2015-07-の記事一覧 

 純情ロマンチカ3 

大人気ホモアニメの3期目です。
オムニバス形式で、同じ世界の数人の主人公たちの恋物語。
ホモアニメです。
男同士の恋愛しかありません。

が、不思議な事に……
腐女子ではない私から見ても、このアニメ面白いです。
さすが大人気なだけあります。

普通に女の人もいる世界観で、
常識としてもなにも変な世界とか生活とかでもなく、
ただ単に、好きになった人が男性で、その相手も躊躇う人が居てもすぐカップルになったり、
そこかしこにホモが居て、もう人間関係の恋の矢印があちこちに伸びまくり(笑)。

時々キャラの見分けがつかなくなったり、
顔のバランスが気になりだしたりするけれど
甘いセリフがバンバン飛び交うシーンになるともう
聞いてるこちらが赤面し続けて血管キレそうです(笑)。

私的には萌えはありませんが、ニヤニヤしちゃいながら見ちゃう系アニメです。
ただ、見ている事は恥ずかしくてリアルではあまり言えません(大笑)。

スポンサーサイト

 監獄学園(プリズンスクール) 感想 

男のご褒美アニメ(笑)。
ニヤニヤが止まらない人もいることだと思います。
私は笑いが止まりません。
多少下品な言葉が飛び交いますが
昨今の男の萌えアニメと違う下品さです。

全寮制の元女子高が今年から共学になったので、
下心うはうはで入学した5人の男子。
だが、女子の方が強かった!!(大笑)
覗きの罪で5人の男子は校庭の中央の懲罰棟に投獄される(自業自得だよね)。

そんな男子たちをヒールで踏んだり、鞭で叩いたりを
巨乳の色っぽい女の子がノーブラでやったのを
男ども(主人公だけはまだ微妙な気持ちでいる)は「ご褒美」として喜んでるんだよね、
なんだこりゃ(大笑)。
靴をなめろって言われて、止める主人公に
なめろって言われた男子が「○○様の靴をなめられなかった!」て怒るんだよね(大笑)
もうね、あほか、と(大笑)。
そうきたか、と(大笑)。

現実的にはあり得ない展開なんだけど、
これはもうバカバカしすぎて面白い。

あの巨乳の女の子、ノーブラじゃなくて見せブラした方がもっと色っぽくなると思うのに、そこだけ残念。(私も何言ってんだか/大笑)
可愛い系も結構暴力的に大暴れするんだけど、短いスカートの下にジャージはいてて、全然パンツ見えない。
このアニメ、色気が売りなのかと思ってたら違ってた。
パンツもチラチラ見える事なんて無いし、
おっぱいもおっぱい担当の副会長しか揺れない。
お色気アニメじゃない!!(笑)

 それが声優! 感想 

この前「SHIROBAKO」でアニメ制作現場の裏側あれやこれやをやって、
大ヒット&大反響だったからか、
今度は声優界裏話あれやこれやでございます。

主人公は新人の声優の女性。
デビュー1年くらいの成長物語。

このアニメ、特筆すべきは「毎週人気声優がアニメの中にそのまんまで登場すること」。
可愛いキャラの中に、妙に絵柄の違う人が出てきて、
それが大声優の、DBの悟空の声の野沢さんが主人公と一緒に声優おお仕事の現場にいたり、
主人公の所属事務所に行ったら大声優神谷浩史さん(黒子のバスケの赤司)がいたりと、
中の人好きにはニヤリとする時がある。

物語の中の声優さんたちの様子が本当かどうかは別として、
ここぞというときに説明が入るのけっこう面白い。
実在する声優さんがアニメの中にフェイク入らないで出てくるから
リアル性がグッと増すってのはあると思う。

EDで、毎週人気アニメの主題歌をもじるところもアニメ好きにはイイカンジ。

 うしおととら 3話までまとめて感想 

昔の漫画を、原作そのままに今リメイク。
面白い!
うしおととらの漫画が連載してた頃は、妖怪モノが流行っていたころだと思う。
(漫画はコミックスで読んだので、ラストはどう片付くか知ってる)
連載が終わるころに、いちどアニメ化してたと思うけど、
その時のアニメが早朝6時ごろの放送で、周りが誰も見てなくて、「本当にアニメ化してるの?」て友人に疑われた覚えがある。
そしてそのアニメがイマイチだったのも覚えがある(笑)。物語途中で終わってたような?

まぁそんな歴史は横に置いといて。
そんな昔に一度アニメ化してた事が全くなかった事として(笑)
新しく、再び漫画の1話から丁寧にアニメ化されてて嬉しかった。
絵柄もそのまま。のわりに、女の子たちが可愛いんだよね。古臭くない。
まぁ今の「学校1&2の可愛い女の子2人」ていうにはお嬢様度が麻子ちゃんに足りないとは思うけど(笑)

さてさて、妖怪物のストーリですが
お寺の一人息子うしお(中学生)のお家は、お父さんと2人暮らし。
お父さんは「けもののやり」の昔話をいつもうしおに話してる。
うしおはお父さんが留守のある日、敷地内の蔵の地下の封印をうっかり事故で解いてしまい、
本当にけもののやりに刺さっている妖怪を見つけてしまう。
そしたら解かれた封印のせいで、妖怪たちが集まってきたよ!
そこに運悪く麻子ちゃん&真由子ちゃんが寺に来たよ!二人が妖怪に襲われてしまう!!
今までそんなことに無縁だったうしおは対処の使用が無い。
寺生まれだからって誰しもが除霊できるわけじゃないんだぞ!(笑)
そこで、うしおはやりに刺さっていた妖怪と取引をする。
「うしおは妖怪を槍から解き放つ。妖怪は麻子たちを助ける」
そんな取引、妖怪が守るわけないじゃん!
槍を抜いたとたんに妖怪大暴れ!!…しようとしたんだけど、ところがどっこい!!
うしおが槍の力に目覚めて妖怪退治ができるようになっちゃったよ!!
て流れ。

この先、いろんな妖怪といろんなことで戦いに身を投じていくことになる(はず)。
妖怪をパートナーとし、友情を育み(?)、いろんな年代の人と出会い、別れ、
少年と妖怪は、歴史を作る一つとなる(はず)。
大河ドラマばりの物語アニメにこれからも期待。

登場する女の子が今の流行アニメみたいなキュルンとした感じが一切無いのが
とても安心して見られます。
あと、不自然な色気も無いです。安心です。
ラッキースケベなんて欠片も無いです。安心です。

 赤髪の白雪姫 感想 ファンタジー少女マンガの王道で赤面が避けられない 

白雪という名前の赤い髪の女の子が主人公。
赤い髪が珍しい世界で、赤い髪で生まれた「白雪」ちゃん。
(親もなんでこの名前にしたのか。)
幼くして親を亡くした彼女は田舎で一人、薬剤師として生計を立てて穏やかに暮らしていた。
そこに赤い髪のうわさを聞きつけた自国のわがまま王子が白雪を妾にと登城を強制。
だがそこは「自分の力で運命を切り開く系の少女マンガの主人公ぽい」謎の雰囲気を察し(笑)、
王子の迎えが来る前に逃げ出した!
森の中に逃げ込んだ白雪が見つけた小さな一軒家で出会った3人の男女と共に、
王子のワナの毒りんごイベントをこなして無事、王子の追手から逃げだすことに成功した。

この自国のわがまま王子というのが、「鏡よ鏡よ鏡さん」とお決まりのセリフで登場したり、
毒りんごでもって白雪を追いこんだりと、まさに継母お妃のような役回り。
では救ってくれる王子様は?というと、森で出会った男女が実は隣の国の王子様と従者たちであった!!

という、本来の「白雪姫」の登場人物を少しもじってはいるものの、
信じられるか?白雪姫の物語を1話で全部やり遂げてるんだぜ(笑)。

ということで。

すでに2話目からは「白雪」という名前のヒロインが
王子様とお友達になって(王子様はもうメロメロ)
頑張って生きていくただのラブファンタジーになっております。

ぶっちゃけ白雪姫の物語はすでに関係無くなってるよ!!(大笑)

お相手が王子様で自分は平民、
乙女の夢を詰め込んだ物語であります。
「強がってるけど、本当は彼は人並みに苦しみも悲しみも持ってるの!
それを支えられるワタシでありたい!」ていう王道を外れてないので、
そういうのが好きな人には良いアニメだと思う。
それ以外にはこれと言って特別秀でたものは今は見当たらない。

 がっこうぐらし! ゆきちゃんの制服の色の考察 

これだわ!

がっこうぐらし! 一人だけ違うゆきちゃんの制服の色のネガポジを反転させると(にわか速報)
http://niwakasokuhou.com/archives/1033869856.html


ネガポジ反転だわ!!
気が付いた人スゴイワ。
鳥肌立ったわ!!

ゆきちゃんの見る世界が青い制服の世界で
本当の制服の色は緑なんだ。きっと。
だからゾンビとりーくんたちは緑(本来の色)で
ゆきちゃんの幻覚の他の生徒たちは青なんだ!きっと!
ユキちゃんは幻覚の世界に生きてるから自分の制服が青色に見えてるんだ!きっと!

