機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ  16話感想

フミタンが!!
フミタンがクーデリアさん庇って死んじゃった!!
とうとうメインキャラで裏切りが出たと思ったらそれを打ち消すかのように、
この時ぞとばかりに良い人になって死んでしまった。
「もうフミタンじゃない」は心にずしりとくる感触でした。
クーデリアさんの「フミタン!フミターン!」の叫びも悲壮でした。
それなのに。
その名前を泣きながら呼ぶクーデリアさんの声にかぶさって画面に映ったのは
フミタンの本体改めメガネ。
フミタンのメガネ。
割れた眼鏡。

なんで最近のメガネキャラは本体が眼鏡扱いなんでしょうかね!?
ガンダムだけ見てるってコアな人には申し訳ないのですが、
割れた眼鏡に「フミターン」の声がかぶさった時にゃぁ、もう…。
銀魂とか銀魂とか銀魂とか思い出しちゃうじゃないですかヤダー(大笑)。
大事な場面なのに。
一旦は裏切り者の立場を受け入れたフミタンが
考え方が変わった自分を受け入れ、フミタン視線で目が眩むほどに眩しく感じるクーデリアさんの未来に希望を預ける、
そんな感動的な画面なのに!!
眼鏡にうっかり心持ってかれた。
心が汚れたアニメ好きでホントごめんなさい。

毎週楽しみに見ています!
スポンサーサイト

だがしかし アニメ1・2話感想

出オチ感がするね。
最初のヒロインの強烈な性格ゆえの登場から
駄菓子の面白さ、美味しさの展開はとてもいいのだけど、
ずっとこのテンションだと、
田舎ゆえに他に何も展開できるものが無い。
こういうところはけっこうリアルに田舎だ(笑)。
そう、田舎は何もない。
遊べるところとか、話題になるようなオシャレな事とか、何かの一期一会のような出来事とか
そんなもん無い!!
毎日毎日同じで、
少し変わった事するとすぐ誰かに見つけられてて話題にされる。
田舎の駄菓子屋って、他から見たら宝物の倉庫だろうけど
毎日そこにあるってだけでね。
ココノツの気持ちもわかるわ。
そこに都会からお嬢様がやってきて「ここはスバラシイ!」てされてもね。
まぁ救いはお嬢様が田舎万歳じゃなくて、用が済んだらとっとと帰宅する予定ってのが
納得できていいわ。

少し話がそれるけど
都会の人が田舎に憧れて移住しました!ってアレ、都会の人って知らなさすぎというか、何に憧れてるのか、田舎に住まわされてる身には微妙な気持ちになるんだよね。
空気がおいしいとか自然がーとか言われても
病院は選べない、スーパーは選べない、娯楽がろくなものがない、とかホント、
生活に支障が出るように感じるんじゃね?
田舎の人はそれが当然だから、便利な都会で生きてた人と相いれないと思うよ?
私の知り合いで都会で住んでいながらも自分は田舎だと思ってる(のか謙遜してたのか?)人は
「コピーならコンビニ行けばいいじゃん」と軽く言ってくれたけどね、
そのコンビニが無いんだけど?と返すと「そんなところでどうやって生活してるの?」と不思議がってた。
ちなみにうちもその後には無事にコンビニが立ち始め、便利になった。
知り合いの田舎住の人のところにも、都会から永住目的で来た老夫婦が
1年と待たずに「不便だ」と都会に戻っていったらしい。
来たときは、ものすごく前向きで、まわりも親切にしていたらしい。
だが「干渉され過ぎる」とか「生活が不便」とか「デリバリーが無い」とか鉄板だったらしい。
生活が不便になるのなんか、さいしょから解ってただろうに。
私の知り合いにも、
私がたまたま他の人に田舎の不便さを説明してる時に「自分の住んでる田舎の素敵さに気が付かなくて悪くいう人なんて最低!」とか言い出す都会人がいたけれど
嘘つきでめんどくさがりのお前は田舎にどんな妄想持ってるんだよと言いたいわ。
お前が住めよ田舎に、と今でも思うわ。
その時「田舎はコンビニが無いから、コンビニで買うものが買えない」っていったんだけどね。
「田舎に住んでるからって何かができないって言い訳するなんて。そういうのオカシイ」って言われたんだけどね。
無いところではできないんですけれどね。当たり前すぎるんだけど、そういうのが解らない人もいるんだね。
こういうアニメ見て、都市住の人にますます「田舎っていいわ」とか言われる風潮が辛い。
それってこの前の書道家のアニメ、アレだった。まさにあれだった。

この素晴らしい世界に祝福を! アニメ1・2話感想

話の内容はここ最近の異世界モノにある、よくある話。
主人公は現実世界の人間だが、しょんな事で死に、美少女女神になんやかやで特例として異世界に送られる。
この時に、なんやかやでその女神も同行することに。
そこまでは「うん…まぁ、最初のテンポは良かったけど今更面白くもなんとも?」と思っていたけれど、
それからそのテンポが崩れることなく、
他にすごい展開があるわけでもないが、
じわじわ面白い。

これはオタク条件なんだけど、主人公の雰囲気好きだわ、なんか惹かれるわ、と思っていた声が弱ペダの鳴子君なんだね。
叫ぶ所が多いんだけど、多分そこが惹かれたんだと思う。
主人公の周りに集まって来るのは可愛い女の子で、ハーレム物になるかも?だけど、
とりあえずは女の子の天真爛漫さは見ていて気持ちがいい。

本来なら、飛ばされた異世界には魔王が居て、この魔王に世界が滅ぼされかけているから
その魔王を倒す、っていう条件だったのだけど
主人公たちのいる町は平和そのもの、
それも魔王の城から一番遠い町だから。
女神も、主人公も、魔王を倒さなくてはこの世界から戻れない。
でも主人公は別に戻ることもないんじゃね?このままこの世界で面白おかしく生きてていいんじゃね?と思うわけですよ。わたしは。
しかも主人公達だるっだるに弱い(笑)。

