。覚悟はできてる!!
だってさ……
「ラバックのステキ画像あるかな~」と
「アカメが切る ラバック」で画像検索しようとして
同種検索に「ラバック○○だ」(ネタバレにつき伏字にしております)
と出たときの私の衝撃やいかに。胃がきりきりしたわwww。
もう検索しない!!
アニメ終わってからかっこいい画像探す!

 犬日記 その同時刻には。 

先日、愛犬ひなたちゃんがシベハスちゃんに振り回されて
病院で治療を受けていたとき。
わたしはもう一匹の愛犬大護君をお家で留守番させていました。
その時の様子が、
昨日になってご近所の犬友さんの口から語られました。
(注:犬友=犬を飼っている人たちのご近所コミュニティ。散歩などで広がっていく)

現在ひなたちゃんは白い体に映えるブルーのエリザベスカラーを付け、
昨日も散歩に行っておりましたところ、犬友さんと会いまして
犬友「ひなちゃんどうしたの!?」と聞いてくださったので
滝上「これこれこーで、シベハスにうんたらかんたら」と話したところ
犬友「それって火曜日!?」

聞くところによると、わたしがひなちゃんを病院に連れて行っている最中、
留守番をしていた大護くんでしたが、
犬友さんが我が家の前を通りかかった所
いつもならおしりごと尻尾を振って挨拶に「わんわん!」と一声かける大護君が
しょんぼりしてスペースの奥に引っ込んでおり、
あまりのしょんぼりさに「飼い主さんに叱られてお仕置きでもされて、家に入れてもらえないでいるのか?」と思わされたくらいだそう。
(注:実際には叱ることはあってもお仕置きなんてしたことないですよ/笑)

目前でひなちゃんが自分の目線より高いところで振り回され、
あまつさえ出血して大騒ぎになったのが
やはり大護君にもショックだった様子。
病院からひなちゃん連れて帰宅したときはいつもと変わらなかったのにな。

その話聞いて、私感動泣き。
犬友さんもらい泣き(笑)。

私の気が回ってなかったけど、大護君もいろいろ考えてたんだな、と心がほんわかした。

 ちょっとした事件がありました。 

実は昨日、愛犬ひなたちゃん(小型犬・Mシュナウザー)が
逃亡してきたシベリアンハスキーに襲われて病院に行きました。
首根っこをかまれて振り回されて、
追いついてきた飼い主と一緒に引き離したら
耳から血がどーっと出てて
もうガタガタ(私が)震えながら病院に駆け込んだのですが
(時間外でしたが行きつけの動物病院でしたので電話したら
先生がいてくださってすぐ対応してくれました)
大型犬に噛まれて正直もうだめかもと思いました。
が、
なぜか元気な愛犬。
あれ?
病院に駆け込んで、手術台に乗せられる元気な愛犬。
あれ?
噛まれていたはずの背中の毛を狩られても傷一つない愛犬。
あれ?

結果、シベハスちゃん(メス)は
加減を知らないじゃれつきで
ひなたちゃんを振り回してしまい、
怪我をさせただけで、
噛まれてたのは着せてた服でした。
噛まれた直後、ふらふらしてたのは
どうやら目が回っていたようです。
耳のけがは歯が当たって切れたので、
貫通はしてませんでした。

先生曰く、大型犬に小型犬が本気の攻撃を受けたら
これくらいではすまないぞ、と。
肋骨折られるし、耳も引きちぎられてただろう、と。

正直腹が立ったけど、飼い主さんも病院までずっと追いかけてきてくれたし、
謝ってくれたし、
なにより、
一日たったら昨日の、あれだけの惨劇のように見えたのに
軽傷だったのが本気で「よかった」と思えて安心できるようになりました。
腹が立ったけど。