はぁ~すっきりした~。
1話見た時から何かあるってもやもやしてたんだ~。
スッキリした~。

 WORKING!!! 3話くらいまで見た感想 

人気アニメの3期目。
病的に小さくて可愛いものが好きな男子高校生がファミレスでバイトする話。
物語のほとんどがそのファミレス「ワグナリア」で展開する。
主人公の周りは個性的な人ばかり…。ていうバイオレンス日常時々恋愛ドタバタ系。

で、3期が始まったわけですが
登場人物たちが増えていて、その行動が変態的だったり行き過ぎてたり、
ストーカー的なものだったり…ていう前作よりも、
若干大人しめ。
テンポも内容も、普通すぎて驚きです。
1話で壁を破壊していた女子高生のインパクトはどこに落としてきたのですか?(笑)
変質者のようにどこにでも現れ、気持ち悪いくらいに何にでも首を突っ込んできていた調理担当の相馬さんが
普通の人みたいになってるの、どうしたんですか?(笑)

1期2期と比べたら、まだエンジンが掛かってないのかな?って感じ。
絵は前と全然変わってないし、ちょこまか動くOPは健在。
可愛いってだけで、1クール乗り越える事も可能だと思えるアニメ。

 がっこうぐらし! 3話 あのとき…メグねぇが予想外すぎて。 

ネタバレ最初から言うから。
視聴まだの人は先に視聴してきて!!
早く!!
今回もすごいよ!
このアニメ、毎回どんどん深いの盛ってくるよ!!



ちょっ、めぐねぇがっ!!めぐねぇが!!(号泣)
死んでると思ってた。
主役級の4人と犬1匹に見えてないようだし、
屋上の墓は、きっと一緒に生き残った誰かの末路だと思ってた。
白いリボンがあったし。
だから土の下で安らかに眠ってるんだとばかり思ってた。
まさか…まさかゾンビ中であったとは。
あの墓誰やねん……あーっ先輩か!?まさかの先輩か!?(大笑)
屋上で死んだの先輩だったけど!!
いやでもまさかゾンビ埋めないよね。
じゃやっぱ先生か。
後ろで束ねていた髪が無くなってたから、それ埋めたか?

今回はめぐねぇ視点での、みんながゾンビになったあの日、を思い出して…の回。
廃墟となった職員室で一人、「これは遺書だ」と日記を書くめぐねぇ先生。
外は雨…雨っ!!
前回黒板に書いていた雨関係の漢字で何かあるとは思っていたけど!!
ひょっとして雨の日に!?めぐねぇは雨の日に亡くなったか!?
だから「めぐねぇ=雨」の印象が強く残ったのかゆきちゃん!!

じわじわ日常に紛れ込んでくるゾンビの姿。
学校に出勤する車とすれ違う救急車。
テレビに映る暴動。
テレビにどんどん映る暴動。
って、テレビにもうゾンビ映ってまんがな!!それを「~で大規模な暴動が~」て
ここ笑っていいとこなの?泣いていいとこなの?

まぁこれで、先週のくるみと先輩のシャベル回へとつながり、
屋上にいた生存条件が明るみになった。
でもやっぱり一人足りない!あの子がいない!!
犬に嫌われるあの子がいない!!あの子、本当に生きてるの!?
しかしくるみたん、躊躇なくシャベルを振り下ろした。くるみたんスゴイワ。
こういう選出スゴイワ。
「他のアニメなら躊躇うはず」「普通なら躊躇するはず」の垣根をさらっと越えたわ。
そうよね、もう無理って解ってるもんね、やらなきゃやられるもんね。
一瞬の判断が、彼女たちの命を守ったんだよね。
やっぱり生き残る子って凄いよ!!

それはそれとして、今回、主人公ユキちゃんが壊れる前の学園生活がちらと描写されてますが、
ちょっとオツムが足りない風で、しかもそれを周りからくクスクスされてた。
ちょ…心痛い。
だから1話の「最近学校が楽しい!」だったのか。
前はあまり居心地のいい場所ではなかった学校だけど、
今は楽しいんだね。大好きなめぐねぇもずっと一緒にいてくれるし、
仲間たちも優しいし、クラブ活動楽しいし、
クラスでもみんなが話しかけてくれる。
妄想の中で楽しく暮らすユキちゃんに めっちゃ心痛いわ。悲しいわ。
こんな絵とキャラと話と心象がめっちゃくちゃなアニメ珍しいよ!すごいよ!!

しかも、最後の最後に、めぐねぇの存在をこれでもか、と表現してくれたのがグッとくる。
めぐねぇはまだ、みんなを守ってるつもりで夜には本当に見回りしてるんではないか?
ユキがテントのチャックを開けて見た、教室の外の動く光だけは、本当のことじゃないかって思う。
それ以外はユキちゃんの幻覚だけど、
最期のりーさんとクルミの「怖い?」「めぐねぇを怖いとは思わない」て会話で、
ゾンビのめぐねぇがその時実際にそこにいるんじゃないかなって思った。
あとね、「サイレン」てゲームであるんだよ、
こんな風に、ゾンビもので、
外から赴任してきた小学校の若い女の先生が、生徒の子供を助け続けるの。
実際、操作キャラがコロコロ変わるな中、その先生と生徒の両方を操作するんだけど、
先生の時に、必死で子供逃がすんだよね。
で、その後、子供操作してたら、その先生がゾンビになってたってところで
私泣いたわ。
で、ゾンビになってても、最期にその先生が逃げ道をくれるの。泣いたわ。
今でも忘れない。名前忘れたけど(忘れてんじゃないかwww)、
ゲーム界隈で付いたあだ名は確か「妖怪くちびるげ」だった。ヒドイ。

それにしても、ゆきちゃんはなんか…野生ぽい何かを持ってるよね。
ゾンビの存在にすごい敏感なんじゃないかな。
だから、近づいてきたゾンビめぐねぇの存在も、ユキちゃんがパッと気が付いた。
前回の図書室でも、4人の中で誰よりも先に気付いてた。
今回テントにライトの光が当たったとき、
もし誰かが動いていたら、ひょっとしたらめぐねぇゾンビに襲われてたかもしれない、とか思うともう鳥肌物です。
このアニメ、本当に誰が生きてて誰が死んでるのか、本当にわかり辛くて怖すぎ。

ユキちゃんの制服の色だけが他の3人と違うのが気になって気になって仕方ないです。
ゾンビ騒動の前から色が違うのがわかってさらに私氏動揺(笑)。
実は、他の3人も生きてる?制服の色が違うってのはもうダメってことなんじゃない?とか、思ってました。
本当はユキちゃんボッチなんじゃない?とか、思ってました。
でも最初からユキちゃんだけが色が違うって…もうっどういう事なの!!
どうしよう、考えれば考えるほど悲しくなってきた((o(;△;)o))

 GOD EATER  1~2話感想 

アニメ絵なんだけど、塗りが美術系。
荒廃した世界で、人間が生き残るためにコロニーを作り、
選抜した人間を故意的に改造(?)し、
日々魔物と戦うサバイバルRPG風。
もともとはゲームなんだけど、
ゲームの世界観を壊さず、
さらにはゲームのOPの質感をそのままにアニメ化してる。
あっぱれだわ!!

主人公は少数の戦える人間の中でもさらに少数の新型武器を扱える少年。
血気盛んなんだけど、まだまだ訓練生。
でもこの年頃の子は逸る気持ちが抑えられないんだよね。
敵襲に自軍が劣勢になるがいなや、教官がとめるのも振りほどいて戦場に飛び出してしまう。
戦ってる戦士を一人助けようとして、
大きな剣で敵を殴ったよ!!ぺしんぺしんっって!!
弱ッ!!主人公弱ッ!!!(笑)
まさに「レベル1」て感じ!!感動したわ!!(大笑)
ピンチになる主人公。
そこにさっそうと現れ強い味方!!
これ、ゲームの人達じゃないか?最初のチーム!
世界観続いてるの嬉しいよね!
足手まといではあるが、戦士たちのハートをがっちりゲットした主人公君。
この戦いで死人も出たけど、涙をぬぐって頑張るよ!!
てな感じの導入部分でした。

もうね、戦闘シーンが迫力満点でいいわ!!

ぶっちゃけ、1話放送に間に合わないうえに、
公式で「特別放送をこれからもはさみながら…」て放送前からすでに進行状態の不安を隠そうともしない、
その潔さとこの先の綱渡り状態が始まる前から伝説を作り出したアニメではありますが、
放送するのはこれくらいのレベルまで完成させるというなら
納得もできましょう。
とても楽しみなアニメです。
敵となる魔物もイイカンジ。
ちょっと倒すためにみんなでフルボッコとか、武器でめっちゃ痛めつけたりだとか、
動物いじめて悪いことしてるみたいに思えてきて、心がちくっとするのが難点(笑)。

アニメというより、ゲームを追ってみてるような気分で見れたら楽しいかも。
なんか、とにかくひたすら戦っていく感じだったらなお楽しいかも。

 GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 3話までの感想 

3話までみたけど、
未だどういう展開を見せるのか 微妙な評価。

自衛官の主人公が休日には同人即売会系に買い専で行くほどのオタクで、
日本に異世界の門があいて、
ってだけなら 
異世界の美少女ちゃんたちと出会ってうはうはな男の夢アニメなのかな?って思うんだけど、

実際はこちらの世界に進行してきたドラゴンとか異形のものとかに、
自衛隊がガチで応戦してしかも勝ってる。

だいたい、こういう異世界モノって自衛隊が出てきても戦力全然かなわないで、
主人公、もしくは選ばれし力の持ち主とか 超能力者の団体とか、
何かの理由でこちらの世界にひっそりと隠れ住んでる魔王とかが
こちらの世界を守るために戦うってのがセオリーなんだけど、
このアニメってば自衛隊がガンガン応戦して、敵を撃ち滅ぼしてしまった(笑)。
しかも、そのまま扉の向こうに進軍してしまう。

なんで進軍しちゃうのかな?

ってあっけにとられて1話終了!!(大笑)

2話になって、扉(ゲート)の周りを自衛隊で固めて、
向かってくる敵を子気味良いくらいに殲滅ですよ奥様!!
お馬さんたちが可哀そうなのは辛いけど、
敵なんか一ひねりですよ!もう戦車とか機関銃とか、どこの国なの?みたいな。
日本の自衛隊とは思えないくらいの戦いです。もう軍隊ですよ。
時々、「死亡者…○○人」とか出るのが 妙にシリアス。
あぁ、自衛隊は門からこれ以上、敵が街に危害を加えに来ないようにしてるんだね。
理解したよ!!
てところで、
あれ?オタクの主人公が異世界の美女にウハウハじゃなったの?とびっくりですよ。

とビビりまくってたらEDで、主人公が美少女達にモッテモテだった。

いったいどっちなのよ!!?(笑)
オタク男の夢アニメなの?
バリガチ軍隊血なまぐさいアニメなの?
それらの両方の雰囲気を保ちつつ、
泣けて笑える話なのか…イマイチよくわからない。

オタク男の夢アニメなら視聴切りたいんだけど、
バリガチ軍隊進軍ものだともう少し見ていたい。
でも話は微妙で、結構シリアスな場面続いて、ハードサバイバルだったりしてたと思うと
急に萌えアニメみたいな女の子パートになる。

私の好みでいう嫌いと好きのタイプが共存してて、
本当に微妙な立ち位置のアニメ。

 刀剣乱舞日記 

金のままだったわ(笑)
金のまま「太」から「打」になってただけだったわ。

なんか…
同田貫に対しては「打刀」としてステータス高くなってよかったね、
兼さんに対しては堀川君良かったね、
で 万事解決だったわ(笑)。

しかしなんで大倶利伽羅まで…小柄な太刀が…萌え要素が。
まぁかっこよさは変わらずだし、
金ぴかのままだから
あまりダメージ残らないわ(笑)。
獅子王無事だし(笑)。

モバゲーもあまりしたことないし、
がっつりキャラ物のPCゲームもはまったことなかったから全然知らなかったんだけど
こういう設定変更ってモバゲーとかでよくあるらしいね。
そうやってどんどんゲームが良いように進化していくんだってね。
そしてたまには武器が剣から机になったりして「は?」てなる事もあるんだってね(笑)。

気を取り直して、6-3行ってくる!!

余談・マジで同田貫推しの人がめちゃくちゃ落ち込んでるの見てもらい泣きしてしもた。
そうだよね、1推しだとね…。辛いね。

 刀剣乱舞日記 太刀から打刀へとは!! 

同田貫と大倶利伽羅と兼さんが打刀になるって
夜に知って、
慌ててドロップ画面スクショするために厚樫山行ってきたわ!!
さすが厚樫山6神将!
2週したら一人ずつドロップ出来たわ。
途中燭台切さんが出てきたんだけど、心配してらっしゃるんだろうなと思ったわ。

たとえ刀種が変わっても、刀は刀。
帯剣するときのカーブが下になるとか上になるとかの違いはあれど、
刀は刀。
……って思いきれるわけないじゃん!!
背景変わるんだよ!?
金の「太」マークが銀の「打」に代わるんだよ!?

と一瞬は動揺したけど、
まぁ兼さんはいいよ。
というか、逆に「今まで新撰組で一人で太刀ってよく頑張ってきたよ」くらいに思うよ。
打刀の那賀曽根さんの(兼さんの立場が)下で、大きな体で部下ってのもいい感じで萌えだったけど、
まぁあれだけ堀川君が(私の脳内で)二刀開眼を兼さんとしたい!って言ってた分、
堀川君の一人勝ちだわぁって萌えたわ。それでいいわ。
ところで私の本丸には那賀曽根さんまだいないけどね(爆)。

実は同田貫もいいよ。
もともと同田貫って複数あるしね。太刀もあれば打刀もあるし、果ては短刀まであるしね。
てかもうショタ貫も出してくださいお願いしますくらいの想いですわ。
短刀のタヌキ、早う!!早う!

一番ショックだったのは大倶利伽羅だった。
あの子のね、
太刀の中での「華奢だけど太刀」みたいな位置がね!!
「他の太刀(主に燭台切)より小さい」ていうところがね!!
小柄だけど太刀!て言うところがね!!
萌えだったの!
高校生みたいな見た目で太刀、そんなところが好きだった。
でもまだ育て切れてなかったんだけどね。
それはそれとして、小柄な太刀はもう一人、
太陽神 獅子王君がいるんだ♪レベル98だよ!私のオアシスだよ!
うん、どうでもいいね(笑)。

てかさ、この3人打刀にされちゃうと、
私の本丸の「狐狩り第3部隊」の打刀率が跳ね上がるんですけれど。
どうしたらいいんでしょうかね(笑)
脇1(堀川) 太4(燭台切・倶利伽羅・兼さん・たぬたぬ) 大太(次郎姉さん)の予定だったのに(大笑)。 
これから育てようとしてたんですけど。
残った燭台切さん頑張って!(大笑)

なんかもう、深夜テンションだわもう!!
明日のメンテが怖いわ!!
第一部隊をたぬたぬと倶利伽羅と兼さんにして来たったわ。
ログインしたらすぐ目に見えるようにして来たったわ!!

 アルスラーン戦記 2クール目に入ったよの感想 

最近の新番組のショタにおいての萌えが明らかに不足しているところ、
「萌えショタここにありき」と燦然と輝いているのが
こちらのアニメであります。

敵国の進軍に会い、自国を追われたアルスラーン王子(14歳!!)。
とってもたよりになる腹心の配下、ダリューンに助けられ
国を取り戻そうと奮闘。
少しずつ仲間も増えて、
2クール目に入ったころには
本拠地になりそうなペシャワールの砦に到達。
そこで「え?自分って王様の血筋じゃないの?」と衝撃事実発覚!!

運命に翻弄される14歳!!(ここら辺で血沸き肉躍る)
そしてそれに付き従うもろもろの臣下たち。の中にいる元奴隷の少年(ここも血沸き肉躍る)
この少年エラム、智将ナルサスの御付であり
1クール目ではOPでもナルサスの近くで戦っていた姿に目が釘付けになったものですが、
2クール目のOPではナルサスの「背中は任せた!」の位置を途中から登場した自称ナルサスの嫁にかっさらわれていて
正直ワロタ(大笑)。

歳の頃もアルスラーンとエラムって近いので
ダリューンとナルサスが「王子が王様になって、エラムがそれを支える宰相になったら」てな事を期待してたのに
もう萌え散らかりましたよ!
これよ!!これなのよ!!
私が求めるショタコン萌えはこれなのよ!!
ヤシャシーン!!




まったく、今期始まりのアニメのショタは見るからに女の子女の子してて
こう、なんというか、
ショタではなくてロリの方向なんだよね。
男の娘じゃないのよ!ショタは!!(大笑)

まぁショタ談義は横に置いといて(え?こだわってるの私だけ?/笑)
2クール目に入って、OP・EDが変更になりましたが、
EDのラストでアルスラーンが某金色のセイントになっていたのが衝撃でした(笑)。
金ぴかでした。羽根も生えてたみたいでした。
アルスラーン殿下、どこに到達なさるんだろう?(笑)

 オーバーロード 1話感想 

かっこいい主人公はいません。
だからこそ、面白い!

10年続いたPCゲームの世界が終了を迎えるその日、
主人公は骸骨のアバターでログインしていたが、
共に当時冒険を繰り広げた仲間たちみな、このゲームを卒業していて
最期のときにはもう誰もログインしてこない。(一人来てすぐ帰ったくらい)
主人公は、ゲームの終了の時を自分のギルドで一人静かに迎えようとしていた。
ところが、終了の時間を過ぎてもゲームが終わらない。
それどころか、ログアウトができない!
と、これだけなら、よくある「ゲームから帰ってこれない系」。

でも、これはよくある話とはちょっと感じが違ってます。

自分以外のアバターはNPCばかり。
そころが!それらのNPCたちが、設定どおりに主人公に忠誠を誓いつつ、なおかつ独自で行動し始めた!
こいつらがもうかっこいいんだよ!!
主人公が、よくあるラノベみたいに普通の男の子だけどなぜかモッテモテ、とかじゃないのがいいよね。
これはそういう設定で、実際にモテてるわけじゃないのが納得だわ。
骸骨の強そうな見た目で、人間の時の顔が全然出てこない。
でも、声から推測するにちょっとヘタレが入ってる感じ。
人の顔じゃないだけで、ほのかに笑えるキャラになっててイイカンジ。
へたれだけど、NPCに対しては一生懸命ギルド長としてかっこつけようとしてて、
さらには「(現実世界に)友人も別にいないし、家族にもこだわらないし、仕事と寝るだけの人生だし…現実に戻る必要あるかな?」(要約)とかちらっと思ってる。
他の「ゲームから帰れません系」だと「タイヘンダー!とりあえず現実世界にどうやったら帰れるんだよー!」なんだけど、
前々から私も思ってたんだよね、
わたしなら「帰らなくてもいいかも~」て楽しんじゃうかも、と。
帰ろうとしないかも、と(笑)。
まさにそれだよね。(大笑)

この先どんな物語が待ち受けているのか、
見るのが楽しみです。

でもこの先ラノベみたいに、女の子がどーっと出てきて主人公モッテモテとかになったら視聴切るだろうけど。


 がっこうぐらし! 2話もすごかった。 

今 私の中で話題沸騰中の「がっこうぐらし!」ですが(笑)。
2話もすごかった。
ゾンビから逃げてのサバイバル生活の中で
肝試しして「お化け怖い~」てやってくれました!すごいわ!
お化けとか、そんなんちゃうよユキちゃん!!それ、ほんまもんのゾンビやよユキちゃん!!
それにしてもさ、太郎丸が入るのを怖がったてところで、
「あ、図書室の中にゾンビがいるかも?」てならないとだめだよ!!
犬はすごいよ!ゾンビもので犬が居たら、たいてい助けになるよ!!
(「サイレン」てホラーゲームでもさ!犬が人を助けるんだよ!!泣ける!
他にもゾンビ映画でもさ、犬が人を導いたりするんだよ!!泣ける!)
やっぱり犬はいいよね!
でもさ、そんないい子の太郎丸が絶対みーくんに懐かないのって
ひょっとしたら、みーくんの方に何かあるんじゃないの?
ホラー的な何かが。
誰も悪くないけど、みーくんに太郎丸が懐かない何かの理由がさ。
あったら怖いな。悲しいな。

2話にて、OP・EDの可愛い歌は変わらずに、絵の差し替えがありました。
ゾンビゾンビしててよし!
OP後の提供絵もお昼の学校絵で荒廃した学校に!!
いろいろ細かいところへの気遣いが憎らしいですコンチクショー!

2話のOPで、
廃墟の学校の中の風景に、ユキちゃんの影が重なるんだけど、
学校が荒廃してるのにユキちゃんの影の中だけがキラッキラした学校風景なんだよね。切ない!
そうなんだよね、ユキちゃんの中では、学校は「楽しいもの」であり、
仲間たちも生きてて、大好きな先生もいつもそばにいてくれて、
クラブ活動(学園生活部)もとっても楽しい。
学校で生活するって、誰しもが一度は憧れるシチュだよね。
でもゾンビからのサバイバルは御免こうむりたいけど(>_<)。

ところで、1話で英語の授業で黒板に書かれていた文体が、「Help me!」だったりして
そこはかとなくユキちゃんの深層心理の現れっぽい表現があったので、
2話の「五月雨」や「時雨」などの「雨」の絡む国語の文字も、何かの意味を持っているのかも?

それにさ、ずっとユキちゃんのそばにいてくれる先生。
あれ絶対死んでるよね。他の人には見えてないよね。
でもユキちゃんに見えてて、
なおかつ他の3人…みーくんは躊躇ってたけど
他の二人が「先生が傍にいてくれるから」てまるで「魂が見守ってくれてるから」的なテンションで信用してたから
先生はゾンビからユキちゃんたちと一緒に逃げてたんだろね。
OP(だっかっけ?)の風船飛ばすところで「私たちは元気です」のところに5人(ユキちゃんみーくんりーさんくるみと先生)の絵が描いてあったから、
5人でサバイバルしてた時期があったんだろうね。
で、ユキちゃんを庇って死んだか、
逃げてる途中でゾンビになってユキちゃんに殺されたか、かな。
そのショックでユキちゃんが壊れて、ずっと先生が生きて傍にいてくれる幻想持ってるとかなら号泣ものなんですけど。

ところで、
このアニメのゾンビは最近はやりの機動力が高いゾンビとは違うんだね。
のろのろと迫ってくる。
これだと捕まらない限りは逃げれるからちょこっと安心。
しかも、このゾンビたちってば生きてる時の生活習慣がしみ込んでて、
夜にはたいてい家に帰るらしい(笑)。なにそのほのぼの設定。
お家でゾンビたちが家族団らんしてるの?ちょっと見てみたい気もする。
大人のゾンビたちも出勤したりするのかな。

しかし夜が一番安全に移動しやすいゾンビモノって珍しいよね。

話は変わるけど、
この前本屋さんに行ったらね、
「がっこうぐらし!」の原作漫画が5巻まで(?)あったんだよね。
買おうか、とも思ったけど、
でも!!アニメの驚きを毎週楽しみたいから!我慢!!
とかいいつつ、原作1話お試し読み小誌あったからためし読みしてきたんだけど…
やっぱり、アニメの演出ものすごく良いよ!!
アニメすごい良いよ!!
そのうえでね!!
アニメでいたはずの人が、原作でいなかったから
その時の私の衝撃とはどれほどのものであったか!!(笑)

 六花の勇者 感想 

RPG系のファンタジー。
魔法は今のところ派手なのは無い。

世界が魔物に浸食されたのを、昔6人の勇者が封印した!
それが最近蘇るらしい。
もし蘇ったら、女神さまが新しい勇者を6人選ぶんだって。
その勇者に選ばれたい主人公が、
あっさりと無事に選ばれるところから始まる勇者物語。

が、その勇者は7人いたんだ!どうして!?て話らしい。
彼らは本当に魔物を倒せるのか!?

話的には嫌いではないのですが、
主人公が嫌いなタイプだったでござるよ(笑)
でも絵はきれいで良い。
あと、姫様が仲間なのも定番だけど、
この姫様、ヒロインとして出来がよすぎて、
美人で剣技が大会で優勝するくらい強くて、
やさしくて明るくてかわいくて、
まさに男の理想を形にした女性だと思う。
ので、ちょっと気持ち引き気味。

でも絵は好み。

 干物妹!うまるちゃん  1話感想 

外では出来の良い妹が、
実は家の中ではぐうたらな干物娘なんだよっていう、兄目線のアニメ。

見た目もコロッと変わるので、
このくらいの兄妹話なら 笑って見ていられる…気がする。

妹ひまるちゃんが1DK(?)のお兄さんの部屋に、
同居してるっていうのも、
普通他のアニメなら「うわ、キモッ!」てなるけれども
このアニメに関しては「仲良いんだな」とか「お兄さんが社会人なら一日家にいないから一部屋でも仲良しなら問題ないか、お金の問題もあるしね」てなる。
まぁ、今までさんざんイキスギジャナイ?てレベルの兄妹の異常なイチャイチャアニメが多かったから、
これくらいなら問題ないように思えるわ(笑)。
ひまるちゃんがめっちゃ美人設定でも、
ヒモノ設定の時は ハハハって乾いた笑いで見守れる。

可愛いか、萌えはあるかという話になると、
可愛いと思えるかは解らないが、「わかるわかる」はあるかもしれない。
そして萌えは無い。

しょっぱい物(ポテチ)とチョコを交互に食べ、
そこにコーラまで加わるとは!!黄金の組み合わせ!!
さすがわかっているな!ひまるちゃん!!(笑)


 山田くんと7人の魔女 最終回までざっと感想 

高校生が、キスで体が入れ替わったり、魔法にかかったりする
毎回キスシーンが出てくるアニメ。

相手が好きかどうかは関係なく…というか、
好きになったらとたんに意識してキスができなくなるっていう…
どれどうなん?貞操観念とか、情操教育とかどうなん?
それとも、いま日本はみんなこんななの?
高校生であいさつみたいにキスするの?とか思ってたら、
やはりアニメ内でも「無理やりキス迫ってくる変態がいる」「ヤダ怖い~」てなってたから、
主人公たちがオカシイということで納得できた。良かった。

代々、なぜか学校に7人の魔女が受け継がれている高校。
彼女らの魔法の手段はキス。
主人公山田は、高校でただ一人、魔女の魔法にかからない特異体質だった!というのが判明した!学園位置の優等生美女の偶然のキスによって!!
ていう、エロくはないが、情操的に疑問が付いてまわる物語りだった。

最期は7人の魔女を集めて、山田の願いをかなえることとなり、
山田は「魔女の魔法を学校から消してくれ」的なことを願って、
みんな普通の女の子に戻りました!めでたしめでたし!だった。
内容はともかくも、
山田は優しかったし、白石さんも可愛かったし、
最期はみんないい子だってことが分かったし、魔法が消えてめでたしめでたしってなって、
亡くしてた記憶もみんな戻ってたみたいだし、
すごくすっきりした終わり方ですごく良かったと思う!
内容はアレだったけど!(笑)

ただね、物語が終わるとか以前に、
ずっと気になってたことがある。
緑色の髪の、テレパスの女の子。
テレパスの力を使うためには相手が必要なんだよね。
そして、それをキスで手に入れてたんだよね。
他の魔女も、それぞれキスで子分やらなんやらを手に入れてたから
手下やテレパスの相手が居てもいいとは思うんだけど。
あのこ…カワイイのに…めっちゃキモイオタク男数人従えてた(というか、仲間にしてた)んだよね。
それでいいのか?
しかも、オタク男たち、絵にかいたような気持ち悪い行動とかしてた、キモイ系だったぞ。
それらが助けになる頼もしいオタク男だったら何も思わなかったかもしれないけれど、
あれだけは「え?あの子アレとキスしたの?魔法かけるためだけに!?」と衝撃だった。

 シドニアの騎士 第九惑星戦役 最終回までざっと感想 

面白かったですよねー!!
これぞ、ザ☆SFファンタジー!!て感じですよねーっ!!

1期に朽ち果てたと思われていた「紅天蛾(べにすずめ)」の再来ですよ!
またもや吸収した星白ちゃんの姿でナガテ&視聴者を惑わしに来ましたよ!!
泣けちゃうよね。
紅天蛾自体には星白の記憶とか、人格とか無いはずなのに
それらの姿はまさに星白の姿声そのままだし、
切り離されたエナは成長したり改良が加えられたりしても
やはり最後にはナガテを慕ってくる。
もうこれ星白の魂絶対あるよね。
つむぎちゃんなんか、完全に星白ぽくて健気で愛くるしい。
そんなこんなのうちに、イザナちゃんは女性化してくるし、ゆはたはあからさまにナガテ狙ってくるしで、
つむぎちゃんもその恋愛どたばた模様に巻き込まれるがよい、とか思ってたら
本編で思った以上にイチャラブだった件について。
つむぎの大きさと、ナガテが衛人(もりと)に乗った時の大きさが同じなもんだから、
もうお手手つないで飛行とか当り前よ!(相乗効果でい飛行速度が上がります)

そんなナガテとつむぎが、
行方不明になったいざなを探し出して、紅天蛾と戦い、仕留めたところで
ひとまず2期は終了。
まだまだ解決されてないことが多すぎる上に、
ノリオに乗り移った落合博士のせいでさらに混乱を極めそうな展開!!
これはますますこの先が楽しみです!!

それはそれとして、第九惑星戦役編のOPとEDが両方神曲だった。いい曲だった。
シドニアってホント、アニメ始まりから終わりまで良い。

 ケイオスドラゴン 赤竜戦役 1話ざっくり感想 

どっかの小さい国の王子様が、一族ごと王座を追われて王様死去(?)みたい。
次の王になってなってと臣下から言われてるけど、
平和を愛する王子様は「戦うのヤダ」って言って立身してくれない。
この王子様、まだまだ子供なのはもちろん、平和を愛するっていうよりも
戦うことが怖いお子ちゃま。
しびれを切らした臣下が王子様を策にはめてわざと敵国とのいざこざに巻き込んじゃった!
王子様ピンチ!
そこに運命に導かれたがごとく()ドラゴンが王子様に契約をささやく!
「僕と契約して魔法少年になってよ」
「力が欲しければ対価を払ってわれと契約しろ」と。
傷ついたお世話係ちゃんを助けたいがために、ドラゴンと契約を約束した王子様。
だが、その契約とは、自分の大切な人の命をささげる事だった!
ゆえに、契約するために、お世話係ちゃんを殺してしまった王子様。
後戻りができなくなった王子様は、もう戦いに進むしか選択の余地は無かった!

て感じの1話ですが、
絵が……絵が子供子供しすぎててどうかしら。
ショタコンのハートは疼かなかったのですが。
というか、アバンが終わりOP始まっても、作中で「王子様」て呼ばれるまで
主人公が男の子だとは気が付かなかった。

もうっ!!なんなの今期のショタは!!
どれもこれもショタ狙いすぎだよ!狙いすぎてて的が外れてるよ!!
違う!ショタコンのハートにズッキュンこない!

ストーリーはファンタジーというか、RPGとしては、王道を突き進みそう。

萌えは今のところ無いけど、
ドラゴンが出てくるファンタジーは好きなので、
見続けていきたい。
萌えは無いけれど。
どうせ最後には国を取り戻して王様になるんだろうけれど、
そこにたどり着くまで、ドラゴンとどういう契約がなされるのかが見どころじゃないでしょうか。
どうやら「どの友達を殺して何を守るべきなのか」てのがテーマのようですので、
この先、王子様は選択場面で何度か悲運をたどる気がする。
そこはちょっと楽しみ。
萌えは無いけれど。(何度言うつもりだ/笑)

 2015年(7月~9月)夏のアニメ 時間割表  

2015年(7月~9月)夏のアニメ 放送時間早見表(完全に自分用/笑)

関西地方対応・奈良県限定です。
見れないサンテレビを微妙にBSで補完。
再放送・NHKの短時間毎日番組などは省きます。
深夜アニメは時間変更多し。毎日チェックを怠るべからず!

関西圏の方はどうぞ!

夏始まりは舞台が海や田舎とか、時期物アニメがあるのが多いけど、
ホラーもイイカンジだぞ!「がっこうぐらし!」がいい塩梅だぞ!!

放送開始時間~・(放送局)・『題』(一言感想)

■月曜日

18:00~18:30 (大阪) ダイヤのA (4月からこの時間帯にお引越し)
18:30~18:57 (大阪) レゴ ニンジャゴー (レゴで忍者。そのまんま。妹ビジュアルズゲェ)
25:00~25:30 (京都) GOD EATER (1話放送に間に合わせられなかったという伝説を作ったアニメ)
25:00~25:30 (京都) うしおととら(往年の傑作が、再びアニメ化!最初からしてくれるぞ!トラちゃん可愛い)
25:35~26:05 (大阪) 実は私は (男の夢 異種間アニメ)
25:59~03:42 (読売) MANPA 「WORKING!!!」(シリーズ3作目。安定の人気)
                   「赤髪の白雪姫」
                    「電波教師」 (本放送と同時放送。再放送するくらいなら最初から深夜放送でよいんじゃない?)
27:00~27:30 (BS11) 新純情ロマンチカ3 (シリーズ最新作。ホモアニメダヨ!!)

--------------------------------------------------------------------------------

■火曜日

18:30~18:57 (大阪) アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ (アメコミアニメ)
24:30~25:00 (京都) モンスター娘のいる日常 (男の夢アニメ。なに?最近異種間流行ってんの?)
26:30~27:00 (MBS) GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (自衛隊がガチで魔法使う異世界に進軍するアニメ)
26:30~27:00 (BS日テレ) 新ガッチャマン クラウズ インサイト (関西放送初じゃない?楽しみ!!)
27:00~27:30 (MBS) それが声優! (声優界の裏話あれやこれや)
27:30~28:00 (MBS) 青春×機関銃 (男装の麗人とかホモとかホストとかいろいろ詰め込んだ乙女の夢サバゲーアニメ)

--------------------------------------------------------------------------------

■水曜日

18:00~18:30 (大阪) 銀魂 (帰ってきてくれました!!)
18:30~18:57 (大阪) バトルスピリッツ烈火魂 (新シリーズだった)
24:40~25:00 (NHK総合) アニメ・英国一家、日本
25:00~25:30 (京都) オーバーロード (骸骨のアバターが主人公のデジタルワールドから帰れなくなりました系)
26:08~26:38 (ABC) 水曜アニメ〈水もん〉干物妹!うまるちゃん
26:30~27:00 (BS日テレ) 俺物語!! (ラブラブな美女と野獣アニメ。面白い)
26:35~27:05 (大阪) のんのんびより りぴーと (男の萌えアニメ)
26:38~27:08 (ABC) 水曜アニメ〈水もん〉GANGSTA. (アングラ系渋い男達のギャングアニメ)
27:48~27:57 (カンテレ) 鉄人28号ガオ! (とうとう不定期放送?)


--------------------------------------------------------------------------------
■木曜日

17:29~17:58 (奈良) 妖怪ウォッチ (何でも妖怪の仕業)
18:00~18:30 (大阪) アイカツ! (幼女御用達アニメ)
18:30~19:00 (大阪) GO-GOたまごっち! (いくら何でもたまごっち息長すぎやろ)
19:00~19:30 (奈良) ポケットモンスターXY (ピッピカチュー)
19:00~19:30 (大阪) ポケットモンスターXY (ピーッピピカ)
19:30~19:58 (奈良) NARUTO疾風伝 (今になってまさかのオリジナル挿入)
19:30~19:58 (大阪) NARUTO疾風伝
24:00~24:30 (京都) アクエリオンロゴス (あのアクエリオンシリーズ。犬が関係してるかどうかは今は不明)
24:30~25:00 (BS11) がっこうぐらし! (これはすごいゾンビホラーアニメ)
25:00~25:30 (京都) ケイオスドラゴン 赤竜戦役 (国を追われた王子がドラゴンと契約して超強い!てRPG風ファンタジー)
25:30~25:35 (京都) だんちがい (気持ち悪い意味での姉妹萌えもの)
25:35~25:45 (京都) おくさまが生徒会長! (男の夢アニメ。それにしても京テレどうした?wwwアニメ多い)
25:55~26:25 (関西) ノイタミナ・乱歩奇譚 Game of Laplace (江戸川乱歩原作原案。主人公がホモホイホイ)
27:30~28:00 (BS11) STEINS;GATE(シュタインズゲート) (関西放送初じゃない?)

--------------------------------------------------------------------------------

■金曜日

07:30~08:00 (大阪) 妖怪ウォッチベストセレクションだニャン! (にゃん!!)
07:30~07:59 (奈良) ダイヤのA (レテ大より1か月くらい遅れ)
18:30~18:58 (大阪) 妖怪ウォッチ (ジバニャンはなんだかんだ言って可愛い)
19:00~19:30 (ABC) ドラえもん
19:30~19:54 (ABC) クレヨンしんちゃん
24:00~24:30 (京都) アイドルマスターシンデレラガールズ (頑張れ。)
25:35~26:05 (奈良) ガンダムビルドファイターズ (奈良テレビで見れます)
26:10~26:40 (MBS) クラスルームクライシス (高校生ではあるが、そのまま会社に所属してるクラスの話)
26:40~27:10 (MBS) 食戟のソーマ (エロが気持ち悪いレベル。食と色を直結しすぎ)
27:00~27:30 (BS11) 空戦魔導士候補生の教官
27:10~27:40 (MBS) 戦姫絶唱シンフォギアGX (シリーズ最新作)

--------------------------------------------------------------------------------

■土曜日

08:00~08:30 (大阪) フューチャーカード バディファイト(意外と放送長いよね)
09:00~09:14 (大阪) カリメロ
10:00~10:30 (大阪) プリパラ (幼女御用達アニメ)
10:30~11:00 (大阪) フェアリーテイル (巨人の町編)
10:30~11:00 (奈良) 銀魂 (お帰りなさい!)
17:30~17:55 (Eテレ) アニメ・ログ・ホライズン (主人公がコミュ症設定なんてウソだろ)
17:30~17:55 (Eテレ) アニメ・境界のRINNE (どたばたコメディ)
17:30~18:00 (読売) 電波教師(何故教師になれた?)
18:00~18:30 (読売) 名探偵コナン (まだ子供のまま)
24:30~25:00 (京都) 監獄学園(プリズンスクール)(男の夢?アニメ)
25:30~26:00 (BS-TBS)
25:58~26:28 (MBS) Charlotte(シャーロット)
26:30~26:35 (大阪) オー!マイキー
26:28~27:58 (MBS) デュラララ!!×2転 (この前の×2の続き。)
26:58~27:28 (MBS) 六花の勇者 (勇者6人がなぜか「7人いる!」)

--------------------------------------------------------------------------------

■日曜日

06:30~07:00 (ABC) ワールドトリガー (主題歌が神曲)
08:30~09:00 (大阪) ダイヤのA (3年生が引退して、新生チームにこれからなりますってところ)
08:30~09:00 (ABC) Go!プリンセスプリキュア
09:00~09:30 (大阪) ふるさと再生日本の昔ばなし
09:00~09:30 (関西) ドラゴンボール超 (神編)
09:30~10:00 (関西) ワンピース (兵隊さん!!/涙)
10:00~10:30 (大阪) カードファイト!!ヴァンガードG
11:00~11:30 (京都)ポケットモンスターXY
17:00~17:30 (MBS) アルスラーン戦記 (14歳!!14歳!!)
17:30~18:00 (大阪) 遊戯王ARC-V
18:00~18:30 (関西) ちびまる子ちゃん
18:30~19:00 (関西) サザエさん
22:00~22:30 (京都) 西遊記外伝モンキーパーマ3
24:45~25:15 (京都) 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (下品)

--------------------------------------------------------------------------------

特別編

夏は多そうだよね。

  ノイタミナ・乱歩奇譚 Game of Laplace  1話・2話感想 

なんでこのアニメホモッ気はいってんの?(笑)

原作…というか、原案が没後50年を迎える江戸川乱歩作品。
明智探偵と小林少年が、怪人二十面相と戦う話…って公式言ってる!
で、登場人物のアケチ君が高校生だってさ。
高校生探偵!!コナン君(新一)ですか!?と。
まぁ若いほうが萌えはあるとは思う。大人萌えは刑事さんがいるからね。
カガミ刑事、上司とアケチの間で胃を痛めそうだよね(笑)。この人と
小林少年の友人(金持ち)の二人だけが多分常識人(大笑)。
で、この高校生探偵、こいつが国が「好きかって生きてもいいよ」ていう異例のお墨付きを与えた天才。
国の対応甘いな。
そんな探偵に弟子入りを望む 少年小林。
この小林君が主人公なんだけど……

なんぞこの子。

見た目女の子なんだけど、男の子。
女の子みたいな声と可愛らしさで、なぜか友人君メロメロです。
なんでや!(笑)
しかも、殺人事件の容疑者にされて、頬染めて喜んだり
「あぁ、今!生きてる!」って感動したり、
かなり小林少年ヤバイ子供。

違う!!私の求めているショタはコレジャナイ!!(泣)

推理は二の次かな?
登場人物が必要最低限に凝縮されてて、
考える間もなく、小林少年やアケチさんの狂気じみた会話にあっけにとられてる間に
終わってしまってたりする。
推理の説明も、視覚的にものすごく凝った表現のしかたで、
視聴的にわかりやすくていいとは思うけど、
小林少年への男の先生[被害者)の色恋沙汰とか、理解するまでにもう少し時間ください、てなった(笑)。

ノンケの先生だよね?なにトチ狂ってんの先生?

なんていうか…殺人犯の気持ちを理解出来てしまう小林少年をはじめ、
その上を行く狂気をはらんでそうなアケチ探偵とか、
天才と狂気は紙一重って感じがする。
純粋な推理物ではなく、怪人二十面相をボコる風でもなさそうな、
幻想的で狂気的なアニメな予感がする。
面白いかは、視聴者それぞれ、原作にどれだけ追随してるかの程度がどこまで許容できるかってなると思う。
まさに人それぞれ。
私は「求めているショタが違う」(笑)でござった。
可愛いショタはいいのだけど、
清濁併せ飲む、というのを「我慢」という枠ではなく、
快楽的な方向に持っていくショタは…違うのだよ!!ショタコンのハートは何か違う警報を鳴らしているのだよ!!
というわけで、萌えは無いけど、のんびり楽しんでいこうと思う。

二十面相も高校生だと面白い。
てか小林少年の友達の金持ち君が二十面相だったら私狂喜かもしれない。

 がっこうぐらし! 1話感想 このアニメスゲェ!! 

以下、ネタバレになります。
何も知らないまま、無垢な心で「がっこうぐらし!」1話をご覧になったの方が絶対楽しいです!!
絶対にめちゃめちゃインパクトありますから!!

この先どういう展開になるかはわからないけれど
今期1押し1話であることには変わりありません!
予想外NO1です。

すごい!
何も知らないで、前評判も何も知らないままで
「あぁ、男の萌えアニメ的な 日常系なんだ」とか思って見てました。
ただただ柴犬の太郎丸が可愛かったから
Aパートの最初の方で、主人公達が学校で好き勝手しすぎてたり、
後輩が授業中でも他人の目を気にしないで傍若無人だったりで、
視聴に早々飽きたとしてもなんとか途中で切らずに見てました。
なんで授業中だったはずが屋上で園芸部とかしてるんだとか思ったり、
おいおいその畑に墓ぽいのまでたてて、何埋めてるのよこの子ら、てか後にお涙ちょうだいイベント回想とかあるのかしら、とか思ったり、
ありえない非常識を日常として好きかってやるだけのアニメなんだろうかと思って
ちょっとウザ…とか思いつつも、
最期までテレビ付けてました。
最期の数分で大ドンデン返し!!

「はぁぁあああ!?」てなりました。
唖然としました。
録画してたのもう一度最初から見ました。

主人公の心が壊れてました。

日常だと思っていた、ほのぼのはずべて主人公の幻覚。
実際の世界は、ゾンビが彷徨う世界で、
ただ数人の仲間と共に学校に籠城して生き続けるサバイバル少女アニメだった。
血まみれの教室で、一人笑顔で誰もいないところに話しかける主人公ゆきちゃんカオス。
友人たちの血にまみれた遺品とか、直視できないヨ!(涙)
もうね、これね、誰が死んで誰が生きてるのか解らないよ。
大丈夫なの?この4人は生きてるの?
てか顧問の先生、これ死んでるよね。会話一見繋がってるように見えるけど、
主人公以外とはうまく会話が成り立ってない。
怖い怖い怖い。
二度目見たら、何度も複線が最初から貼られてたんだよね。
「合宿忘れて家に帰りそうになったんだ~」「危ない!」とか。
後輩ちゃんが、何度も主人公の教室を離れるときに 辛そうにしてて、
そのたびに主人公が茶化しながら「緊張してる?」て聞くのも、
後輩ちゃんは現実が見えてるから、あの血みどろの教室には近づきたくはないんだろうね。
「窓空いてる~」て割れたぼろぼろの窓を閉めた主人公が、割れた窓からそよぐ風に微笑む所、まさにホラーだわ。

このアニメの演出スゴイワ!!

墓とか、机のバリケードとか、そういうことか!そうなのか!!
でも、この主人公ゆきちゃん、
バリケードとかは片したりしないんだよね。
実際家に帰ろうとしても、自分の幻覚の先生に家に帰らないように忠告してもらってたりして、
無意識で危険を回避してる。
壊れてるゆきちゃんに他の3人がサバイバルしながら
それ以上壊さないように合わせてあげてる感じ。
そうだよね、楽しそうに生きてるのが救いだよね。

もうね、OP後の提供の時の、午前中の爽やかな学校の絵と
ED後の夕暮れ時の、さび付いた学校の絵の対比が凄い。
すごいの始まったわ~。

それにしても、太郎丸が可愛すぎるわ。
あれが無かったら、女の子のきゃっきゃうふふだけなら最後まで見なかったかも。危なかったわ。
あと、主人公だけが色違いの制服なのも、何か理由があるのかな。
この先、一瞬たりとも目が離せないアニメ来たわ~。
OPとEDが普通に日常的萌えアニメ系なのが 地味にクルわ(笑)。
EDで4人と1匹が学校以外の場所(堤防?)歩いてるのもクルわ。じわじわ怖いわ~。

 ガンスリンガーストラトス 最終回までざっと感想 

考えるな!感じろ!!系アニメ その3.
アーケードゲームだと思えば、21世紀の渋谷を飛び回り、ビル群を壊しまくり、
アイテムゲットしてるのも 受け入れられるよ!(笑)

で、主人公とヒロインが生き残って、
またラブラブな日常が始まって、めでたしめでたし…と終わった後に
もう一つのラストって最終回が放送されました。
こちらはネットで同時配信していた 「1話のちょっとしたことが、波紋のように広がってラストが変わってしまった世界」!!
なんてことでしょう。
私たちが見ていたアニメの話とほぼ同じ筋書きではあるものの、
あは体験みたいに 毎回ちょっとずつ放送されたものが、テレビとネットで違ったというのです!
それも1話で、「車に引かれそうになる主人公を心配して追うヒロイン」と「車が通らなくて何事も無く道を渡る主人公を追うヒロイン」の違いから!!
そんな壮大なネタばらしを、最終回放送後に種明かしをしてくれたガンストでした。

知らんわ!!(大笑)
そんなん最初からスタッフ側から言って売りにしないと!!
何も言われなかったら気が付かないよ!
テレビとネットの同時配信なんて今普通にあるんだから!
テレビで見たらネットでなんて見ないよ!(大笑)

で、「車に引かれそうになる主人公を心配して追うヒロイン」は主人公を守れるバリア系武器を。
「車が通らなくて何事も無く道を渡る主人公を追うヒロイン」は主人公と共に戦う事の出来る攻撃系武器を。
それぞれ手に入れて戦うことになるのですが、
最終回でその武器の違いから、二つの世界の主人公2人とヒロイン2人の全員が生き残るルートと、
あちらの主人公と、こちらの世界のヒロインの2人だけが生き残るルートの、
二つの世界ができてしまう、という楽しみ方があったアニメだったそうです。
うん、まぁわたしは2つ目のデッドエンドも好きよ。

その配信の仕方はとても楽しみの可能性のある、素晴らしい事だと思う。
だから、アニメ放送時にテロップでも言ってくれたらよかったのに…と思いはするけれど
よほど気に入ったアニメでないと
テレビで見てネットでも見て、だなんて、そこまで追いかけないだろうな、と思う(笑)。
ちなみにガンストは多分…見なかっただろうなぁ(笑)。
テレビで別エンド放送してくれて嬉しかったよありがとう!!

 血界戦線 最終話はどこいった? 

物語が佳境を迎え、
ヒロインホワイトとブラックの昔話でほろりとなり、
主人公レオ君と、ヒロインホワイト達兄妹の危うい関係性がとうとうブラックによって壊され、
街一つ巻き込んで滅びの道を加速する!?
というところで「次回!最終回!!」となって、
1週他の特番(?スポーツの大会だっけ?)で放送延期となり、
その間に「アニメ黒子のバスケ」は放送時間を火曜日深夜に変え放送し、
日本中を感動の渦に巻き込んだ。
「アニメ 終わりのセラフ」は2期への期待をはらみ、大いなる戦いへ向けて、悲劇を予感させつつ1期を終えた。
で、血界戦線どうなったの?と思ったら
なんか特番してた。
あれ?
なんで?
もう終わってたの?
私の知らない間に?
てか、わたし、最終話見逃してた?
え?見た?どんな終わり方してた?
なんて、ぐるぐる考えながら特番見たら、最初に「まだ終わってませんし」って。
まだ終わってませんしって!!(笑)

つまり、どゆこと?!
SIROBAKO風に言うと「万策尽きた―!」ってやっちゃったってこと!?
最終話間に合わなかったの!?
ついこの間総集編入れてたの そのせいだったの!?
ぶっちゃけあの総集編要らないよね?(大笑)

で、再び予告で「次回!最終回!!」ってなったんだけど、
「放送時間は未定です」ですって!!
なんとか最後まで、見てみたいアニメではありますので
ぜひ頑張ってほしいところ。

気長にお待ちしております。
が、前話がそれまで何話も複線貼って、盛り上がりまくって引いたところで終わってますので
次回、急に始まって終わっても、気持ちがついて行かないかも?(笑)

そういえば、別のアニメでそんなことがつい最近あったなぁ。
3か月か後に、最終話2話分だけ、急に初めてぶつんと終わったアニメ。
えと…「バディ」てついたアニメだった(もう題忘てる/笑)ちなみにバディイファイトではない。
始まりも、いかにもつい先週の続きから!みたいなテンションだったので唖然とした記憶があります。

あまり日にちが空くと血界戦線も細かい事忘れてそうなので、
できれば始まる前に、ちょこっと、それこそ総集編してほしいな。

今期は1話が間に合わなくて特番になったアニメもあることだし、(←ゴッドイーター楽しみにしております!!www)
本当に間に合わないってこともあるんだね。
それ思うと、進撃の巨人のあのAパートまるっと静止画伝説の回はある意味間に合わせた事になるんだね。

 アクエリオンEVOL + アクエリオンロゴス1話 感想 

なんでまた始まるねんっ!もういいじゃないか!
もうワンコだったってことでいいじゃないかっ!!
と、前作の終わりのインパクトがいつまでたっても忘れられないくらいのアニメだったEVOLですが、
始まって見れば、「あ、そうきたか」てなりましたよね!
EVOLでただ一組、幸せになり損ねていたジンとユノハの転生が主人公。
EVOLでも物語のターニングポイントであり、EDにもなったり、ここぞという時に流れる「荒野のヒース」の見せ場となったりと
視聴者の心を少なからず動かした、あの二人。
それが転生後、創生の書に導かれて出会い、アクエリオン(とそのパイロット)に帰り着き、そして新たに二人で歩みだす。
EVOLで昇華されなかった恋愛が、やっとここでまとまったか、と思うと感慨深いですね。
さすが、「転生してまでも恋愛成就させるために世界創りますよ!」なアニメ!
それにしてもカエルのぬいぐるみのタマがあそこまで大活躍するとは。
さすがアクエリオン。感動の片隅で笑いも忘れない(笑)。

しかし、歴代の主人公が相対して、「犬っころのように吠えやがって」×2 だの叫んじゃってるけど、
あんたら犬だからね。もともとは犬だったんだからね。
「犬だったんだー!」「「「「えぇぇえええっ!?」」」」って終わったんだからね!!
解って聞いてたらアポロの行動も笑いしか起きない。
めっちゃ犬要素強い。歴代の中で、一番魂の祖に近いからだろうけど、犬っぽい。……大型犬可愛いとか思っちゃったよ!!オバカ!

さてさて、
これまでのアクエリオンシリーズでもわかるように、
シリアスの中にシリアルを紛れ込ませ、真面目に笑いを醸し出す、
そんなアニメの新シリーズが始まりました!
その名も「アクエリオン ロゴス」!!
初めてアクエリオンシリーズをご覧になる方もいらっしゃるでしょう。
比較的真面目に始まった前作「EVOL」で感動の渦に巻き込まれた方もいらっしゃるでしょう。
そんな期待をはらんで始まった1話があれかよ、と(大笑)。
もともと文字で遊ぶ傾向があったアクエリオンですので、
テーマと世界観はバッチリだと思います!
でも主人公イタすぎて震えました。(大笑)
もうこの性格で最終回まで突っ走ってほしい!!
痛すぎてサムイわ!!
ヒロイン(だと思う)の一人ココネもなぁー。キャラ設定では「l極度の恥ずかしがり屋」だそうだけど、
アニメだけだとうまく人と話せない系の人で、見ていて不安になる。
この二人でカップルになるとしたら世界大丈夫?
もう一人のヒロイン舞亜の方が、キャラプロフで上にきてるから、
ひょっとしたら舞亜が本ヒロインかもしれないけどね。

舞台は前作と前々作と一見関係がなさそうな世界。(あるかどうかは今は不明)
いきなり別世界から、漢字を操って世界を混乱させる奴がやってきた!!
ところが地球側も、すでに対策済み。
対抗する組織を作って待ち構えていたさ!!
そこにさっそうと現れる何事にも無関係な主人公!!
繰り返すが無関係な主人公!!
そこにあったアクエリオンに乗って出撃だ!敵のカワイコちゃんをとらえた!そして文字のお化けに勝った!!

そんな話でした。
わけがわからない?うん、わたしも解らない(大笑)。

  水曜アニメ〈水もん〉GANGSTA. 感想 

新番組もどんどん始まって言ってるので
これといったものからちょろっと感想。

これはなかなかに深そうなアニメ。
今までふわふわぽやぽやしたアニメが続いた「水もん」での久々のハードボイルドアニメ。
前作「プラスティック・メモリーズ」や「放課後のプレアデス」の萌えアニメとは方向性が全く違う、
殺伐とした世界観とアクションでワクワクします。

外国ギャングが仕切っているある下町(?)で、
二人の何でも屋が殺伐と生きている日常風景…な始まりでした。
1話でマフィアのやんちゃ坊主に囲われていた娼婦を助けた主人公二人でしたが、
この女性もメインキャラのようですね。
深夜アニメにふさわしいブラックタウン物語でした。

ものすごいどんでん返しが無い限り、
地に足付いた物語であろうと想像してます。
ちょっとはらはらしながら、主人公たち二人の成り行きを見守っていきたい気持ちになりました。
二人のうち、一人は耳が聞こえないのですが、
しゃべらないキャラでしばらく行くんだわと思わされたところで、
いきなり1話の最期で耳が聞こえない人なりの話し方で啖呵を切ったところはかなりインパクトがありました。
あれだけでもこの先見ようと思わされる。

ただ、救いがあるとはいえ、それまでの理不尽な暴力とか身近な死とか、
感情移入しすぎたら心が痛むアニメです。
カッコイイカッコイイで見る分にはいいとは思うけど、
最期はあまりスカッとはしない予感がする。


 黒子のバスケ (3期) 第75Q最終話感想  

とうとうアニメも最終回を終えてしまいましたよ!!
スピーディーな展開で、Aパート中にWC勝敗を決し、
我らが誠凜高校が優勝です!!
75Q始まったときはまるで宇宙でバスケしてるみたいな絵面だったよね。
何が起こってもおかしくなかった絵面だったよね(笑)!!

もうめっちゃ興奮したけどね!!(結局は開始早々視聴者もテンションあがりまくり!!てことだよね!)

あぁ、思い起こせばこの決勝戦の間に、
赤司君は2人目出てくるわ、
5人全員ゾーンに入って目からビーム出しちゃうわ、
黛さんに至っては、わずか30分の間に5人めの紹介で「新型のシックスマン(6人目)!」てageて、
すぐ後に「上書きされた!」てsageられて、
やだもうこの人愛おしい。

それにしてもEDでは黛さん!
赤司の相棒認定(公式)おめでとう!おめでとう!!(嬉涙)

あれは滾りましたよ!
今までは学校ごとの相棒紹介で無冠の五将の3人がまとまってひとくくりにされてて
赤司君てば中学の頃がだてにフレンドリーだったせいで
「やっぱり赤司様は孤高の虎、一匹オオカミなのね」てボッチがネタにまで昇華されてた。
それがここにきてアニメEDで、
それぞれの相棒と2ショットでキセキが順番に出て来るところ
もうね、赤司君のところ、どうなるのかドキドキでした!
でもやっぱそうよねー!そうくるよねー!そうでしかないよねー!!
やっぱり黛さんよねー!ヒャッハー!!

まぁEDは置いといて。

Bパートはジャンプ+の描き下ろしが」アニメになってました!!
Aパートで、大会が終わりをつげ、「次の世代に」と1年2年だけが映って終わってから、
Bパートではバスケ部を引退した3年生たちと残った1年2年の絆の様子。
それぞれが新しいチームに向けて、踏み出したそのころには
誠凜は相も変わらずの和やかムード!!
しかも、二号のかわいらしさ爆発です!!
なにあれ可愛らしすぎ!
思い返せば試合中、アレックスさんの懐にこっそりと忍び込ませてもらって試合鑑賞していた二号ちゃん可愛かったよね!
要所要所でみんなと一緒に掛け声(わんっ!)ってかけてたり。キュンキュンするわ。
もうこのアニメの二号の使い方抜群だわ。
最終回の尻尾でぐるぐるに私のハートもぐるぐるだわ。
あと火神君試合中と日常のギャップたまりませんわ。
カッコ良すぎて可愛いなんてどこの天使か

EDの差し替えイラストでの誠凜高校日常風景では
鉄板の「二号からの火神君への愛情ダイブ」とか、もうこの天使たち可愛すぎて怖いわ!!(大笑)

他校もファンにはそれぞれ嬉しかっただろうなぁ。
海常の笠松さんとか、今となっては貴重だもんね。
しかもちょっと成績悪いところとか愛おしいよね。

緑間&高尾君の秀徳は最終回にて新キャラ!大人気の宮地さんの弟さんが登場です!
アニメ的には普通の人っぽくなってましたが、
実は原作では宮地さん(兄)に負けず劣らずの口の悪さです!
しかもこの人、兄貴のお友達の妹さんを盗撮疑惑ありではないでしょうか?
あの写真、漫画的なコマ割りでは違和感無いですが、
実際あんな撮られ方どうなの?と心配してしまいました。うんどうでもいいね。

青峰のとこの桐皇は…ちゃんと練習…してるのかしてないのか。
まぁ桃井さんが嬉しそうだからいいのか。いいだろう。
ま、個人的には火神君のよきライバルであってください、と。
でもどうやら実力、才能ですべてを上回ってるようなので、
せめて体力ぐらいは火神君に分があってほしい。
なんだかんだ言って、絶対桃井さんは青峰本命だろうなって私は思ってます。
自覚もしてるだろうなって思ってます。
黒子君への恋心も、最初は本当にあっただろうけど、今となってはファンみたいなノリになってるのではないか?とか思ってます
勝手な妄想垂れ流してごめんなさい!!(笑)

紫原君のところの陽泉は…うん、寒いね。
ここも、誠凜と似たような感じでアットホームな感じ。
唯一練習風景が出なかったから余計にのほほんと見えたのかな。

そしてそして!!
赤司君率いる洛山!!
黛さんが!黛さんと赤司君が!二人が初めて会ったあの屋上で!再び会いまみえてます!!
なにこのラノベアニメ感(大笑)。
なにこの黒バス特有の「互いを認め合うイベント」ぽいの!
もうたまりません!ヽ(^o^)丿
生きる勇気をもらいました。ありがとう。
試合途中ではコマのように扱われて顔をしかめていた黛さんですが
「この1年は楽しかった」発言に、
試合中に黛さんと一緒にSAN値ゴリゴリ削られていたマユラー達の心も浄化されたのではないでしょうか。
とてもいいシーンでしたね!

そんな感じで、終わったけれどでもまだ心にじんわりと残っている黒子のバスケです。
名作でしたね!

ところで、3日に発売の「アニメ黒子のバスケ ~WC誠凜優勝記念パック~」を購入して、
ウキウキで開封したところ、気持ちが先走ってしまって
折り畳みのポスターを広げるときにちょろっとペロッと破ってしまった私の心境を推し量れ(命令形!?/笑)。
火神君は無事だったからまぁ良しとする…て考えつつ、ちょっとだけ泣いた(大笑)。
てかシール小っちゃい。

 えとたま 最終回 

なんだこれ最後めっちゃ感動した(笑)。

始まってからはネズミ年産まれの視聴者のSAN値がごりごり削られ、
途中は丑年の皆さんのハートが打ち砕かれた。
生きてますか?
わたしは師匠組の一人でしたのであまりSAN値削られなかったてすてす。

しかも、エンドカードは声優さんの絵というある意味公開処刑みたいでハラハラした。
めっちゃうまい人いてますます怯えた(笑)。

アニメが始まったときは、「なんだよまたラノベ展開みたいなハーレム物かよ」と思ったけど、
想像超えてにゃーたんがモテてて笑った。
お前かよ!と(笑)。
他の子も可愛かった。
自分の干支の子、やっぱりひいき目しちゃいますよね(笑)。

ストーリーに深い内容なんて無いお色気アニメかと思いきや、
けっこうキャラ立ちしててしっかりとした話のあるアニメだった。
十二支の伝承は軸にしてるだけで、
なかなかに広がったストーリだったでござる。
ただ、その奥深さに気が付いたのは中盤過ぎたあたりだった(笑)。
最初はただの萌えアニメの色が濃かったから
見なくなった視聴者さん多いかも?
最期面白かったですよ!
謎の感動がありましたよ!!
ちゅーたんデレましたよ!あのちゅーたんがですよ!(大笑)

 ノイタミナ・パンチライン  最終回感想 

考えるな、感じろ!!的なアニメ。その2(笑)

流行のループものしたいです!が最初にありきな感じのアニメだった。
後音楽に小室哲也引き入れたら話題性出るんじゃない?てな感じもうっすらと(笑)。
だがしかしOPもEDも小室作曲ではなかったよドゆこと?(笑)
小室曲になぜしなかった!

主人公が実は心は男で、体が入れ替わっていて女の身体。
もともとの持ち主が実は同じアパートの住人。
そのアパートは個性的なメンバーが集まってて…けっか地球を救った正義のヒーローとなった。

ベストエンドではない終わり方がものすごく良かった。
猫がいろいろ干渉してくる原因がさっぱりわけわからないまま終わったけれど。
ユータが一人犠牲になったのもある意味後味悪い。
でも、とびきりにハッピーでピースフルな世界がじゃぁどんなのだといわれても
この物語の進み方や時間(わずか12話しかなかった尺)からいうと
まだまだ到達できるところではなかったのかも?と思う。
今まではただ単に滅ぶだけだった世界が、
今回のユータの活躍で世界崩壊から脱がれた。
何億回(だっけか?)繰り返してきた悲運は回避し、
なんとか突破口は開いたって事なんだろうね。
最期に普通に自分の身体に戻ったちよこが可愛い恰好してたのがほっこりした。
あと、登場人物が「それぞれ役に立ってた&誰かが欠けてもこの作戦は成功しなかった!」のはお約束だったから
あまりワクドキはしなかったけど、
よくよく考えると途中で何人かが死ぬ未来を回避しての事だと考えると、あとからじわじわくる。

ストーリーはかなり複雑に、まるで複線を張りまくってますよ!的なノリですが、
ぶっちゃけあんまりこれと言ってハッとするようなことは無かったな。
面白い、っちゃぁ面白いけれども、どうも主人公目線で
事件が起こってから、後手に回っての行動が多かったから、
どうしても先回りしてどうこうした、っていうループもののウリが生かせてなかったように思う。
せっかく幽体のユータと体を乗っ取ったユータの二人が居るんだから、
それぞれの視点を絡ませて、もっと複雑な物語の展開にしても視聴者はついてこれたと思うよ。
どっちか一人に偏りすぎだよね。
だからうっかりもう一人いるの忘れてしまう。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



QR