別にこれと言って話題になるような突出した何かがあるわけではないけれど、
のんびり視聴するには良いアニメ。

Dimension W アニメ感想

原作の作者さんが好きでこれも読んでます。
原作者さんは以前アニメが人気になった「ダーカーザンブラック」のキャラデザしてた人です。
漫画もアニメ放送の後に連載してらっしゃいましたが
原作ありき、でしたので
ダーカーザンブラックは今までのとはちと違ったというのが正直な感想。
そしてまだ終わっていない「ディメンションW」よりも完結している「猫天!」の方がアニメに向いてるとこっそり思っております。
猫天可愛かった。
以前劇場アニメになった「いばらの王」は傑作だと思います!
というちょっと原作さまプッシュでした。

ではでは、このディメンションWというアニメはどうかというと、
岩原裕二テイストがぎゅっとちりばめられたお話で、
世界の有限だったエネルギー源が無限の可能性「コイル」というものにシフトした世界。
この無限の可能性とは、極端にまとめると無から有を成すくらいの、
とてもファンタジックな世界設定なのです。
この「無から有を…」という設定が、まさに岩原裕二さんらしい!
その世界で「回収屋」という一種の何でも屋さんみたいな仕事をしてるのがキョーマさんという青年(というかおじさん)。
そのキョーマさんと出会って運命に翻弄されるロボットミラちゃん。
彼女の存在は、実はキョーマとも無縁ではなく…
もう深い深いドラマが繰り広げられるのです。

このミラちゃんが、ロボットなのに表情豊かでまるで本当に生きてる人間のよう。
これは物語の世界の中でも異質であると認識されています。

キョーマさんの前の職業がアレなのでアクションも豊富。
時々決め絵の時にアニメ画面に変にシャドーをスライドさせているのが目にイタイですが、
チカチカはしないので、まぁいいかな。

Opでキョーマさんが踊ったのだけが深い謎です。
キャラ崩壊ちゃいますのん?って思いました。
ですのでEDでミラちゃんがおどるのかと思って見てたのに
彼女は踊らないのですね。なんでやねん。(笑)

亜人 アニメ感想

最初はフルCGのキャラの動きは見辛いと思う。
でも見続けてると慣れてくる。
視聴者も、制作側も慣れてくるんだろうな。
この感じ、「キングダム」と同じだ。

世界に亜人と呼ばれる「死なない人間」の存在が確認されて十数年。
それは死なないとわからないため、
誰も亜人という特殊な人間の存在を都市伝説程度に思っていた。
主人公もそういう人間の一人。
自分には関係ないと思っていた亜人の話だが、
ある日トラックにひかれた自分が大衆の前で生き返ってしまうという
非常に人生アウトな出来事が。
世間では亜人を捕まえると捕まえた人に報酬が出、
捕まった亜人は研究のモルモットにされるという噂が。
もし、捕まったらどうなるか?
主人公はとっさに逃亡を図る。
主人公には幼馴染が居たが、
独善的で厳しい親の言いなりになり疎遠になっていた。
とっさに彼に助けを求める主人公。
迷うことなく主人公を助けに飛び出す幼馴染。
カイくんいいやつ!!
逃亡劇が!今!!始まる!!

て始まりだったはずなんだけどなぁ。
カイ君…いいやつなのに…。不憫すぎて泣ける。

この先少し原作既読の話になります。
これ、原作が1巻だけ他の人が考えてて、2巻以降が漫画家さん本人が一人でしてますってことで
がらりと方向性が変わるんだよね。
最初から狙ってたのかはどうか解らないし、
設定自体には無理が無いんだけど
個人的には主人公の根本的な性格とかも「え?もともとそうなの?それともあの事件のせいでそうなったの?」と不安になったし
3巻の展開には正直引き気味でびっくりした。
でも物語的には盛り上がってきたので結果オーライかもしれない。

FTPExchangeが急にタイムアウトばかりでホムペ(eo)の更新が出来なくなってたのを解決する方法

去年の年末までは何の異常もなかった私のFTPが、
今年の1月17日に更新しようとしたら急に送信にタイムアウトばかりして上手に更新できなくなりました。

FTPの種類は「FTP Exchange」。
ホムペのアカウントは「eo」。
同じ体験をして、今もまだ悩んでおられる方に、解決方法の一つを置いておきます。

FTP Exchangeの更新は、ホムペの更新忘れが無いようにと全部のファイルを送信してくれるすぐれもの。
フリーソフトであるゆえに、
多くの方が使っていらっしゃると思います。
ところが、私は今月17日以降にうまく更新ができず、
「タイムアウトになりました」とばかり出て、「強制的に接続を切りますよ」と言われて終わります。(SS撮りそこなった)
その時「○○○の送信にエラーが生じました」と出るのですが
このエラーになるファイルはjjpgやgifの画像だったり、htmlだったりと決まってませんでした。

ここで、エラーになるファイルが同じものだったら、
エラーの原因はそのファイルです。
そのファイルのエラー原因はもうあなたしか知りえません(笑)。
すみやかにそのファイルを避けて更新してみることをお勧めします。

さて、さっきエラーになったファイルが今度は無事に送信されて、他の何かでタイムエラーになったりと
不安定なのがFTPなのかと思い
FTPの設定で「タイムアウト処理」を、初期設定60秒を120秒にしてみたりとしても変化なし。

ここまでいろいろ手を試してみて
私的に解決した方法はこちらです。

FTPの送信方法にはいろいろあるらしく
素人の一般人ではそんな事覚えなくてもいいのだろうけれど
eoのHPで
「eoネットサービス トラブル解決に関するよくあるご質問.」
http://cs.eonet.ne.jp/usqa/net/connect/2130/30240/3001191_2653.html

というページを参考の基本とします。
つまり、FTPも、貴方のホムペのデーターも、何も悪いことは無かったのです。
おそらくは更新する方法が変わらないのに
受け手のeoが「この更新方法しか受け付けない」仕様になっただけなのです。
このeoのページの更新日を見ると、2013年5月です。
そのころからインターネットの世界は動いていたのですね。
ぶっちゃけ知らんがな、が本音ですヨ。
不具合が出て初めて分かる、それが素人なのですヨ。

