蒼穹のファフナー EXODUS 17話感想…カノン…

まさかのカノンちゃんグッバイ回だった。
嘘だろ…嘘だろ…1期からの主要キャラが…ヒロインじゃなかったのかよあの子。
翔子ちゃんが亡くなって、そこん家に養女に入って、すごく娘らしくなってきてたのに。
いつもショコラ連れてて優しい子だったのに。
あそこのお母さんのメンタル大丈夫か?

未来を視るのがカノンの能力かと思ったら、
未来を変えることができる能力だった。
それに気が付いたカノンは、本来なら島が全滅する未来を変えるため、
時間をまたいで孤独な戦闘を続ける。
何度も未来を変えて行くカノン。
それのせいなのか、急激に減っていく体重。
未来を変えたら、その未来になるはずだった道筋が変わる。
ゆえに現代の進む道も変わる。
つまりは「未来を変えることによって、今の竜宮島の進む道を誘導することができる!」
次々と現在の竜宮島の良くなる状況、この前までのぐいぐい全滅に向っていた雰囲気なんて払拭ですよ!
島の全滅を防ぐため、カノンは好きな一騎と二人だけで生き残る未来より、
自分は消えてしまうが島の皆と一騎が生き残る未来を選んだ。
そして、最期に体重計に乗ったカノンの体重はわずか21グラム。
これって魂の重さと言われる重量ですよ!もうカノンは魂しかそこに無いのですよ!!
他の子たちの同化現象の治療方法がやっとわかったこの時期にですよ!!
すごい!すごい展開だファフナー!!
2期が始まってすぐ、クーラーボックスで度肝を抜き、
そして今!まさかのカノンちゃんで涙腺大爆発です!悲しすぎ。どうしたらいいのこの感情。
カノンの消滅をいち早く気付くショコラでさらに心えぐられます。もう…もうっ…。

カノンが夢で見た、自分の葬式(?)の時の、号泣するお母さんの隣できちんと礼儀正しく座っている犬猫が
ますます涙を誘います。
ここの動物の使い方うまいよね。

ところで、体にぽっかり穴が開いたレオくんと、目が浸食されたミミカちゃんがイイカンジに助かりそうなうえにうまく纏まりそうで微笑ましいのですが、
こんなのフラグじゃん。絶対フラグじゃん。
スポンサーサイト

ランス・アンド・マスクス  1話~3話くらいまで感想

なんかじわじわくる。見てしまう。

騎士の島で騎士として生きる事を強要された主人公葉太郎は騎士であることをお断りしたくて黙って家を出る。
空腹で彷徨っていたらそこに幼女。
なぜか公園の岩場を登っていた幼女だったが落ちてしまうところを葉太郎に助けられる。
だが葉太郎は騎士であることを隠したいのに、騎士としてふるまってしまう自分が嫌でマスクをしていた。
マスクをしたヒーローと葉太郎とは別人だと思い込んだ幼女。
なんとこの幼女は大きな屋敷で一人住む、どっかのお金持ちのお嬢様。
お嬢様と出会てしまった騎士。
もうほっとけないよね!
って展開。

なんかこの感じ、ハヤテのごとくに似た感じがして、
絵も日曜の早朝にやってる幼女向けアニメみたいに見えて、
どうかなー、1話できっちゃうかなーとか思いながら1話見て、なんでか続きが気になった(笑)。

ハーレムアニメかと思いきや、みんなで幼女を守ってる。
あれヒロインが幼女だからいろいろ許せるんだな。まきおちゃんが可愛い。
許すわ。いろんなこと許すわあれは。
絵はイマイチ。でもキャラの見分けはつく。みんな身長とか違うから。(笑)
父親若すぎとか、メイドさんが強すぎとか、
主人公今まで大事にしていた武器投げ捨てるんかいとか、いろいろ気になるところはあるけど、
なんでこのアニメ気になるのかわからない気になり方がするアニメ。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~  1話2話感想

くっそう、萌える。(笑)
萌える絵だと思ったらBONESで會川昇(原作)かよくっそう(笑)
機巧奇傅ヒヲウ戦記のとこじゃねぇかよくっそう!
罠か!?何かの罠か!?(笑)

舞台はまるで異世界だけど昭和の雰囲気の日本。
世の中には超人って分類される異能者が普通の人の社会に紛れて隠れ生きてる世界。
主人公はその異能者たちを見つけ守る、政府の組織。
自分だけは普通の人間だといっているが、
アニメの中では今と数年後と交互にあって、
数年後には超人の力を使ってつから、どうも主人公も超人みたい。隠してるのか?それとも目覚めたのか。

長時間スパンでの秘密の行動とか、数年後に急に出てきて「あの時」とかを
何話も過ごして最後に出してくるような事をせずに、
1話の中に入れ込んでて、すごくわかりやすくて良い脚本だと思う!

あと、わざとそう作ってあるんだろうけど、EDがキモイし、エロイ空目しちゃう。
ほんとは全然エロくないのに、こう見えちゃうっていう仕掛けがされてて、自分の心が汚れてるのかしらとじわる。
これは罠か?(笑)

この先もかなり楽しみなアニメ。
でもきっと最期はあれ?なにこれでいいの?な終わり方になる予感。
でも見る(笑)。絵が好み。
ヒロインの魔女っ娘には幸せになってほしい。

K RETURN OF KINGS 1話~3話ざっと感想

なにすごい進化してるKすごい。
アニメ画面なのに定点カメラじゃなくて追いかけカメラ視点すごい。
とにかく1話凄い。動き凄い。
で、やっぱ猿と美咲は最初っから「ミィサァキィ~」なんですね。
1話から「○○抜刀!」もまさにKらしくて笑い萌え状態。
OPがangelaじゃないのが凄く話題になりましたが、私的には抵抗感がもともと無かった。
聞いてみたところすごくイイカンジじゃないですか。
堀江ゆいさんの以前の「ドラゴンなんちゃら(題忘れた)」の主題歌の感じに似てて好き。
きっとすぐみんな受け入れるよ、いい曲だよ。

話の内容は1期の後から2期までの間に劇場版が二本入ってるんですけど、そのストーリー続いてますね。
劇場版見てないと解らない部分がありますが
1期見てたら大丈夫でしょう、多分。
シロも今回やっと地に降りてきたし。
話はもともと解りにくい展開だったからいまさら解りにくくても大丈夫さ!(笑)
ほどほどに理解できる程度であとは「抜刀!」とかのとっさのかっこよさに萌えてればよろしいかと。
あと「猿!」「ミィサァキィィイ~」とに(笑)。名物となってしまったよね。
個人的には私は美咲派。

劇場版で終わりを迎えるのかと思ったら2期してくれて、
わたしのようなコアなファンじゃない者にも続きが見れるのは嬉しい展開。
これで決着がつくところまでしてほしい。
とにかく映像美が凄いアニメ。

コメット・ルシファー  1話感想

ものすごい冒険モノの予感。
1話からすごい。なにがすごいかって空から女の子が降ってきたと思ったら
なんか鉱石になって光って謎の女の子出てきて、
そのとき昔から知り合いの女の子が親が決めた許嫁から逃げてきててそれを助けてて、
と、まぁいろいろ詰め込んできまして。
なんか…萌え絵のラピュタ始まった?みたいな。
とか思って見てたら謎の女の子に従属するロボ出てきた。エウレカのミルバーシュみたいなの。
公式はオリジナルアニメってカテゴリになってるけどそれでいいの?
オリジナルロボアニメにした方がいいんじゃないの?と混乱して1話終了。
まさかロボが出てくるとは予想してなかったので驚きだぜ!

まぁ1話から犬助けたから(笑)いいアニメだということにして、この先どう転ぶか期待。
知り合いの女の子の許嫁がいいとこのお坊ちゃんだそうだけど、
それにくっついてるのがキャラデザ見る限りでは主人公とええとこのお坊ちゃんと同級生だと!?
やるじゃねぇか。このアニメ。(笑)
まぁショタのハートはちょっとくすぐられた、とだけ報告はしておく。(誰にだよ!/笑)
彼のこの先にも期待。
この子一目見た時からくるかも?って予感はあった。
え?主人公?好きにやっとればヨロシイ(笑)。

ワンパンマン 1話2話感想

やだハゲかっこいい…。(笑)

なんかよくわからんが、世界に悪者があふれているらしい世界。
これが悪者っていうか、怪獣って言うか?超人っていうか。
特撮の悪者の凶悪なレベル。超巨人だったり、宇宙人みたいなのだったり、妖怪みたいなのだったり。
それらの悪者と戦うヒーローが何人かいるみたいなんだけど、
その中の冴えない容姿のサイタマさんが主人公。
この人冴えない容姿なんだけど、もう強くて強くてどんな敵でもワンパンチで倒しちゃう。
てか3年前まで凛々しい顔立ちだったし髪もあってかっこよかったのに。

就活失敗してヒーローになろうって思ってちゃんとヒーローになるって偉いよね。
でも頑張りすぎて髪が全部抜けちゃったんだって。
素直に笑っていいところなのかどうなのか、悩む。

EDがいい曲。
森口博子ってマジかよ懐かしい。
「大好きな人が強すぎて心配」ってとこ凄く好き。

ヘヴィーオブジェクト 1話2話感想

これ面白い。絵が好み。話の展開が好み。BGMいい。
ただ、原作が「とある魔術の禁書目録」の原作者さんなのがこの先心配の種。
ハーレム物になっちゃうのかな、って。
今のところ、そういう展開は無いけど、女性がエリートだからみなエラそう。
でもまぁ戦場に若い女性が指揮官としているって設定を推し進めるためにはエリートって最初からしたのは納得のいくところ。
だがおっさんとか普通にいるのに、指揮官が18歳のわがままボディってのはさすがに無理が…。

時はすごく未来。多分(笑)。
戦争は無くならなかったけど、戦術は劇的に変化。
一つのオブジェクトっていう直系50メートルほどの超巨大兵器同志で戦い、雌雄を決し、その勝敗により戦争に決着がつく。
ざっというとGガンダム制度だね。
そのオブジェクトってのに乗るのがエリートの少女ヒロイン。14歳くらいだそうです。
で、主人公がそのオブジェクトの留学生整備士。&その友人貴族の青年。
この3人がメインでしょうか。
そのヒロインちゃんの乗るオブジェクトは1世代と言われ、旧式。
最近新型2世代が出てきたらしく、なんと1話にてヒロインちゃん負けちゃいました。
敗戦です。逃げ惑う自軍のみなさん。
それを助けるために自ら囮になるヒロインちゃん。
ヒロインちゃんを放って逃げるなんてできない!と主人公らしく助けに行く主人公。&巻き込まれた友人。
知恵と勇気と友情とちょっとしたラッキースケベが繰り広げられるロボットアクション(?)です。
面白いです。
絵も綺麗です。
オブジェクトの戦闘すごいです。
いろいろ戦艦とか戦車ポイのとか出てくるのですが、それもかなりかっこよく表現されてます。見ごたえあります。
でも「禁書」の原作者さんなので、無駄に主人公がモテモテになるのかもしれないと思うとイマイチ乗り気になれない(笑)。
これからに期待!

思い出のマーニー 感想

良かったと思う。
正直予想以上だった。
途中までは多分これまた夢うつつな幻みたいな存在だけど、世界のどこかにある不思議の世界なんだよって夢でも何ででも理由避けできるファンタジーなのかなって思ってたんだけど、
ちゃんとした理由があって、全部説明できるってのが良かった。

体が弱いと言われて田舎に療養に来た主人公。
この子のどこが体弱いの?(笑)
元気じゃん、ということはもう置いておくしかないのか。
しばらく見続けて、「あら!アンナちゃん目が!」で「ほっといてよ!ふとっちょ豚!」
は?耳を疑いましたよ。
スタジオジブリは全国のましゅまろ女子(あえてこの言い方でいかせていただく)を敵にしたいのか!?とりあえず私は心臓にぐさりと刺さったわ!!コンチクショウ!(笑)
そしてマーニーとのお花畑な不思議体験。
心が成長する主人公アンナ。
年下のお友達ができ、笑顔でその地を去るアンナ。
終わる。

…って、ちょっと待ってーっ!!ふとっちょ豚さんとは最後の挨拶だけですか!?
途中仲直りして、さらに友情を深めるとかそういうのは無いんですか。
なにこれジブリ新しい(笑)。
いつも何か、喧嘩から仲良くなるっていう鉄則みたいなのがあったので、いつそういうイベント始まるのかとぼーっと見てるうちにエンドロール流れ出してびっくりした。(笑)

それはそれとして、
最初の展開から、どうせこうなるんだろうって思わされる事無く、だんだんとサスペンス調になってきて面白かった。

ただ、アンナがマーニーと会っているのが本当の事かどうかって話になると
もしそれが現実じゃなかったら、アンナはこの間どうしてたんだろうか、とかリアルな話になっちゃうととてもメンヘラぽくなってすごい怖い。

蒼穹のファフナー EXODUS 14話と15話感想

うおおおおーっ!!キター!!エグゾダスきたー!!続き来たー!!
と大興奮で始まりました。
まさかのOP・EDそのままです。
しかも2期とかいわせずに、14話から、何事もなかったかのように続きです。
つい先週も放送があったかのように始まりましたエグゾダスです!
予告もマヤちゃんの独特の可愛い声で「そうきゅうのふぁふなー えぐぞだす。」て言ってます可愛い!!

始まりは、逃亡の人類軍側からです。
前回の竜宮島のドキドキした絶望的な終わり方はひとまず置いといて、
総士と一騎とマヤちゃん達がわです。
なんとか長距離移動して、その間に何があって~と端折り気味な展開でしたが、
最期に「援軍だ!」「わーい!」
敵「オペレーションアルファを発動」「撃て」バピューン!
で、島の2期生一人死亡で「え?」ってなって15話へ続く。
迎えた15話。
「この前のは何かの間違いだよね?死んでないよね?」と思って見てたけど、
作中クーラーボックスに。ビビるわ!!あれ、あとで助けに行く!!って言ってたあきらが見つけるのかな。
クルわ。心にずっしりくるわ。
もうたった2話で怒涛の展開。
人類同士で争っている場合じゃないなんて、この世界じゃきれいごとですよね。
やっぱり安定してるところに団体で「助けて~」て言いながらフェストゥム連れてきたら過激派に向え撃たれますよね。
なので、本当は都市に一般人置いて、一部で聖地目指すつもりだったのが全員連れて聖地移動が決定。
竜宮島の人たちは、本来ならここで竜宮島に帰るはずだったのかな。
やっと帰れる!って言ってたハズ。
もうはよ帰ってやってと思う。島は島で大変なんだから。
あぁもうこの先見るのが辛くて怖い。
だがこの切なさがいい!!(笑)
やっぱりファフナーは歴史に残るアニメだと思う。
このテンション毎シリーズ保ち続けられるのすごい。

ハイキュー!!2期 1話感想

イイカンジに萌えです!
バレーには興味は無いのですが、知識やルールはバッチリだぜ!!(笑)

1話でOPに新キャラの女子マネ出してきてるんだけど、
この子可愛いくて良い子なんだけど、
少年漫画のヒロインとしては出てきたタイミングが微妙でさ、
この漫画主人公たちに近い女子でないと思ってた分ショックでかかったわ(笑)。

白鳥沢のエースと主人公たちが会うイベントが原作と違ってたんだけど、
原作の出会い方がこの女子マネがらみだったのが
今回絡んでこない出会い方なのは良い改変だったと思う。
アニメはいろいろとすごく良い改変してる。
これからも楽しみ。
翔陽可愛い。でもバレーって高身長のキャラが多いから、ショタ萌えは多分翔陽か研磨君にいくんだろうか。
ちなみに私はしっかりと翔陽と研磨君に萌えです(笑)。

いとしのムーコ 1話感想

今期一萌えのアニメかもしれませんよ!!
ある山奥でガラス工房を営む小松さんに飼われている愛犬ムーコちゃん。
小松さんが大好き!
もう好き過ぎてどうにかなっちゃいそうなくらいのハイテンションが標準モード。
可愛すぎか。
ワンコの声が鳴き声じゃなくて、普通に人間の言葉なんだけど
小松さんたちには当然聞こえなくて、
常に独り言というか、一方通行的なセリフだらけなんだけど、もうそれがおかしくて(笑)。
常に「こまつさーん!」て言ってるのが可愛くて萌え転がりますよ!

このアニメの原作はゲーム好きなら誰でも知ってるみずしな考之さん。
あの女の子キャラが常に大口空いてるのがどう動くのか興味津々ですね!

あと、原作のコミックが出てるんだけど、表紙のムーコの鼻がツヤツヤ~。
ムーコご自慢のツヤッツヤ~なのですよ!!
可愛いよ!!

1話では1巻の最初のタオルピーの話と最期のデジカメの話だったんだけど、
小松さんが撮ると可愛いムーコが他の人が撮るとあまり可愛くなく映るのがいいよね。
わかるわ~。愛犬あるあるだわ~。
飼い主にだけ見せる笑顔。たまりません。

GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  12話 最終回感想

ここでぶっつりきられたらなー、
「イタミなら何とかしてくれる」てものすごい何でもアリな主人公感すごい。
主人公が「俺普通ですよ~」てノリなのに、もともと本当に特別な存在なのがどんどん解ってくる展開だったので、
チート臭強い。
こんなできる男なら惚れるだろ!?ん?ほらほら、って言われてる感じがする。

多分これは私が女目線で見てるからだと思う。
これ、男が見る萌えアニメなんだよね。うん、場違いなのは私の方だね、スマン。

軍隊が、突然攻めてきた異世界に逆に進軍するっていう設定は面白いと思った。
それぞれにキャラも立ってるし、エルフ見て「わぁ!!」てテンションあがるのもわかった。
でも、最初から最後まで男の異世界住人がろくに出てこなかった。
ハーレム物だったんだね。
今まで気が付かなかったよ。
まさか女ばかりが出てきてきゃっきゃうふふしたり、あっは~んしたりしただけのお話だなんて知らずに見てたよ。
もう…自分の直感がわからない。(笑)

最期に急に新キャラ出してきて、新しい展開に持って行ったくせに何もしないで最終回。
2期があるにしてもせめてあの人の問題をきれいさっぱり解決して終わってほしかったよ。

オーバーロード 13話 最終回感想

ちょっとこれもまたそこで終わるのーっ!?という中途半端な終わり方されてしまった。
でも展開はとても面白かった。
最後怒涛の「課金アイテム!!」の嵐(大笑)。
普通、ここでギャグとして笑いを取る雰囲気で来るアニメが多いのだろうが、
これ真面目に戦いながらぶちかましたからね。
面白かったわ。
そうだよね!課金アイテム最強だよね!
ゲームの中で始まった世界がリアル異世界に飛ばされてもなお、
モモンガだけゲームのアイテムや設定が生きているのは面白かった。
だから、NPCだった手下たちが絶対ももんがを裏切らないっていうところとてもいいと思う。
モモンガの性格が非情になった云々はどうなのかな。仲間に治してはものすごく情が厚いし、
結局今回もシャルティアをめっちゃお金使ってでも復活させた。
もともとのアインズウルゴウンの仲間のこと大切にしてるし、
倒すのは悪役だけみたいになってるし。
そんなに悪い人には見えない気がする。

とにかく物語が途中でぶっつり切れて、シャルティアに精神支配したの誰か、とかの謎が残されたまんまだし、
セバスは囮役で出て行っちゃったきりだしってことで、
のんびり2期を待ちますか。

GOD EATER 9話最終回感想

最終回の回数じゃない。(笑)
なんでここで終わるのかというところでブツンと切れて、
「10話~13(?)話はこの冬に!!」ばばーん!って出た。
もうね、ここまで何度も特番入れてしてくれたらこのアニメ何しても許されるんじゃないかなって思った。

正直ちゃんと続けて見たかったけど、
これが間に入った特番が私のツボでしたのよ!!
制作側の、ゴッドイーターに向けた制作意欲をもくもくと紹介されていくだけの特番面白かった!!
BGMも最初にテーマにそった曲を作って画面に流す従来の方法ではなくて、
先に画面作って、その動きに合わせて曲を作っていくってのがすごく感動した。
あのアニメ、戦闘シーンの盛り上がりとか、静かな画面の移り変わりだとか、
ところどころですっごい感情が揺さぶられるシーンがあったんだけど、そういうことか!と納得。
音楽で盛り上がっていたんだ。その画面の移り変わりに、キャラの行動の盛り上がりに、そのタイミングに、ぜんぶ合わせてたのが
目と耳とで同時に受けて、気持ちが高ぶったんだ!としばらく興奮してましたよ!
わたし、声優さんが出てきゃっきゃうふふする特番より、こっちの方が好き。
世間では「地味だった」ていう反響の方だったみたいだけど、私は興奮したよ!ぜひこういうのをもっと見せて欲しい。

絵も綺麗だったし、主人公がまさに一昔前の少年漫画の主人公みたいな熱いハートを持った熱血野郎だったのがいいよね。
ヒロインが今風じゃなくて、少し前のツンデレタイプなのがいいよね!
(今風全否定な私/笑)
周りがまさに大きな戦いに向うぞ!ってところで一旦幕引きになったのは残念だけど、続き期待してます!

Baby steps 2期 25話 最終回感想

面白かった。
結局試合には負けるんだね。負けて終わるってこれはこの続きもあるだろうと思うんだけど、
負けても晴々した終わり方で良かったです。

敵である人も主人公のえいちゃんと似たタイプだとずっと言われてた人だったんだけど、
好敵手として一人に絞ってないんだよね、このアニメ。
いろんな選手が出てきて、いろんなタイプの試合して、
凄い強い人は物語最初の頃に出てて、そうかと思えばもっともっとすごい人がひょいって出てきて
主人公大変だこりゃ。
でもちゃっかりヒロインちゃんとはラブラブになったし、
もう終わってもええわと思ってます(笑)。

池くんとヒロインちゃん取り合うとか全然無くて、恋愛ものとしては安心して見ていられるアニメでした。
テニスの展開がものすごく丁寧なのに、そこに恋愛絡ませて来たら
ひょっとしたらうっとおしく感じたかもしれない。
恋愛がひょいっとうまくいって良かった。
ヒロインちゃんが全然ぶれないところが良かったね。
まぁ昔は池くんしか知らなかったから憧れてテニス始めた、とかべただったけど、
あの子はふらふらしなさそうだから安心だよ。

あと、特筆すべきは主題歌が良い。
神曲だといってもいい。
歌詞が良い。自分応援ソングなんだけど、すごく良い。
自分を甘やかすんじゃなくて、自分が頑張れるところ自分で解るよね、だから自分に嘘つかないで。頑張って!て感じ。
1期も2期も同じ曲なのは嬉しかった。本当にいい曲!!

そっかー、GANGSTA.があの終わり方だったのはそういうことかー。

倒産したんだ。大手だったのに。

↓ヤフーニュース
アニメ制作会社マングローブ、自己破産申請へ 「サムライチャンプルー」「ハヤテのごとく!」など制作

最期の方作画崩壊凄かったもんね。最終回なのに変だなって思ってたんだ。
サムライフラメンコこけてたんだ。わたし好きだったんだけどな。
それよかハヤテや神のみぞ知るの方が続き過ぎてダレてるんじゃね?って思ってました。

それはともかくとして、2年前に10億稼いでたのが、ほんの二年で倒産しなければならないほどに負債を抱えるという事にガクブルしました。
うそだろ…時代を駆け抜けるのが早すぎだろ…。

それが声優! 13話最終回感想

すっきりして終わった。
「俺達の戦いはこれからだ」パターンでした。
大成功したわけではなくて、今までまだしょぼい声優ですが、これから息の長い声優目指して頑張ります!
ユニットもまだまだ大きなことしますよ!的な、希望を膨らませたこの終わり方、わたし好き。

続きが絶対知りたいというわけでもなく、これからの活躍をいろいろ想像できるし、ヘタしたら落ちぶれてるかもしれないけどそういうのも人生なので、この子達なら受け入れられるかな、みたいな。

途中本物の声優さんがそのキャラまんまで出演してるのが面白かったよね。
あまり声優さんのリアル情報知らないのですが、
有名声優さん出してくれて、リアル情報知らない私でも楽しめた。
後、主人公のフタフタが少年声いいって言われるのよくわかる!!
少年声いいね!萌えるね!!
もっと少年声でいろいろしてくれたら嬉しい。
ぶっちゃけ別のアニメで少年声プリーズ!!
と思ってたら今期「乱歩~」でコバヤシやってたって?
そうじゃない。そっちじゃない。もっと!もっとこう、熱い少年を!!

声優業界を覗いたような気持ちにしてくれるアニメだったけど、
最終回で結構厳しい現実言ってたのが怖い。
「ヒロインするような声優でも30歳前には仕事がなくなる」だっけ?そんな感じの事。
そうなんだ~。
フタフタの声優学校(?)の同級生も、フタフタの所属事務所に入れなかったり、声優してなかったりで
「双葉が出世頭」的な扱いだった。
そうだよね、何万に一人の人なんだよね、フタフタ。
アニメではダメダメなところがずっとクローズアップされたり、りんちゃんの方が人気あるからそっちに華があったりと
不遇な人間ドラマのような扱いだったけど、
最終回ではフタフタもやっぱりできる人なんだと見直しましたが、
いかんせんそんな人気者がコンビニバイトとかしてたらそこにファンとか集まらないのかと心配してしまった。
都会ってそういうもんなの?誰々がどこそこでバイトしてるって広まって、ファンとかそこのコンビニ行きまくりとか無いの?
みんなそっと見守ってるの?それともフタフタは気が付かれてないの?

監獄学園(プリズンスクール) 12話最終回感想

ものすごくアホなアニメだって解ってた。
でも面白かった。
エロもそこまでひどくないって思ってた。始まったころは。
でも、回を重ねるごとに闇生徒会の副会長さんがおかしな色物になってしまってきたあたりから
変態アニメになってきた。
ヒドイ。ヒドすぎる。
最終回は変にエロくてどうしようって思った。
花さんは確かにそういうキャラだよ。いつも間違って何かの被害を受けてしまうキャラだよ。
その失敗ぷりが可愛かったのに、最終回ヒドすぎる。

気持ち悪かったけど面白かったぞ。気持ち悪かったけど。(笑)

最終回で闇生徒会を罰したのは表の生徒会でしょうか?

もうね、あこまで非常識モードで突っ走られると、こっちも吹っ切れるというか、何が起こっても笑ってみていられる。
あれこそが深夜アニメだわと思わされるわ。
無駄に女の子が男に媚びてない。そこが良いわ。
決して萌え絵ではないのに、花さんも他の子も可愛かった。副会長さんも最初の印象とは裏腹にオバカキャラだった。
あまり下品なのは正直引くけれども、まぁ設定と見せ方で面白かったアニメだと思う。
プリズンに入れられた裏生徒会と今後あの男子たちがどう展開していくのか気にはなるので
続き期待!
プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR