バッテリー 12話最終回感想 

絵もストーリーも別に前評判ほどホモホモしてないと思った。
確かに主人公が「姫さん」とか呼ばれてて、
かなり意識して聞いてみたら、確かに少年たちの会話がホモホモしい?とは思うが、
アニメのテンションも、そしてたぶん小説も本人たちが全然深く考えずに、普通の会話していたととれるので
なんでこれが純愛ホモ小説の金字塔みたいに持ち上げられるのか正直「?」です。
普通の少年青春物語だった。

田舎の中学校に越してきた、俺様ピッチャーの都会っ子が、
周りを捻じ曲げながらも自分を曲げない、曲げられない、そんな自分を降り越えたいなぁと思うところまで描いたストーリ。
って感じかな。

子供たちの自我が、大人の都合やら年上の嫉妬やらで何度も折られそうになるけれど、
それでも自分たちの純粋なハートはキラキラ輝いてる!てところは
甘酸っぱい。かなり甘酸っぱい!

児童小説が原作であるのに、結構本気で腹黒い先輩たちが出てきたのは評価したい。
この世の中ね、本当に腹黒い奴って実在するんだ。そしてそんな奴らは大人になってもそういう性質は変わらない。
私の知人でも、ずっと何かを馬鹿にしていた人がいた。
大人になっても、常に誰かを馬鹿にし続けてて、そしてその相手から避けられるようになってた。
そんな状況に怒ってるんだけど、なんで馬鹿にした相手から好かれると思ってんのかね。
大人になってもこんなんだと子供の頃もきっとそんなんで周りを傷つけ続けてきたんだろうなって思ったよ。
とにかく、この物語の中でも出来る後輩を暴力で押さえつけようとした先輩は結局罰せられて部を去るんだけど
その言い訳に勉強使ったりして、ことごとく卑怯。
さらには「俺はお前嫌いだから」って捨て台詞。
徹底して主人公を嫌う人がいて、それが最後に仲直りとかならんのが良かったと思うわ。
嫌な奴はその性根はもう治らないよってことなんだと納得する。
ただ、こういう黒い部分がもやって、そのまま終わってモヤったままな人もあるだろうなって思う。
ただ、この作品自体はその鬱っぽい展開よりも、ホモホモしいところが話題になることが多いよ(笑)とだけは言っておきたい。

スポンサーサイト

 モブサイコ100 12話最終回感想 

最高だったよ。
なんだよすごいよ。話の巻き方がすごいよ。
弟君が拉致られた組織のボスが、うっかり霊幻さんかと思って1週間過ごしてたよ(笑)。
いろいろと凄い。ヘタウマ絵にパッと見は見えるけど、かなり萌えるよ。

ストレスがたまると超能力が暴走する茂夫(シゲオ)くんは中学生。通称モブ君。
彼が師匠と呼び、付き従っているのはインチキ霊媒師霊幻新隆(レイゲンアラタカ)。
最初こそ日常アニメだったが、後々悪の組織との超能力合戦に。
モブの弟は強大な超能力を持つ兄に尊敬と共に畏怖の念を抱いていたが、
それを付け込まれてある組織に目をつけられてしまう。
兄のモブと似た容姿でありがらも圧倒的2枚目顔面存在感を放つ弟君は、モブと間違われて怪しげな組織に拉致られてしまう。
その組織は超能力集団で地球を侵略しようとする悪の組織!
モブは組織の存在を知るテル、さらには弟君と浅からぬ縁を持った悪霊エクボと共に弟を助けに組織に特攻をかけるも、逆に精神的に追い詰められてしまう。
仲間たちを助けるためには相手を倒すしかない。それも超能力で。
ストレスがマッハになったモブは力を解放してしまい…そうなところで霊幻に助けられる!
「そんな時は逃げてもいいんだ!」
普段は無能な男だけれども、口八丁手八丁の霊幻。
もうね、この人がね、言葉が重いのよ。霊幻が言うと嘘っぽいとかも言われるけれども、その言葉で何度もモブ君を助けてきた。
しかも頼りない大人なのに「大人に任せろ」とかカッコ良く言うんだもん、頼りになる気がしてくる!霊幻さんなのにね(笑)。
でも基本この人は行動を起こす派の人。
目の前で鉄すら切り刻む日本刀からモブを助けるためにその身を壁にして助けてくれる人。
力の無い、でも強い人。やだかっこいい。
でもその行動のおかげで自分に未知なる力が一時的にでも宿っている事に気が付いた霊幻は反撃に…でるっていうか、
説得を第一にして、攻撃しないで防御だけ。
さすがにオイタしすぎた敵にはパンチ一発だけど。
しかもその力が自分じゃなくてモブのだって見栄張らずに理解できてるところとか、霊幻本当に素晴らしい。
この人こそ、やればできる人なんだろうな。

結果、なんとか無事に脱出できたモブ達だったけど、悪の組織はまだまだ悪い事しそうだよ~ってふりで終わった。
今度同じ原作者の「ワンパンマン」の2期も始まるから、
それが終わったらモブサイコも2期があるかもしれない。ひっそりと期待しちゃう。

とにかく熱い超能力アニメだった!
しかも時々萌えもあるぞ!
超能力合戦も迫力があってどきどきした!
ギャグも鋭い!良いアニメだった。

 逆転裁判~その“真実”、異議あり!~ 24話 最終回感想 

やっと無実じゃない人捕まえたかと思ったら実行犯が違った。
そもそもさ、
主人公ナルホドウ君は毎回無実の人を必死になって助けるんだけど、
警察が毎回無実の人を捕まえてるのどうなのよ?(笑)
アニメだし、もとはゲームだし、とは思うんだけど、警察の扱い笑うわ。
毎回犯人間違えるなよ。ちゃんと探して逮捕しろよ。
あんなんコナン君やったら絶対許さへんで!

さてさて、マヨイちゃんも無事に帰って来たし、めでたしめでたし、で終了した。
面白かったよ!
かなりゲームに寄せてきてたけど、2クールメに入った時はあまりゲーム音しなくなってちょっと物足りなかったけど(笑)

2期はEDが特別に可愛かった。
あのリズムに全然合ってないワンコ達とオウムの動きがじわじわ来て萌えた。

 タイムトラベル少女 12話最終回感想 

「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」。
まさに日曜朝のNHK…な内容でしたが、
実はテレ大の土曜朝から。

母親がケーキ屋さんを営む中学生の、真理と書いてマリと読む主人公のお父さんは科学者であり、3年前から行方不明。
そんなこと仕方ないよね程度に幼馴染たちときゃっきゃうふふの青春ライフ。
ところが幼馴染のお兄さんが所有していた本との接触から、マリは過去の歴史にタイムスリープ!
有名な科学者たちと出会い、歴史の動いた瞬間を数々目にしることとなった。

このお兄さん、美形なうえに、頭脳明晰。さらには真理の行方不明のお父さんの助手もこなしてましたってどこのチートですかホントに。

物語は単純に父親探しかと思われたが、そこに営利目的の心が汚れた大人が。
このお兄さんも若くして起業した実業家。
ただ髪が、登場人物達ほぼすべてが日本人らしく黒とか茶色とか、まぁ幼馴染のワカちゃんが金髪で目立つ美人なんだけど、
企業家の兄さんが薄水色の髪色なんだよね。御影さん。
苦労したのか、と最初思っちゃったよ(白髪/笑)

最期はタイムワープの利益を奪い取ろうとする御影に脅されてタイムスリープした先でお父さんと再会し、時空の裂け目登場にてうやむやにお父さんと帰宅。
御影さん過去に放置してきちゃったテヘッ!わざとじゃないよ!
OPで過去の科学者と直接の接触があるようなカットがあったから、何かしらの予感はしてたけど、秘書の人も最後には火事の中御影を追いかけるのかもとか思ったのに彼女は飛べないままだった。
そこんところはちょと気の毒だよね。

ただ最期が未来の真理としても、なんで急に緑やピンクの髪の人間がうろうろしてるんだか。
未来で真理らしきおばあちゃんが孫らしき娘にペンダントを託すんだけど、
その時に、過去の自分達を事件に巻き込んだであろう本がリンゴとすり替わっていた。
もうね、そういう「~らしき」っていう『視聴者の夢と希望をつめた終わり方』ってのはね、
こういう科学とは答えがあるものなんだよ!ていうアニメでしていいものではないと思うのですよ!!
もっとね、はっきりとね、つじつまは合わせてほしいし、最期も『なるほどな!』って納得できる終わり方をするべきだよ!
それこそが科学アニメのはずだよ!
老婆誰だよ!多分真理だよ。でも違う人かもしれない。ひょっとしてワカちゃんかもしれないじゃん!
真理の娘かもしれないじゃん!
あまりにも何事も無くて
ニヤリと出来る終わり方期待して肩すかしされちゃった気分。
内容が面白かったうえに、過去だけじゃなくて彼らの未来についてまで書かれてた本についてアニメの内容が触れたからめっちゃ期待してしまってた(笑)

 アニメ「はんだくん」 12話最終回感想 

単独のアニメとして見ると面白いかもしれないけど、これ別に「ばからもん」の半田ですることないんじゃないかな?

ストーリーは、「ばからもん」で主人公してた書道家の半田が、高校生だった頃の話。
その時から書道家だった半田くんは、学校のみんなから距離を置かれる変わり者…と本人が思っているだけで
本当は皆、半田君を神聖視していた。
なにをしても好意的にとられているにも拘らず、当の本人は「嫌われている」と脳内変換。
勘違いが勘違いを引き起こし、孤立していると勘違いして孤独に怯える半田君と、
彼を距離を取りつつ見守る、半田君の事が大好きな人たちの青春コメディ。

完全に非現実的なギャグです。
どたばたすぎなのはギャグ漫画(アニメ)として見られるレベルです。
ついこの間には現実的な「ばからもん」で普通の人として主人公していた人の高校生時代とは、ちょっと切り替えできないわ。
これ親戚とか他人とか、いっそのこと新キャラで新しい漫画(アニメ)でしてくれた方が良かったような気がする。
多分私が本筋で真面目な漫画を4コマとかスピンオフだとかでギャグキャラにする昨今の人気漫画の商法が苦手だからかな。
同じ人が主人公でも漫画のフィールドが違うから、最初から最後まで「う~ん…」な感想しか起きなかった。
新キャラでしてくれてたらなぁ。

 ベルセルク 12話最終回感想 

面白かったよ!
すっごい面白かった。
ストイックにただひたすら生きる事に貪欲なガッツや周りの人たちの…なんというか…生臭さ?ていうのかな、そういうまさに大人の男の雑誌に連載されてる漫画な雰囲気が、
今のアニメの中ではなんか新鮮だった。
人間臭い中に、いかがわしい神様が絡んできたり、その神様に祈っている人たちが狂ってたり、他者にやさしく出来るのが神様から見放された人たちだったりと
見てるこっちの心が壊れそう。
最終回のガッツが「祈るな!祈ると手が塞がる」ってのがガツンと来たわ。
まぁだからと言って現実世界で宗教云々言うつもりはないですヨ。
でも、アニメの中とか、あの時代とか、そういうの置いといても、今この時も神様に祈るよりもまず自分で何とかしなさいってのは在るかもしれない。
深い。深いわベルセルク。
これで終わってくれてもベルセルクという長編漫画の歴史の一つとなったなって感動できるんだけど、
2期が決定してるそうなのでまたこのダークファンタジーが見れると思うと楽しみです。
続編は来年の春だって!

 腐男子高校生活 最終回感想 

スタートダッシュがすごかったけど、
最期の方は尻すぼみな感じだったなー。
最初はものすごく面白かった感じがしたし、主人公の坂口も違和感なく腐だなって思えたんだけど
なんでかな、途中からとっつきにくいというか、
同感できないというか、
「あぁ、やっぱり男女の違いなのかな」てな感じになった。
登場人物の男性たちがホモじゃない設定なのにホモホモしいからかな。
坂口の親友が長髪で女装が~とかただの腐男子、腐女子にしても特殊な方へ行ったからってのもあったかも。
もっと周りは普通の男だらけにして、普通のちょっとしたことで主人公達が勝手に妄想膨らませて腐らせていくネタをもっとしてほしかったかも。
とにかく始まりは面白かった。

 NEW GAME! 12話最終回感想 

「がんばるぞい!」の歴史的名言を作り出したのってコレの原作でよろしかったか?

ゲーム会社に就職した青葉ちゃんと、面白おかしい同僚たちの日常アニメ。
この会社、女性しかいないぞ!
華やかだぞ!
原作は「ゲーム業界の生々しい悲惨なエピソードの暴露は意識的に省いた」という、完全フィクション。
なので、アニメ見てても本気で同情するようなエピソードは無い。
だからほわほわして見ていられました。
まぁゲーム作るのって大変そうって事だけは伝わったと思う。

女の子たちも可愛かったし、動きもキュートでファッションセンスもいかにも萌え路線!と微笑ましく見れました。

最終回ED後の警察24時みたいなの面白かった。
まさかそこで笑いを取る方向で行くとは!!良いオチだった。
てかねねっちがいろいろ持ってっちゃったヨ(笑)。

 Re:ゼロから始める異世界生活 25話最終回感想 

良かったわ!
主題歌の使い方とか演出とか最高です。
主人公スバルのウザさもかっこよく見えたわ。
エミリアたん可愛いわ。
あえて残念なところを探すと、最終回にレムが出てこなかったことですかね。
あれほど純情に純粋にスバルの傍でひっそりと輝いていたあの子の存在をばっさりと切って最終回にくるとは…
でも私的にはそこはそれも良かったです!
ただのハーレムもので終わらなくて、
この前のはレムの告白、今回はスバルの告白として、その時その時に視聴者の心を躊躇わせる要因をすべて省き、それぞれの二人の世界にどっぷりとつからせてくれたアニメ最高です!
良かった。

突然異世界に召喚された自称引きこもりの明朗活発な青年スバル。しつこくてウザいのが欠点かも。
そんな彼を助けてくれた美少女エミリア。
だが彼女は彼女で厄介事を抱えていた。
その裏事情を知ったスバルは、同時にエミリアと共に殺される。
ところが時間が巻戻って、自分が死ぬ前どころかエミリアに出会う前にタイムリープ。
まるでゲームのセーブじゃん?
そしてスバルは異世界召喚と美少女というインプリンティングにも似たかのような執着で、エミリアの救出に頑張る!
そうやって何度も死に、何度もルート変更を頑張り、
最期にエミリアを助けた時には、彼女にとってスバルは助けてもらった時が初対面という、スバルにとっては寂しいルートだった。
エミリアと過ごした『無かったことになった時間』を一人心に想い秘め、スバルはエミリアとのきずなを再び結ぼうと頑張る。

何度も何度も死ぬルートを繰り返し、死に戻りし、仲間を増やし、今度こそと正しいはずのルートを探し当て続けるお話すごくハラハラして良かった。
だってこの手の主人公って『絶対死なないよね』っていうチートな設定で、どんだけ危険なところに行っても、危ない目にあっても、
無傷で帰ってきたりするからある意味ドキドキしないんだよね。
いうなれば、アクションを見て楽しんでもいいって気持ちになって見てる。
でもリゼロって違うんだよね!
主人公も死ぬかもしれないし、周りの大事な人たちも誰かが死ぬかもしれない。
毎回死体見せられるし、可愛いヒロインちゃんも気の毒な事になってて、むせび泣くスバルとか見て、一緒に心痛めたりもした。
何度心痛めたことか!!
可哀そうやろ!あんな子供まで!!と村の幼子までが被害にあった時もあった。
急に殺されて、犯人は誰?ってさっぱりわからないというサスペンス調も何度もあった。
知り合いが実は犯人だった、この前はあの子だったけど、今回はこの子って!て事もあった。
死に戻りするたびに、スバルには知識が増えていって、うまくルートをたどった時には周りから見たスバルはまるで何でも上手にあしらうチート主人公に見えるんだろうけれど、
そこまで成長する道筋を見せてくれる筋書きはかなりいいストーリーだと思う。
それに、そこまでの道筋での悲惨なシーンや、それぞれの人たちのとる行動とかもあって、それが後に見えないところでも、見てるこっちは理解できてるのも面白い。

スバル自身は違う世界の人間なので、この先どう終わるのか、魔女との関わりとはどういったものなのかとか、
まだまだ解らないままで終わってしまったけれど、
原作を追い越したらしいから仕方ないよね!
逆に無理やりオリジナルで終わらせないでいてくれて嬉しいよ。
どんなに時間がたとうとも、このテンションで2期が始まる事を期待して待ってます!



 91Days 10話感想 

主人公に手紙を送り、復讐への道に駆り立てた黒幕はコルテオじゃないかと思っていた時期が私にもありました。

ごめんなさいっ!
コルテオは最初から最後まで良い人でした!
ヒドイ!この展開はヒドイ!!

幼くして家族をマフィアに殺されたアンジェロの元に当時の犯人の名を示す手紙が届く。
アヴィリオと名を変えて復讐に立ち上がったアンジェロ。
当時の幼馴染コルテオを引きこみ、彼の闇酒を手土産にマフィアに接触。
じわじわとドンの息子レオの側近に。
それまで多少の難あれど、復讐の土台を着々と積み立てていくアヴィリオ。
だが、だんだんマフィアに染まりきってきたアヴィリオに不安を感じたコルテオは独断で敵側のマフィアとの接触を持つ。
行き過ぎた行動のせいでレオ殺害未遂の立場となってしまったコルテオ。
彼の存命と引き換えにレオの殺害を要求してくる黒幕!!
聡明なアヴィリオはコルテオの逃亡を成功させて、ひと時の平和を二人で満喫。
そして一人、復讐の舞台、マフィアの巣窟へ戻るのだった…

だけならよかったのに!!
もうコルテオはそこで待ってればよかったのに!!

コルテオ逃亡幇助の疑いが(つっても疑いじゃなくて、幇助したんだけどね)あっさりとバレちゃうアヴィリオ。
そこに駆けつけるコルテオ。
そして、アヴィリオの疑いを晴らすため、自らの命を捧げるのだった。
「僕たちは―――」
最後まで言わせないつもりかアヴィリオ!と思ったら、「俺達は…兄弟だ」
泣けるわ!!

ここ最近レオが良い人なのか?な描写が多かったし、アヴィリオとの距離も近くなっていたうえに
実は襲撃時は誰も殺してないって話までして、
あれ?これはひょっとしてレオ生還ルートか?アヴィリオ復讐しないで笑顔でハッピーエンドか?って流れを感じてたけど、
もうそんな事無いね。
復讐劇にまっしぐらだよね。
レオがアヴィリオにコルテオを殺すように仕向けた結果、レオいい人説木端微塵だよね。

まさかコルテオが死ぬとは思わなかったよ。
ラスボスで一人生き残るのかとか思ってたよゴメンネ。
ラスボスでなくても、一人生き残ってアヴィリオを弔う役じゃないかとか思ってたよ。
作中ただ一人の良心だったんだねコルテオ。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



QR