今はひなちゃんはエリザベスカラー付けて
療養中です。
毎日抗生物質飲んで、軟膏塗ってます。
順調に治りそうな予感です。

いやはや、昨日で私の寿命が縮んだ気がします。

シベハスちゃんも優しい子だったんでしょうね。
腹が立ったけど。
引き離すとき、私が背中掴んでも私に一切攻撃してこなかった。
それにしてもわたし、
必死で片手でシベハスの上体を持ち上げてしまってた。
おかげで今日、右手が筋肉痛で上がりにくいです。
散歩に出てすぐの出来事だったので、
助けに飛び出してくれた近所のおば様が
「滝上さんがシベハスに襲われてる!!」て勘違いしたらしいwww
片手でシベハスの上体を持ち上げてるその時が、
どうも私にシベハスがのしかかってたみたいに見えたらしい。

人ひとり死んだ!!と思ったらしいwww
おばさん!わたし生きてるからね!(*^_^*)b

とにかく愛犬が無事でなによりです。
二匹つれて散歩に出てたのですが、
もう一匹の大護君はまるっと無事でした。

というわけで、「アニメ楽しい~」って書ける気分じゃないので今日は愛犬日記で。

 バイオハザードⅤの映画 テレビで見た。 

地上波初放送。
今まで映画に出てきた人気キャラ大集合の巻だったでござる。
ゾンビが少なかったでござるよ(笑)。

大型がなかなかの迫力だったけど、
やっぱりバイオハザードは
女性同士の肉弾戦より
大人数のゾンビから逃げ回ってる方が面白いんだけどな。
映画が進むたびにゾンビたちが少なくなっていくよな。
今回の映画の冒頭の
ニューヨークの郊外設定のめっちゃ元気なゾンビ達がすごかった。
足早ッ!!
ゾンビ元気すぎるやろwww。

ただ、毎回ワンコゾンビが出てきて主人公たちに「えいや!」とやられてしまのが
ワンコ悪くないのにィと心が痛んでたところ
(いや、戦わないと主人公やられちゃうんだけどね)
今回ワンコゾンビいなかった。そこは良かった。
悲しいワンコはいなかったんだ。

ところでさ、映画の最後に視聴者プレゼントで
PS3のバイオハザードのソフト何名様~てあったんだけどさ、
今PS4が発売されているうえに、
この映画楽しんでみてる人でPS3の本体持ってる人なら
たいていプレイしたんじゃなかろうか?と思ったわ。
今3のソフトって。ソフトだけて。
本体付けてくれたら応募したのに!!(本音。私3持ってない/笑)

大体さ、ソニーさんさ、PS3とPS4の互換性のなさってあれどうよ!?
なんで3も4もそれ用のソフト以外はできないのよ?
同じソニーなんだから4でも1や2や3のソフト出来るようにして欲しいよ!
2が1をできる以外は互換性無いなんて悲しいよ!
任天堂みたいにGBAソフトをDSでできるてくらいの器量が欲しいわ!
「俺の屍をこえてゆけ」みたいに後世に引き継ぐくらいの根性見せて欲しいわ!!

まとめると「ゲームしたい」。

 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 感想 

世界の表裏の設定がおおざっぱなのか壮大なのか微妙だが、
姫様の性格が悪いということが4話終わってもまだ
変化の片りんも見せないアニメ。

舞台はどこかのある王国。
世界は念動力のような力「マナ」をもつ進化した人間が主となり、
マナを持たない人間を「ノーマ」とさげすんで各付けしていた。
人々はマナの力で平和を構築でき、
マナを持たないノーマは人として扱われることすらなかった。
例にもれず、ノーマを蔑んでいた王女アンジュリーナは16歳の誕生日に
国民の目前で自らがノーマだということを公開されるも
実は王女自身も自分がノーマだということを知らなかった。
辺境に隔離された王女はアンジュという名に訂正され、
マナをもつ人々の世界を守るためと他のノーマと共にロボットに乗ってドラゴンと戦うことを強制される。
いまだ自分がノーマだと信じられない頭の固い王女様は
仲間であるはずのノーマたちを「虫けら」と揶揄したり、
王女の命令無視で仲間が死んだことを同じノーマに迫られてもケロリとした顔で
「ノーマは人ではありません」と一蹴した。

見ていてイライラすることうけあい!!(笑)
ほんと腹立つわ。

このノーマは世界でも女性しかならない。
ならない、というか、マナを持って生まれないことがあるのが女性だけ、という設定。
衣装はなかなかにセクシー系。
女性だらけの「男の萌えアニメか」と思ったら
意外とハードな設定で、人が死ぬときはもうドッと来てガッとなる。一瞬だ。
あとお胸もあまり揺れない。巨乳なんだけど揺れない。がっちりしてるよひょっとして筋肉?
今は王女様に救いがない、ということもあるけれど
王女様ハート強すぎだから、
どちらかというと王女の周りの人のいい人たちの方がHP削られてる気がするわ。

萌えは無いけど、ノーマを虫けら扱いしてた姫様が、
どう変わるのか、とても興味がわいてくる。
なんてたってこの王女様、
母親がノーマの赤ん坊を取り上げられる現場に出くわし、
母親に「あんな失敗作のことは早く忘れて、次はちゃんとした子を産めばいいじゃない」と言ってのけた鬼畜。
アニメがもうこれでもか!と言わんばかりに王女の鬼っぷりを出してきますよ!

これは最初は見ていて気分のいいものではないです。
どうか最後はノーマたちが穏やかに暮らせる世界になりますように。
これだけ心痛めながら視聴するんだから、ブラック・ブラッドみたいに「差別は何も変わりません~」で終わるなんてこと
しないでほしい!!

 アカメが斬る! ラバックが最初に危ないって思ってた 

2期が始まり、ナイトレイドの欠けた人員を
新キャラ2名でおぎない、
さぁイェーガーズとの面と向かっての戦いが始まったその時!!
後方で構えていた緑のラバックが
「この戦いが終わったら 告白しよう」
おいおいおいおい死亡フラグ立てちゃったよ!!
新キャラに超絶強力キャラでた途端に
華奢な男の子死亡フラグ立ったよ!
と 息巻いていた私ですが

死んだのは別の子でした。
新キャラとして登場したチェルシーちゃん。
変身能力持っていて、結構強かった人が
死体を町民たちの目前にさらされるという悲しい終わり方に。
まさか、と思いましたよ。
あぁ、でも戦いでお人よしはダメっていつもタクミたちに言っていたあれは、
一生懸命自分にも言い聞かせていたってことなんだよね。
結局は「仲間のために、もう少しで!!」ていう気持ちが逃走できないところまで、敵を追って行ってしまった。
いつもチェルシーのちょっかいに
意地になって抵抗していたマインちゃん(ピンク)はこの事実を知ったらどうなるんだろうと考えると心が痛みます。

とりあえず、緑よ、お前は告白はやめておけ。
今は危なすぎる!!
イェーガーズ怖すぎ。勝てる気がしない。

 SHIROBAKO  2話と3話 

アニメ好きの心をがっちり捕まえたSHIROBAKOです。
2話も3話も面白かったですよ!!
一つの作品を作るために、追い詰められていく人々。
ぎりぎりで設定変えてくる監督。
貫徹で走り回る主人公。追い詰められて現実逃避(笑)。

主人公の担当する4話の1シーン、
3人の女の子の一人黄色の子の「私 知ってた!!」の1シーンのために
どれほどの熱い思いが詰まっているか!!というのを
拝見させられた!!熱かった!!

その間に、いろいろ挟まってくる他のアニメのたとえ話。
そもそも3話の副題「総集編はもういやだ」て(笑)
どのアニメのたとえ話なんだよwwwガルパンだとか話題になってるよ。
監督がガルパンの人らしいね。
他スタジオならアニメ好きがすぐ思い出すのは種ガンとか運命とか?
それと、「これまで間に合わなかった作品ないから落ち着いて」的なこと言われて励まされてたけど
(いやあるだろ!)と視聴者突っ込んだだろうよ。
そしたらアニメ中で「あるでしょ」て突っ込まれてて
「これまで間に合わなかった作品は…
ほぼ概ねごくごく一部を除いて、ないから落ち着いて」て言い直してたwww

記憶に残る最近の間に合わなかったのって「新劇の巨人」だわー。
あれ関西は間に合ったけど。遅放送でよかったわ。
でもニコ動で比較見たわ。
Aパートがまるっと静止画だった。
きっとあれもこんな感じで大騒ぎだったんだなと想像しちゃったよ(笑)。

なんかいろいろほかのアニメまで思い出してしまう。
それにね、刺激的なセリフがけっこうあるんだ。
「作画崩壊より 綺麗な止め絵!!」とか(大笑)。

ほんと面白いわこのアニメ。
4話が間に合って本当に良かった。
最後に流された「私 知ってた!!」のシーン、ものすごく良かった。
監督じゃないけど、グッと来た。
あこまで昇華させるなんて、あの騒動のかいがあったと感動した!!

 ガンダムビルドファイターズトライ キャラ萌え。 

今、「ガンダム Gのレコンギスタ」という本格派ガンダムが放送してますが、
同時に「え?ガンダムが2個も放送してるの?」というわけになってます。
歴代初の試みだそうです。ガンダムシリーズ同時放送。
こちらはガンダムプラモデル、略してガンプラアニメだ!!
ガンダムのプラモデルを作り、それらを仮想空間で操作し戦わせ、
試合形式で勝敗を決っするという箱庭ゲームアニメである!!

前作のガンプラアニメはイマイチキャラ萌えできなかった。
ちなみに私はロボットアニメは基本苦手(ロボットがよくわからない)で、
キャラに魅力があるかどうかで作品評価する傾向があるのですが、
このガンダムビルドファイターズトライはがっつりストライクでした!!
可愛いよ後輩男子可愛いよ!!
「センパイ!」とか呼ばれるの興奮する!!www
わたしだって学生時代は部活動してたから年下男子に「先輩」て呼ばれたことあるけど、
もうこの主人公に呼ばれた時ほどの興奮なんてなかったわよ!?
やっぱり可愛い年下男子に呼ばれると世界が輝くわ!!
あ、ちなみに主人公の名前セカイ君ね(笑)。

舞台はガンプラバトルの人気が浸透し始めていた世界。
ある学校に転校した主人公セカイ君(中学二年)は
入学手続きで職員室にいたところ、
偶然居合わせた年上少女フミナさん(中学三年)にガンプラバトル部に誘われる。
格闘技を極めたいセカイだったが、
転校先の中学校は全格闘技を禁止した、頭脳派部活オンリーの学校だった。
ではガンプラのバトルで格闘技を生かし、極めてやると気持ち新たにセカイが入部したガンプラバトル部は
今や部長のフミナだけの部活だった!

てなところから、ガンプラバトルの大会は3人でチームを組んでないと出場できないと
3人目をゲットするなんて流れになるのですが、
もうOPで出てきてます(笑)。
なんとフミナセンパイの幼馴染!!
てっきりフミナと同い年なんかと思ったら
この幼馴染はなんとセカイのほうと同級生。
つまりはフミナよりメイン男子キャラ二人とも年下ですよ!!これはもう鼻血ものですよ!!(落ち着け私/笑)

ガンプラの戦闘も、段ボール戦記を彷彿とさせられるような
スピーディな戦闘で、
いっちゃ悪いが同時放送のGのレコンギスタと比べても…
比べるとこちらの方が現代的でかっこいい(言っちゃってる!!/笑)。

人間関係とか、話の軸になる元のロボットがプラモデルだったりと
年齢層はぐっと下がるとは思うけど、
見た目は断然レコンギスタよりもビルドファイターズトライの方が好みです。
絶対こっちの方が万人受けするビジュアルだと思う。キャラもロボットも。
問題はストーリーだと思う。
これからに期待!!

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



QR