さてさて、eoさんの説明で、大事なのは「パッシブモード(PASVモードまたはpassiveモード)に切り替え」る事です。
これだけで解る方なら、ささっとパッシブモードに変更し、それで解決です。

これでも解らない方向けに、
ここから「FTP Exchange」の画像入りでeo曰く、
「パッシブモード(PASVモードまたはpassiveモード)に切り替え」る方法をお伝えします。

まずパッシブモードとは、素人が(以下略)。
wiki読んでもわかりませんでした。
とりあえず、このモードにすればいいんだな、と思えるようになったらいいのでは?
私的に例えるなら「今まで平仮名で提出していたレポートを、今後ローマ字で提出しなさい」てくらいの違いなのでは?と思っております。

では最初、
FTPソフトを出しますね。
pasv3.png
見慣れた画面で、貴方のホムペのファイル名の隣にスパナの形があります。
それが設定コンテンツを出すボタンです。
ダブルクリックして設定画面を出しましょう。
pasv1.png
多分FTPの設定時、自分でいろいろ打ち込んだ懐かしい画面が出てきます。
これを打ち込んでいたころはまだHPを作ったばかりのひよっこだった…
と、ここで思い出に浸っている場合ではありません。
左から5番目のコンテンツ「詳細設定」を出してください。
pasv2.png
赤丸の「接続モード」を見て下さい。
初期設定ではどこにもチェックが入ってはいないと思います。
ここの「PASVモード」にチェックを入れてください。
そして右上の「保存」を押して終わらせることを忘れずに。
ウインドゥの「×」を押して終わると、せっかく入れたチェックが保存されないまま終了になるので、気を付けましょう。

これで、私は今まで同様無事に更新ができるようになりました。

自分でも解らなかった時、検索しても何しても解らなかったので
探し当てた自分なりの解決方法を書いておきます。
どうか誰かが救われますようにと祈ります。

ところで、ウィンドゥのバナー色が赤いのは私のパソコン設定です。不具合ではありません。好み仕様です(笑)。
ときどき画面キャプチャして友人に魅せるときに驚かれるので。

では皆様、楽しいホムペライフを。あでゅー!

暗闇三太  1話と3話感想

なにこれなにこれなにこれー!!
気になる!目が離せない!!
5分アニメなんだけど、
多分ずっと昔のアニメ。
写真を背景に、高度成長期の日本で
地獄から来た暗闇三太 が地獄に行くべき人間を査定する話。
めっちゃブラック。

勧善懲悪じゃなくて、
虐げられた人が仕返しする場合でも、多いんを巻き込む事になるなら暗闇三太 は絶対に許してくれない。
普通の良い人用のアニメだったら虐げられた人を説得でもするかもしれないが
暗闇三太 は問答無用で地獄送り。
なにこれシュール。
他人を巻き込むのはダメだよね。うん。

それに2回目の放送で腰抜かすほどの衝撃が。
いきなり3話に。
「2話は制作されませんでした」
なんでだよー!!
何があったんだよー!!

ディバインゲート 1~2話感想

これは…駄作な予感。
最初からポエムで飛ばすところがちょい辛い。
そのポエムも微妙。

ソシャゲが原作となるアニメ。
主人公は水を操る特殊能力持ち。
それで過去、親を殺したと世間に噂されているが、
普通に高校(?)のような普通の人が行く学校に通っている。
それとは別に、能力者を集めている学校があって
そこに所属している炎使いの少年と風使いの少女、
3人でチームとして、何か困難に立ち向かうみたいな感じ。
他にも天界からの使者とかいう美少女が数人いたり、
視聴者ターゲットだれやねん、と突っ込みたいところ。
平日の夕方からの放送が似合う気がする。

主人公視点なのか、それとも主人公の周りからみた物語なのか、
定まってないから善悪の基準があやふや。
主人公なんでそんなしょぼい説得であれほど嫌っていた能力者の学校に行くことになったのか
説得力わかない。
1話ずつ視点変えるっていうのかもしれないけれど、それだとしても微妙。

絵は可愛いのに…
能力のところもカッコイイのに…

多分ソシャゲは本当に楽しいんだろうなって思う。

灰と幻想のグリムガル  1~2話感想

わくわくする。
これワクワクするよ!

舞台はまるでRPGのような世界。
そこに集うは、
ある日いきなり集められた少年少女達。
彼らは全員、なぜかここに来る以前の記憶を無くしていた。
戸惑いながらも、この世界のルールに沿い、
いくつかのグループに分かれ冒険者見習いとなった少年少女達。
主人公ハルヒロのチームはへっぽこばかり。
のように見えるが、
これ、仕方ないわー。へっぽこというより、世界がハードモードだわ。
いきなりゴブリン倒すのを目標にするんだけど、これゴブリン強いんだよ。
他にスライム居なかったんかいと同情するわ。
いきなり哺乳類(というか、人間と同じ形態の)を仕留めるのってすごいトラウマ抱えそうだわ。
子供達がガクブルになるの解るわ。
他にスライム(以下略)。
この子ら、なんで町でひっそり生きる事を受け入れなかったんだよ。
なんで戦う事前提でやっていこうとしたんだよ。
どう見ても戦闘に不向きなの数人いるじゃん。
押しが弱いだけで、「戦えません」って言い出せなかったの丸わかりな感じじゃないか。
不憫すぎるわ。

ところでOPで女の子とカップリングしてる相手がネタバレなんですけど、
見てるこちらはその心づもりでいいのでしょうか?
でも記憶失での恋愛モードって危なっかしいよね、
ひょっとして兄妹とかあるかもだし
他に相手が居るかもしれないし、
とか無粋でしょうか。無粋ですね、ははは。

記憶が戻ればひょっとしたらそれぞれの過去がけっこうハードモードだったとかでも驚かないくらいに
登場人物たちが闇を抱えてそうなのが気になる。
あと、世界観が今までの異世界もののような能天気な「勇者一直線!」て言う感じではなくて
ほんとに戦闘はじめ、いろいろがハードモードなのがこの先も見逃せない。
こういう苦労する冒険モノも好き。

昭和元禄落語心中 1話&2話感想

なにこれめっちゃ面白いんですけど!!
本格的な落語の話。
原作の漫画ではどうなのか知らないけど、
アニメでは詳しい舞台裏とかはあまり出ない。
人間関係と、まさに落語そのものに見栄えの重点を置いたアニメです!
数分間本当に落語してくれる。
ちゃんと落語の内容の面白いところがわかるし、
登場人物たちの細やかな表現がすごく伝わってくる。
これは良いアニメ!!

刑務所を出所した天涯孤独の主人公が出所後目指したのは、
服役中に聞いた落語の語り手、本物の落語家さん。
弟子を取っていないという落語家さんだが、なぜか主人公を気に入り、内弟子に。
そこから主人公が本気で落語家をめざしていき、
その周りで翻弄される多くの人たち。
微妙な師弟の関係性がなかなか面白いです。
それぞれに意地っ張りで、そこに師匠の亡き親友の存在まで絡んでくる。
深い物語性でありながらも
とても簡潔に表現されているうえに、
そこに落語という劇中劇が繰り広げられてきて、
目が離せないくらいに面白いアニメでした。
キャラも魅力的な絵柄ですよごちそうさま(笑)。

僕だけがいない町 1話、2話感想

面白いです!
主人公は29歳の青年。売れない漫画家で、ピザ屋のバイトしながら一人暮らしをしてる。
彼は実は、他人に言えない能力の持ち主。
本人が「リバイバル」と名付けている現象で、
何か悪いことが起きると時間を心だけが遡るタイムリープを起こし、その悪いことを回避するまでそのループから逃れられない。
(1話のトラック運転手の心臓発作で子供が惹かれるのを避けるところがあるんだけど、
原作ではもっと何度も何度も気付けずにトラックとすれ違うというインパクト強だったけど、
アニメでは1度きりのリバイバルだったのが残念。
これはひょっとしてこの先に、何度も何度も繰り返す衝撃を後回しにしてるなかな?と思う事にする。)
そんな特殊能力で主人公は自己に巻き込まれ、母親が上京してきてくれた。
バイト先の女子高生も加わり、少し周りが賑やかに。
そんな矢先、主人公は無意識に児童誘拐をリバイバルで阻止し、
その影響で母親が過去に主人公が巻き込まれた誘拐殺人事件を語り始め、
主人公の記憶もフラッシュバック。
さらにその事件からの影響か、母親が何者かに殺害され、主人公はリバイバル状態。
しかも、その事件のカギは17年前、主人公が小学生の時の、まさにその誘拐事件にまで遡った!
主人公は、当時の被害者の同級生を助けられるのか!?母親を殺害した犯人と、この事件の真犯人とはどういった関係なのか?
少女誘拐殺人事件で犯人とされた青年は無実なのか?
数多い謎をはらみつつ、青年は少年の身体で歴史を再び辿り始める。

絵も見やすくて、すごく良いわ。
話も面白い。
あと、やっぱり少年時代編が可愛くて良い。
一度大人になって、子供時代の温かみを当たり前とはならずに受けられる状態になって
素直な少年になってるんだよ。もうね、可愛くてスゴイワ!
あと、クラスに一人は必ずいる「利発な美少年」とか、ツボもきちんと押さえてる。

私は子供時代に戻った1度目の、同級生と仲良くなろうとする、まさに2話までしか原作見てないから
いまはどうなってるか知らないけれど、確かまだ終わってないよね。
犯人わかったのかな。
私が思うに、
現代の誘拐事件を続けていて、サトルのお母さんの顔を見て誘拐をやめた=「お母さんの顔を覚えていた」
(お母さんは昔から年を取ってないくらいに若々しい)
サトルの母に、自分が誰か知られているという自覚がある。
実際は母親は、誰なのか見ても解らなかった。
にもかかわらず、それを確認することも無く短時間で犯人は危険を冒して目撃者を消しにきた。
それほどすぐ誰か解るほどだと思っている。
サトルの小学生時代から大人だった
大人で、サトルの母の顔を、数年たっても忘れないくらいの接触があった。
だが大人になったサトルには認識されなかった。(犯人は年相応に年齢を重ねてて、サトルが一目見ただけでは認識できないほどの付き合いしかなかった)
とかから、担任が怪しいと思った。
担任なら子供を誘拐するのって証拠残さずに、子供もついて行くと思うんだよね。
あぁいう優しそうな大人の男って怪しいよね。
登場の仕方、ちょっと癖があったよね。
無実ならゴメン(笑)。
じゃなければ、同級生の利発な男の子。でもあの子はキーパーソンな気がするんだよね。
あの子が居たからこそ、なにか歴史が変わる選択肢を選べるようになる、みたいな。

2016年(1月~3月)冬のアニメ 時間割表

2016年(1月~3月)冬のアニメ 放送時間早見表(完全に自分用/笑)

関西地方対応・奈良県限定です。
見れないサンテレビを微妙にBSで補完。
再放送・NHKの短時間毎日番組などは省きます。
深夜アニメは時間変更多し。毎日チェックを怠るべからず!

関西圏の方はどうぞ!

新年から話題作が豊富。
同時にアニメ映画になる「亜人」とか
実写映画になる「僕だけが居ない町」とか
いくつかの賞を取った「昭和元禄落語心中」とか。
全部面白い!!

放送開始時間~・(放送局)・『題』(一言感想)

■月曜日

18:00~18:30 (大阪) ダイヤのA (監督問題どうなんの?あの人結局いい人なの?)
18:30~18:57 (大阪) プリパラ(地味に人気が出ている模様)
19:00~19:30 (京都) 妖怪ウォッチ (京テレはここですよ)
19:30~19:57 (京都) リサとガスパール-とびきりキュートなパリの住人- (30分これすんの?)
25:00~25:30 (京都) 最弱無敗の神装機竜 (男の萌えアニメ)
25:30~26:00 (京都) 神様はじめました(この前の続き)
25:35~26:05 (大阪) おそ松さん (あの6つ子が大人になった。いろいろ伝説になってきた。)
25:59~03:42 (読売) MANPA 「虹色デイズ」(題だけ見ると男の萌えアニメかと勘違いしたが、女の萌えアニメだった)
                   「赤髪の白雪姫(第二期)」(この前の続き)
                   「ルパン三世」(放送の順番が変わったね)
27:00~27:30 (BS11) ハルチカ~ハルタとチカは青春する~


--------------------------------------------------------------------------------

■火曜日

07:30~07:59 (奈良) 遊戯王ARC-V
18:30~18:57 (大阪) スター・ウォーズ 反乱者たち (アメコミ?アニメ)
24:30~25:00 (京都) プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ(女性の萌えアニメ。制作会社は違うが「フリー!」の陸上版だと思えばいい)
25:35~26:05 (大阪) シュヴァルツェスマーケン (何故か西と東に分かれていた時代のドイが舞台で敵が宇宙人)
26:30~27:00 (MBS) 化物語オリジナルマスターバージョン (再放送みたいなの。)
27:00~27:30 (MBS) うたわれるもの 偽りの仮面 (前のうたわれとは別物。だがいろいろと受け継がれてるようだ)
27:30~28:00 (MBS) GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(男の夢アニメ。この前の続き)

--------------------------------------------------------------------------------

■水曜日

07:30~07:59 (奈良) のんのんびより (日常系)
18:00~18:30 (大阪) 銀魂 (帰ってきてくれました!!)
18:30~18:57 (大阪) バトルスピリッツ烈火魂 (新シリーズだった)
18:45~18:55 (Eテレ) 探偵チームKZ事件ノート
25:00~25:30 (奈良) 銀魂 (まさかの奈良テレビでの銀銀魂深夜アニメ状態!/笑)
25:00~25:30 (京都) GOD EATER (再放送してるが、この先未放送だった最終話近くの数話が放送されると信じてる)
26:14~27:44 (ABC) 水曜アニメ〈水もん〉無彩限のファントム・ワールド(京アニが満を持してもってきたお色気アニメ。ちょっと下品かも)
27:44~27:14 (ABC) 水曜アニメ〈水もん〉灰と幻想のグリムガル (魔法もので異世界モノ)
26:35~27:05 (大阪) 蒼の彼方のフォーリズム (男の萌えアニメ。)


--------------------------------------------------------------------------------
■木曜日

17:29~17:58 (奈良) 妖怪ウォッチ (何でも妖怪の仕業)
18:00~18:30 (大阪) かみさまみならい ヒミツのここたま (幼女御用達アニメ。物は大事に。)
18:30~19:00 (大阪) アイカツ! (放送時間が30分ずれました)
19:00~19:30 (奈良) ポケットモンスターXY (ピッピカチュー)
19:00~19:30 (大阪) ポケットモンスターXY (ピーッピピカ)
19:30~19:58 (奈良) NARUTO疾風伝 (今になってまさかのオリジナル挿入)
19:30~19:58 (大阪) NARUTO疾風伝
25:00~25:30 (京都) アクティヴレイド-機動強襲室第八係- (いろいろ突っ込みたいお粗末な警察アニメ)
25:30~25:35 (京都) おじさんとマシュマロ (OLの恋物語)
26:10~26:40 (関西) ノイタミナ・僕だけがいない街 (注目作!タイムリープの世界で、自分の過去と向きあい、未来を変えろ!)
26:40~27:10 (関西) 暗殺教室(殺センセー2期!)
27:10~27:39 (関西) 新機動戦士ガンダム/第08MS小隊 (マジですか!地上波初じゃない?私は以前全話見た。面白かった)

--------------------------------------------------------------------------------

■金曜日

07:30~07:59 (奈良) ダイヤのA (レテ大より1か月くらい遅れ)
18:30~18:58 (大阪) 妖怪ウォッチ (ジバニャンはなんだかんだ言って可愛い)
19:00~19:30 (ABC) ドラえもん
19:30~19:54 (ABC) クレヨンしんちゃん
24:00~24:30 (京都) ディバインゲート (特殊能力で戦う少年少女達)
25:35~25:40 (京都) 暗闇三太 (昔のアニメ。インパクト大!)
25:35~26:05 (奈良) ガンダムビルドファイターズ (奈良テレビで見れます)
25:40~26:10 (京都) 紅殻のパンドラ (男の萌えアニメ)
26:10~26:40 (大阪) 牙狼-紅蓮ノ月- (他とはまた違った新たな牙狼。今度の舞台は平安あたりの日本か)
26:10~26:40 (MBS) 亜人 (死なない人間=亜人の少年の数奇な運命…って3巻読むまでは思ってた。)
26:40~27:10 (MBS) 昭和元禄落語心中(本物の落語する。面白い)
27:00~27:30 (BS11) この素晴らしい世界に祝福を! (テンポが良くて…意外と…面白いぞ)
27:10~27:40 (MBS) ファンタシースターオンライン2ジアニメーション(少年少女がソシャゲで強いっていうアニメ。学校設定から中二病全開)

--------------------------------------------------------------------------------

■土曜日

08:00~08:30 (大阪) フューチャーカード バディファイト(意外と放送長いよね)
09:00~09:14 (大阪) カリメロ
09:14~09:30 (大阪) テレビアニメ いとしのムーコ (めっちゃ可愛いワンコアニメ)
10:00~10:30 (大阪) 妖怪ウォッチもんげーセレクションズラ! (もんげーまで始まった)
10:30~11:00 (大阪) フェアリーテイル (メイビズ編ZERO)
17:30~18:00 (読売) 金田一少年の事件簿R (新シリーズだった)
18:00~18:30 (読売) 名探偵コナン (まだ子供のまま)
22:30~23:00 (京都) ラクエンロジック (カードゲーム原作。)
24:30~25:00 (京都) ブブキ・ブランキ (フルCGで違和感があるが、設定やキャラに期待が持てるアニメ!)
25:00~25:30 (BS-TBS) だがしかし (駄菓子をめぐるアニメ!お菓子好きは必見!)
25:58~26:28 (MBS) デュラララ!!×2 結 (これでシリーズ終了らしい。)
26:30~26:35 (大阪) オー!マイキー
26:28~27:58 (MBS) 少女たちは荒野を目指す(高校生が美少女ゲーム作ろうってアニメ。でも美少女ゲーって18禁じゃないの?)
26:58~27:28 (MBS) ハイキュー!!セカンドシーズン (春高にむけて頑張る!!)
27:28~27:58 (MBS) ヘヴィーオブジェクト (面白い。)

--------------------------------------------------------------------------------

■日曜日

06:30~07:00 (ABC) ワールドトリガー (主題歌が神曲)
07:00~07:30 (ABC) ブレイブビーツ
07:30~08:00 (大阪) ディズニー・サンデーちいさなプリンセス ソフィア
08:30~09:00 (大阪) ダイヤのA (3年生が引退して、新生チームにこれからなりますってところ)
08:30~09:00 (ABC) Go!プリンセスプリキュア
09:00~09:30 (大阪) ふるさと再生日本の昔ばなし
09:00~09:30 (関西) ドラゴンボール超 (神編)
09:30~10:00 (関西) ワンピース (兵隊さん!!/涙)
10:00~10:30 (大阪) カードファイト!!ヴァンガードG
11:00~11:30 (京都)ポケットモンスターXY
17:00~17:30 (MBS) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ (純粋にカッコ良くて血なまぐさいガンダム始まった)
17:30~18:00 (大阪) 遊戯王ARC-V
18:00~18:30 (関西) ちびまる子ちゃん
18:30~19:00 (関西) サザエさん
22:00~22:30 (京都) Dimension W(かっこいいオッサンときゃわゆい女の子(ロボット)の近未来アクションSF)
24:45~25:15 (京都) 霊剣山 星屑たちの宴(少し古臭い感じがするけれど、主人公14歳!!そう見えないけど14歳!w)
25:00~25:30 (BS11) ウルトラスーパーアニメタイム (ギャル子さん/石膏ボーイズ/街角レイトショー の3本立て)

--------------------------------------------------------------------------------

特別編
最近書くのよく忘れる。

このページはちょくちょく書きなおしたり書き足したりする予定。
最終更新 1/29

FAIRY TAIL ZERO

メイビスちゃんが主人公の、
フェアリーテイル創設物語。
魔法ギルドフェアリーテイル、初代ギルドマスターのメイビスちゃんが
いかにしてギルドを立ち上げたのか、
彼女の生い立ちから、その歴史をひも解く、
ナツたちが介入することが全くない歴史の物語。
とうぜん登場人物が全部新キャラです。

フェアリーテイルの聖地として登場した島で
両親を亡くした幼いメイビスがあるギルドに引き取られているところから始まります。
そこのマスターはとてもイジワル。
メイビスを奴隷のようにこき使い、ギルドのメンバーも誰も彼女に優しくしてくれません。
マスターにはメイビスと同じ年の娘が居ましたが
その娘もとてもイジワルでした。
ですが、絵に描いたようにメイビスは純粋な心をもって、芯の強い、優しい娘のまま頑張ってその仕打ちに耐え、一生懸命頑張ります。
そんな不運な状態のメイビスに転機が。
対立しているギルドの急襲を受け、まさかの島民全滅。
生き残ったメイビスは、彼女が助け出した同い年のマスターの娘ゼーラと共に、誰もいない島ですくすくと成長していきます。
さて、ここまでいろいろと日本語が矛盾していますね。
島民全滅、誰もいない島。これがキーワードですね。
そんなメイビスの元に、お宝ハンターの3人組が訪れます。
メイビスは彼らと一時的に志を同じくし、そして彼らについて行くことで島の外の世界を見知ろうとします。
人見知りのゼーラもユーリに紹介するのですが、
その時、ゼーラとの対話にめっちゃ不自然な対応をしたユーリ。
もうね、「がっこうぐらし!」のメグねェ思い出したわ。
あれで耐性ついてるわ。
なるほど、OPやEDでの思わせぶりなゼーラの立ち位置やフェードアウトの意味が分かったわ。
この事実にメイビスが気付く瞬間が、訪れると思うと今からドキドキするわ。

きっと一人は寂しかったんだろうね、メイビス。

おじさんとマシュマロ 1話感想

まさかpixivで読ませていただいていたのが
アニメになるとは。
ものすごく身近に感じてしまいます(笑)。内容とは別に。

ストーリーは
OLの若林さんは、同じ社のふくよかな男性日下(ヒゲ)さんが大好き。
でもツンデレな対応をとってしまう若林さん。
そんな若林さんに、好物のマシュマロで日々おちょくられるヒゲさんは
最初、若林さんがちょっと苦手。
でもそんな日々が積み重なっていき…
という社内ラブ物語(?)でがす。
この先 恋のライバルも登場したりしますが、
見ていてイラッとするようなトレンディさは無いと思う。
5分枠アニメなので、
ふわっと見れるのが嬉しいですね。

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 1話感想

よくわからんが、スクライドの時代、くる!と思う(笑)。
スクライドとは架空のスポーツ。
今でいうトリッキング(街中で障害物をアクロバティックな動きで乗り越え、駆け巡る)のリレー版、という解釈でよろしいか?

そのスクライドが普通に周知の世界設定で、
スクライドに魅せられた高校生たちの織り成す青春物語。
そうね、フリー!の陸上版ですね、とか思って見てたら
試合時の画面展開の切り替えすごい。迫力凄い。
見てると酔いそうなくらいすごい。
そして見てるだけでもそのスピード感が面白い!!
キャラは、
そうね、フリー!の陸上版ですね、って感じです(笑)。

主人公が女の子っていうのも一つのチェックポイントかもしれません。
そうね、フリー!で言うところのマネちゃんみたいな位置なんだけど、
これが主人公になることによって
このアニメに女子はいらない!として見るか、
この女主人公に感情移入して見るか、
はたまたこの女主人公を自分として投影して見るか、で評価が分かれると思う。
結構この女子はメンバーにぐいぐい食い込んでくるからね。主人公だからね(笑)。
だが、皆にモッテモテになるとかいう女子の夢アニメでは無いので、
夢アニメが苦手な人も安心して見れると思う。
私は大丈夫だった。わたしの見方は「主人公に感情移入」タイプかな。
純粋にスクライドが好きで、それに関わりたい、っていう気持ちが清々しかった。

ウルトラスーパーアニメタイム (ハッカドール・モノクローム・影鰐の3本立て)最終回感想

ハッカドールとモノクロームさんと影鰐の3本立てが一挙に最終回。

ハッカドールの方は、最初男の萌えアニメかなと思ったけど
3号ちゃんが男の娘とか、解ってしまうと、その、ねぇ?(笑)。
なかなかにシュールなギャグアニメだったけど、
当たり外れが大きかった。
オタクネタになると抜群に面白かった。

モノクロームは、うん、まぁ安定のグダグダ感がなんとも言えない味わいを醸し出してた。
歌はやっぱりいい。
可愛い系が多くてパラパラ踊れそうなリズムの曲ばかりなのがモノクロームさん。
これまだ続きそうだね。

影鰐は強烈に面白かった。
ホラー好きな人は必見だと思う。
絵がGIFアニメみたいなつくちで怖さ倍増。
さらに雰囲気が凄い。
設定が面白い。
人間が、影が襲われるとその影が受けたのと同じ怪我を負う。
影の首を食われたら人間の首も吹き飛ぎ喰われたかのように書き消える。
その妖魔(?)は実は昔の人間が呪いによって生み出したという話のため、
影鰐を倒そうとして生きてる一族の人が居たり
主人公は実は幼少の頃影鰐と因縁を持ってたり
人間が負けてばかりじゃなくて、
影鰐と戦うのも面白い。
だがそれよりなにより、視覚的に妖魔が気持ち悪い系の怖さ凄い。
私が一番キタのは深海のでっかい奴だな。
うわぁ…てなった。
ラストは主人公のライバル関係にある立ち位置の人が金と地位に物を言わせて
影鰐のクローンを生成し、
やっぱりというか、そのクローンがそいつの手落ちによって暴走。
その暴走に巻き込まれた主人公だが、今まで退治するために置きかけてきた影鰐と共存することで延命。
ミイラ取りがミイラになったような感じだが、それでも影鰐討伐をあきらめずに
影鰐のクローンの浸食と戦いながらも人ごみの闇の中に彷徨い消えていく、という
なんとも後味の悪い終わりだった。
だがそれも良かった!!
2期があれば、ぜひ影鰐を倒すところまで行ってほしいが、このまま終わってくれてもいい。

無彩限のファントム・ワールド 1話感想

人間の脳がある時期いきなり何かの影響を受けて
今まで見えなかったものが見えるようになった世界の話。
急にそうなった世界では妖精や魔物のようなものがうようよして…いるのだが、
なんか可愛らしい系。
しかもあまり命の危険とか今のところ見られない。
しかも、時代が進むとその魔ののを退治できる異能の力を持つ人間が生まれてきた。
その「選ばれし者」が主人公(笑)。
そうね、もうね、選ばれし者が異形の者を倒しつつも友情やら愛情を育む青春学園ものストーリーのようです。
ただ、異形の者もそんなに凶悪なものではなさそうで、
退治ものんびりしたもの。

京アニであることも踏まえるならば
明るい能天気版「境界の彼方」、みたいな始まりだった。
異能の力で異形の者を倒して生活費を稼ぐ、いつも貧乏な巨乳の先輩と
二人で組んで異形退治してた主人公だが、これから可愛い女の子たちがどんどん仲間になっていくんだろう展開が読めるOP。
絵は可愛い系なんだけど、
今の時代、お色気が入ってないとダメなのか?
むりやりな感じで女性の胸や臀部をこれでもかと推してくるのは引くわ。
1話だけだけど、今のところはラッキースケベが無いので、なんとか視聴する事にした。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 13話(最終回)感想

時代が昭和を強く意識し、
神化、という年号としながらも実際に昭和で起きた事件を年代通りに追っていて、
なかりドラマチックな展開だったと思う。
まさに、アニメチックにパラレルとして楽しく見れた。
ヒロインが思いを寄せるシシロウさんに
歳上女性がくっついてて妙に女房面してくるなぁとおもったら
実際付き合っている設定だったのはびっくりした。
なにそれヒロイン報われないじゃん。
ただ、年上女性のエミさんも何か裏の顔がありそうで、
シロウの理想とする正義に近いのはエミさんよりキッコちゃんの方だよねと
視聴者が思い始めたあたりで
キッコちゃん悪の大魔王として覚醒。
エミさんが「このまま殺しちゃいたいけど」とか言いながらキッコちゃんを助けるところなんか
もうどっちが正義なのか解らなくなってもやもやする(笑)。

何度も時系列を行き来して、この先この人が一時的にしてもどうなるかが解っているのに
止められないのがもどかしい。
しかもその時系列の変化の風呂敷を、13話できっちり回収してきてる。
これは良い演出だと思う。
しかも最終回に、今までの登場人物勢ぞろいが良いよね!!
謎を残して引っ張って2期にどうぞ、って言われても細かい事なんて忘れてるうえにテンションずれてしまうもんね、
こんな風にしっかりまとめて終わって、そしてこの先は気持ち新たに!っていう展開素晴らしいと思う!!

楽しいアニメだった!
制作決定したという2期も楽しみ。
二期が楽しみなアニメです!

「WORKING!!!」最終回すぺしゃる「ロード・オブ・ザ・小鳥遊」 感想

スッキリ片付いて、よろしいのではないでしょうか。
ギャグ漫画、ギャグアニメとしての人気もさることながら、
OP、EDのコミカルな動きや中の人がそのまま歌ってたりが大当たりした。
周りのサブキャラそれぞれの恋愛模様もうまく片付くのって、
ギャグ漫画では結構珍しいかもね。
主人公達もそもまま、周りもそのまま、って終わり方する日常系って多いもんね。
でもその中で、きちんと皆の身の振り方もしっかり確定させ、
さらには最後に「バイト仲間なんて永遠には続かないんだから…的な事を言わせるのって
ギャグアニメのくせして、きちんと現実に向かい合っているというか、地に足がついているというか(笑)。
メインキャラのそれぞれの親兄弟が毒だっていうのは
本当に心から同情する。
ただ、シリーズを追うごとに、最初は暴力的だった伊波さんが大人しくなっていったために、
絵柄からスピード感が抜けて、最期はただのダルダル日常系アニメになってしまったのが
私的には物足りない。
最後まであのスピード感はなにかしら保って欲しかった。

とはいえ、長いスパンで見守ってきたワグナリアがひとまずの終焉を迎えてとても気分がいい!!

ヴァルキリードライヴマーメイド 12話最終回

終わった。終わってよかった。(笑)
無事に終わった。
主役側の女の子が皆可愛いし、
お色気も最初はパンツ見えるだけとか、全員巨乳じゃないところが女の子も見れるアニメなのかなって思って見てたけど
回を追うごとに敵側の(というほど悪いわけではないが、対立している)女の子側が
笑えないくらいに下品になってきたのでひやひやした。
女の子だけの世界(というか、女の子だけが集められた世界)だから、
みんな裸でもあまり恥ずかしそうにしないんだよね。
ただ、主人公のマモリちゃんだけはものすごく恥じらう。
見ていて感覚がマヒすることは無かったけれど、まぁ終わってホッとしたアニメではある。(笑)

最終回の終わりも病原体をあっさりと全部消し去ってめでたしめでたし!
さぁ他の島の人たちを助けに行こう!って
すっきりとまとまっていて、もうこれ以上は何もない方がいい。
ただ、OPとEDの曲あはものすごくいいと思う。
このアニメじゃなくて、ただのロボット物、もしくはもう少しいろいろ抑えたアニメだったらもっと多くの人に聞いてもらえたはずの「神曲になり損ねた曲」だと思う。

うしおととら 26話でひとまず最終回

ハマー機関のところでいったん終了。
なんでやねん!!
これ昔の原作だし、ちゃんと終了してるんだし、
今まで盛り上がったのをぐっと広げてくるんじゃないのか!?
3クールで終了する予定らしいから、物語は最後までしてくれるみたいだけど
2クールでいったん終了し、今期は休み、その後2期みたいな形で今期は放送しない。
もうね、こういう途中でいったん切るとテンションが持ってこれない。
うしとらって本当にアクションが凄くて、テンションと勢いで引っ張っていくところ強いし、
しかも話も原作がとっくに終了してるんだから、
もう一気に見せてくれよ、とは強く思いました。
せっかく盛り上がって盛り上がって、今まで来てたのに!!
もったいない。絶対もったいない。
この先は、もちろん白面の者を倒すんだろうけど、
次始まったら急に白面と戦いだすのかな?(笑)

2クールだけの話としては、
今のアニメ化に当たり、原作をかなり削っているらしいですが、
わたしは原作読んだのはかなり昔だったので
細かい所はすっかり忘れてて
大まかな流れだけ覚えてて、
アニメ見て「あぁ、そういえばこんな話あったなぁ」て程度だったので
ものすごく楽しめました。
この後の1クール分もとても楽しみです。
別に物語に違和感もなかったし、登場人物たちも魅力的なキャラばかりで
原作読んだけどアニメに文句はありません派です。
個人的に こういう熱血物の少年漫画な冒険活劇が大好きなので、
すごく楽しいアニメでした!!

蒼穹のファフナー EXODUS  26話感想

泣いたわ。じーんと何度も感動したわ。
もうこれでファフナーシリーズが終わるんだって聞いてて感極まったわ。
で、最期が「いつか帰ろう!俺たちの島へ!」
そうか!!島から出なくてはならなくなることが解ってたから、
島のミールの織姫ちゃんは第3の島を目指すことになる旅にみわちゃんたちを送り出したんだな!!(と私解釈。)
なんてこった!
気付いたとき、もう鳥肌立ったわ。
貴重な島のファフナーパイロットも数人このために死んだり消えたりしたけれど、
それでも多くの島民の未来は守られた。
しかも大陸の避難民の皆さんも一緒のはずです。
もともとは彼らをその第3の島に送り届けるって話になったのですから。
島民人口増えたね!
それにしても、なんか敵側が途中からフェストゥムよりも人類軍にシフトしていった。
あいつら、「ミールなんかと仲良くしてる島の奴ら叩きのめす!!」て言いながら、実は自分たちが第3のミールを操ってて
思い通りにしようとして暴走させて、第3のミールを憎しみが動力です、ってしちゃって
最期は人類軍が他の国家(?)引き連れて、なんとミールの指示のもとに戦闘開始。
ラストの2話分くらい、戦闘に次ぐ戦闘で、すっごい興奮した。
EDでカズキと総士の二人から始まって、どんどん人間以外の方々が増えていく演出凄かったよね。
眠ったまんま成長していた甲洋カッコよかったけど、
自分的好みで言えば髪は短い方が好き。

それはともかくとして、
もうこのシリーズ終わるんだと聞いていたファフナーですが、
なんか続きが出来てもいいような終わり方だったのが気になります。
これ島に帰る物語が片付いてないじゃん、きっと島に帰る話がもう一つあるはずだよ、と思われる。
しかも総士が赤ちゃんになっちゃって、記憶も何も吹っ飛んだみたいですね。
一樹が育ててるんだけど、あの子が成長して、また一つの物語が…とか期待します。
この年齢の差だと、下手をすると一樹とマヤに娘ができたりしたら
この娘と成長しなおした総士が、今度は恋愛フラグ立てちゃうんじゃないでしょうか、とか妄想が滾ります。
そしてその世代で島に帰るんだ!てするんだ!とか考えちゃいました。
なんてところで終わってくれるんだエグゾダスw。

ところで、OPの仕掛け、いい感じでしたね!
でもフル聞かないと全部が入ってるとは気が付かないかも。
あのOp、今までのファフナーのOP・EDのフレーズかメロディかをどこかにちりばめていて
作品が終焉を迎えるこの時のOpにして、「これがファフナーの集大成なんだ」って表現してるらしい。
でもTVバージョンでも前シリーズのOPとかすぐ前のフォロミー!とか、ちらっと聞こえてふぉぉおお!てなった。
angelaいいよ!すごくいいよ!!

2016年 元旦

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく!
gasyou2016.jpg
(背景はpixivフリー素材)
プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR