亜人 アニメ2期最終回感想

原作とも映画版とも違う物語。

死なない人間「亜人」だと判明した主人公永井圭。
男子高校生ながら、何か頭のねじがぶっ飛んだ感じの策士。
大人を手玉にとって逃げる算段立てられるよ!
でも目を付けられた相手が悪かった。
亜人であり政府に認識されながらも逃亡し続けている佐藤。彼の方が永井よりも経験も知識も格段上だった!!
亜人の為という名目を掲げ、実は快楽の為だけに世界崩壊を行う佐藤の策略により翻弄される永井は、
自ら佐藤との戦いに赴くが、それは世界を守る為でもなく、自分の平穏な生活を確保するためだけの行動。
永井が選んだ共闘の相手は自分をとらえて残虐な拷問を下した政府の機関の一人戸崎。
かれもまた、世界の為などというきれいごとでは無く、自分の婚約者の治療費の為には汚れ仕事も辞さない人。
現に彼は政府に内密で亜人下村を人間と偽って部下にしていた。

という大体下地は一緒だと思う。

で、アニメは最終回手前で佐藤がバイオ兵器を手に入れて、(日本が作ってた)
戸崎が「そんな非道な事が許されるわけがない!佐藤の手から一般人を守るんだ!」て言い出して(何言ってんだ誰だお前)
みんな「おお!」てなって、永井が「行かない」って引きこもったら
妹ピンチになっててそれを助けに行った永井が同じくピンチになって
幼馴染が助けてくれて永井が「やっぱ佐藤さん止める」って戸崎のトコに戻って(気持ちの変化わかりにく!)
今迄的だった佐藤さんの部下が反乱起こしてなんでかこっち側に味方して(え?戦争大好きだったんじゃなかったの!?)
皆で戦ってわーってなってどっかーんてなって佐藤埋めた―!とか思ったら佐藤出てきた―!ってなって
今度こそ勝ったー!って思ったらアメリカに横取りされて、
平和になったと思ったらどっかーんてなってまた秘密結社みたいに集合。
戸崎さんの非情人設定どこ行ったのかしら。
世界の為なんかでは動かない人だったよね。
良い人にぶれすぎちゃう?
最期もなんなの、あれほど作中誰に見られても「あ!永井だ!!」って認識されるほどに有名だった主人公が
のんびり街中歩いてるのどういう事なの。
最期またみんなで佐藤に立ち向かおう!みたいな流れだけど、政府機関どうなった亜人対策本部どうしたよ
対亜組織フンガーだよ。

筋書きが最後変わるのは受け入れられるけれど、主要キャラの本質が変わりすぎるのどうかな。
世界平和の為には永井も戸崎も動かんよ?
そこの気持ち悪い恐ろしさが主人公側ってのが面白かった物語なのではなかったか?
だからこそツッコミやくの中野君が気苦労しまくってるんだし、彼だけが亜人の良心だったのに。
敵だった奥山も「戦争するだけってのは~」って嫌お前最初から戦争大好きでノリノリだったはずだよね?
なんか…なんかアニメ版みな正義の味方になりすぎてて「あれ~?」って感じだった。
サスペンス調なテンションを楽しんでたら、この流れはぶっ飛んで感じられると思う。
まぁ原作がまだ未完だから、アニメは視聴者が「世界の平和は守られたー」ってすっきりして終わるのもいいかもね。

スポンサーサイト

舟を編む 最終回感想

一つの辞書が出来上がるまでの、
13年以上に及ぶ年月と、それに携わった人々の熱い想いの物語。
三浦しをんさんの小説をアニメ化したもので、
もはや文学といってもいいでしょうね。
昨今のラノベ小説のアニメ化と一緒に「原作が小説」って並べられるの申し訳ない。

主人公の名前が馬締とかいて、「まじめ」と読みます。
作中何度も「まじめくん」「まじめさん」と呼ばれるのですが、
これがもう名は低を表すを地でいってるとはまさにこの事です。
真面目で純粋で。
周りもその真面目さに引きずられる様に、良いように感化されていて、とても優しい世界が広がります。
最終回では、辞書つくりのあまりの期間の長さに、慣習してる先生が御一人老衰(?)でお亡くなりになるほど。

毎日が淡々と過ぎる中、
言葉に対する格言となる台詞が幾度も交わされ、
とても穏やかに、哲学タイムができるアニメでした。

辞書にもっと敬意を払おうと改めて思いました。
辞書作りスゲェ。

競女!!!!!!!! 12話最終回までのざっと感想

アホやろこのアニメ!!(大笑)
アホすぎるやろ!!

日本が公営ギャンブルとして認めている競女。
それは女性たちが水着で、水上のステージで腕を使わずお尻や胸で押し合いへし合いし、相手を落水させるか横転させるかで勝敗を決める勝負。

てかそれおしくらまんじゅうやんか!?って思うやん?で、OP見て、「なんだ、男の萌えアニメか」って思うやん?
水着でオムネぶるんぶるんして、お尻アップで映って。
でもね、回を追うごとに、脳みそパーンてなる。
お尻とは。
そして乳〇びとは。
今私検索避けにワザと表現を押さえていますが、アニメではみんな叫んでました。必殺技としてw。
ひどかった。もうとにかくひどかった。
だが下品ではなかった!!
感動した!戦いっぷりに感動した!!
全然いやらしくなかった。
だがアホだと思う。
ものすごくアホだと思う。
見終わった後、今さっき自分が何を見たのか、いや、見てはいけない物を見たのではないかと自問自答してしまう。
す…スポ根ものなんだろうか?
だめだ、考えれば考えるだけ黄金に輝くオシリが空間一杯にたくさん出てきたシーンがちらつく(笑)
とにかくかなり盛り上がれるアニメでした。
頭オカシイ(褒め言葉)www

終末のイゼッタ 12話最終回感想

そう終わるしかないよね!って涙を流しながら突っ伏す程の納得できる終わり方でした!
最高だよ!

物語は西暦1940年。
強大な軍力を持つ一つの軍事大国が大陸を支配しようと進軍していた。
その標的の一つである小国エイルシュタット公国は、
現在のおとぎ話だった魔女を戦場に送り出してきた!
彼女の名はリゼッタ。
エイルシュタット公国の皇女フィーネの旧友であり、世界最後の魔女。
彼女の力は旧来の戦争の歴史が変わるほどのものだった。
魔法でエイルシュタットを勝利に導き続けるリゼッタ。
だがその強大な力が及ぼす影響は自国だけでは無かった。
その力を打ち砕くため、軍事大国が魔女のクローン作成の禁忌に手を出した。
よみがえる過去の白き魔女ゾフィー。
戦いは戦争ではなく、魔女vs魔女へとすり替わる。

ゾフィーとの最初の戦いで、すでに下半身が動かなくなっていたリゼッタ。
魔法石を渡されたとき近衛隊長のビアンカが必死で守ろうとしてくれてたのすごく良かった。
最初は疑ってたけど、ものすごく信頼してくれて、あげく深く想ってくれるようになって。
OPで意味深な部屋の出て行き方してたエルヴィラさんも、最期はぎゅってしてくれた!
なんであんな意味深シーンにしたんだよ、ジークさんが非情に徹する事の出来る人だから仲たがいするのかなと思ったよ。
最終回Cパートで、車いすに乗せられているリゼッタの顔を移さない演出は震えた。
途中の話で半身不随になっていた事、魔法石を使えば使うほどリゼッタの命を削った事、魔力の源をすべてなくすために、レイラインをその身一つで吸い上げてしまった事。
いろんな事あったもんね。もう笑う事すら出来なくなってるのかもね。
でも見様によってはきっと笑顔で姫様を迎えたんだって脳内保管できる演出だった。ほろりときた。

戦争というテーマにおとぎ話を上手に加えてきたうえに
主要人物をどんどん死なせていったストーリーには感動した。
だからこその最後まで生き残ったベルクマンの異常さが際立ったし、
生き残った割には死地に赴く状況の大国の飛行機乗りのおっちゃんが物悲しかった。
皇帝自害しちゃったしね。もう大国は終わりだもんね。
美しいおとぎ話だった。
すっごく良いアニメだった!!

フィーネ姫とリゼッタの秘密の地下での約束とか、リゼッタが傅くところとか、幻想的ですごくいい。

ただ、ゾフィーはゾフィーで可哀そうなんだよね。
皆は国や王妃様に裏切られたと思ってたけど、本当は好きだった王様に裏切られていた。
その感情を爆発させてリゼッタに詰め寄ったら、あっさりと「それは仕方ない」の一言で流されたあげく、
リゼッタには「自分なら姫様の為に笑って火あぶりになる」とか頓珍漢な意思主張されて。
違うねんて。リゼッタそれ違うねん。
姫様と王様とでは立場や人柄が違うねんて。
ゾフィーの大きすぎる力が妨げになるだけなら他にもやり方があったろうに。
ゾフィーだけをそっと逃がすとかしてくれればよかったのに。
でもゾフィーも王様好きすぎて、王妃様いるのに戦争に参加したところからすでに歪な精神状態だったのかな。
これって姫様とリゼッタで成り立った友情だったからこその戦争終結だったのかな。
どっちにしろこの物語の魔女って切ない。

魔法少女育成計画 12話最終回感想

世間では突然に、魔法少女なる不思議な力を持った少女たちが人々を助けるようになった。
目撃情報は数知れず。
まとめサイトまで出来る始末。
主人公は昔から魔法少女に憧れていた中学生。
今はスマホの「魔法少女育成計画」というゲームに夢中。
だがそのゲームが主人公を本物の魔法少女スノーホワイトにしてしまった。
主人公の特殊な魔法は「困った人の声が聞こえる」。
その力で人を助け、理想の魔法少女として生きる主人公には昔なじみの仲間もでき、浮かれまくり。
そんなとき、いきなりナビゲーターが告げる。
「16人の魔法少女同士で争え」と。

最初こそ「負けたら魔法少女ではなくなるだけで、日常生活に戻る」という話だったが、実は魔法少女ではなくなる=死。
戸惑う魔法少女たち。刻々とせまるタイムリミット。
そして始まる 殺し合い…。
最初ほんわかした気持ちで見ていた変身魔法少女物。
だが見るたびにOP・EDで死人が増えていく!

物語が進むにつれ、数人のゲスさが見え隠れし、
ナビゲーターの語尾「ぽん」が腹立つわ~と思った頃には語尾が演技みたいなフリがあり、
いたいけな少年少女たちが衝撃的な姿であんなことやそんなことになったりで、
目が離せませんでした!!

最期はどうなる事かと思ったけれど、
なかなかに落ち着いた終わり方でした。
あっぱれ!!
他によくある「風呂敷広げすぎて最後がとっちらかる」終わり方じゃなくて、
スノーホワイトは自然な形で初志貫徹できてた。
それも死んだ仲間に~とか青臭い事一言も言わずに、もくもくと魔法少女してる。
心の中はいろいろ表現したいこともあるだろうけれど、それを今出さずに、現実だけを見せた最終回は凄く良かったと思う。
魔法少女ものでグロ規制掛かるほどで、ナビゲーターが腹立つ系でっていえば、
どうしてもまどマギがちらつくけれど、まさにそれ系。
とはいえこれはこれで面白かった。
命のやり取りが「何かの代償」や「誰かの行動の犠牲」的なものじゃなくて、何の深みも無いただの物見遊山的な余興として開始されたっていう背景ヒドイよね。
でもその鬼畜な世界が物語の舞台になる事こそが、魔法少女たちを引き立たせてるんだろうと思う。

あと、登録名がそのまま名前になるから、何かに登録する時はしっかり考えて登録しようって思った!!(笑)

刀剣乱舞-花丸- 全12話感想

萌えアニメではあった。うん。
でも面白いアニメとまではならなかった。
だが皆可愛かった。
多分アニメ事態もアニメオンリーの視聴者が標的というよりは
ゲームしてる審神者への感謝アニメ みたいなノリだったんだと思う。

時は2205年。
人類は、歴史の改変という稀有な攻撃に悩まされていた。
そこで国家規模で「時の政府」組織を作りだし、物質からその本質を人型に具現できる能力を持つ人間を選抜、
それを「審神者(さにわ)」と呼び、彼等一人一人に本丸という空間を与える。
そこで審神者は刀から付喪神を呼び出す。それが刀剣男士。
かくして審神者は彼ら刀剣男をあちこちの時代に送り出し、歴史を改変する未知の敵=歴史遡行軍とたたかわせ
歴史を守るのだ!

っていう舞台設定。
だがアニメは本丸での のほほん日常生活、そしてたまに出陣。
もうね、まさにね、彼らを「可愛い可愛い」と愛でるだけの簡単なお仕事でございましたよ。
結果誰も折れなかったから良かったし、
劇中歌のうどんミュージカルが後に花丸うどんとのコラボを果たしたりと、
話題沸騰でした!
ちなみに私は獅子王推しです!!
アニメの獅子王の可愛らしさには花丸ですが、鵺ちゃんが出てこなかったのは如何にもしがたい思いです。
何故だ。他の眷属は出たのに。5匹の子虎も亀吉もお供の狐もちゃんと出たのに!!

さてさて、ゲームの中ではその生活が謎だらけの「本丸」という空間ですが、
こんかいのアニメで一つの模範例が出来たと思ってます。
審神者さんにとってはかなり昔の生活を強要されている様子。
洗濯が洗濯板でってのは衝撃だよ。
風邪をひいてもパブロン飲めない生活辛いよ。
でも刀剣男士達皆に愛されてるのはいい。

ゲームはソシャゲと言われる、パソコンで刀剣男士達を成長させるもので、
別に彼らは成長もしないし、ましてや戦いが終わるわけでもない。
ただただ出陣させて、彼らの強さを上げるだけ。
恋愛要素も無い!そこが良い!!
どれだけ特別扱いしようとも、好感度ゲージとか無い。ただただ戦いに行く隊を編成し、陣を決め、戦闘させるというゲーム。
いろんな性格の美少年、美青年、さらにはハンサムなおっさんたちまで、
ショタコンからはてはおじさまスキーまで、皆を満足させられるレベルで誰かしら好きになれるキャラが居る刀剣乱舞、
とても萌えアニメだと思います!!
でもストーリーとかもともとキャラを知っていないと理解できないだろう物が多かった。
でもまぁそれも、ヒマを持て余した神々の遊び~だと思うとほっこりする。

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 10話(最終回)感想

地方大会の決勝戦に標準を合わせたシーズンでした。
わずか10話で終了しましたが、試合展開の盛り上がりはものすごくテンポよく、
同時にこのタイミングしかない終わり方でした!
バレーをあまり知らない私でも、試合展開にドキドキし、ボールの動きを目で追い、
敵味方それぞれの選手にお疲れ様と言いたい程に、観客の気分。
あくまで選手側の気持ちにはなれないけれど(笑)。

途中7話だったか、鵜飼コーチの中の人の訃報があり、
交代劇があったけれども、
交代後もイメージそのまま、頑張ってくださってて、
鵜飼コーチ見るたびにそれぞれの、なんていうか、コーチ二人分の想いがこもってそうな思いもあり、
感動しつつ寂しさと惜しさで心が揺れた。
田中鵜飼コーチの最後の台詞が「下を向くなぁあああ!!」だったのが、もうね、これね。
ここのコーチって台詞多いんだよね。
スポーツアニメや漫画って、主人公が初心者とかで、先輩やら仲間たちに教えてもらいながら成長するってのがポピュラーなんだと思う。
初心者に懇切丁寧に初歩から教えるストーリーで、読者や視聴者にもルールや専門用語を覚えてもらおうってのが理由かな。
ところがハイキューは皆経験者なんだよね。
だから、ここの初心者枠は顧問の先生。そしてその先生にルールや専門用語を教える立場なのが鵜飼コーチ。
ちなみに鵜飼監督ってのは、鵜飼コーチのおじいちゃんね。
たまに出てくるよ。

敵は今迄の物語でラスボスみたいな扱いだった白鳥沢。
でもそれって日向たちの県の代表を決める試合の敵であって、
全国にはまだまだ強いチームがわんさかいるんだね。
うそやろ?高校生まだまだ出てくるんかいな。
まだ原作は連載中なので、この先の物語も期待できますし、アニメ化もまだまだあるかも!!
やっぱり全国大会で頑張ってる話も見たい。
優勝…はいいすぎかな?
でも3年生たちの今のチームで物語を完結してほしい。

アプリゲームはエンディングが無いよね。

CMで見るだけでも沢山あるアプリゲー。
もちろんCM以外でもたくさんあるよね。すごいよね。
『これわたしスマホ持ったら絶対するだろうなー』って思ったのでスマホは持ってない。
ところが最近はPCでできるゲームがたくさん出てきた。
ほんの数年前ならアバターを着飾って、コミュニケーションをとって…ていうのが多かったと思うんだけど、
ここ最近はガチでゲーム。ひたすら自分の世界!
『そっかーPCでも出来るのかー』
ってなったらいろいろ登録しちゃったよ。
最近はアプリでしかできなかったはずの黒猫のウィズとか、最近ではCMしまくりのグラブルとか。
『そっかー、身を滅ぼすほどのガチャってこれかー』って理解した。
怖いわー。キャラとか高ステであればあるほど見栄え良いし、綺麗だし、コンプしたい人とかの心をめっちゃ煽って来るの。わかるわー。
ガチャも値段高いし。
ふっふっふ、でもね、私はね、『ガチャでは出ない』という悟りをすでにひらいているのだよ。
正直なところ、式姫の庭ありがとう。
貴方のおかげで『ガチャは出ないよ』って身に染みたよ。
しかもそこって一昔前のPCシミュだからか、無料サービスけっこう緩い。
あと、私の一押しダダハマりゲーム刀剣乱舞はガチャが無い。
PCで出来るゲームって
今迄メインなのは、アバター作って仮想ワールドで他人と協力して敵を倒してミッションをクリアしていくっていう協力型ゲームで、
はずれのギルド入っちゃうと時間拘束すごいとかあるみたいだけど、
今ならもう独りでコツコツ出来るゲームがたくさん出てきてる。
他にもいろいろあるよ。ゲームサイトみたら、絶対自分の好みのが何かあるよってくらいにあるよ。
数も種類も豊富。

それはそれとして、
私いままで据え置き機から始まったゲーム人生なんだけど、
携帯ゲーム機(主にPSPとDS)に移行しても、
RPGが好きで、物語が終わるまで他のゲームしないで物語にのめりこむタイプだったんだって今になってわかったよ。
終わりのないPCゲームすると、終わりが来ない事が怖い。
今までしてるゲームから手が離せない、なのに新しいゲームに登録しちゃう。
すると始めたゲームに時間取られて、PCゲームの時間がどんどん生活を圧迫してる気がする。
そいえいば、今までRPGすると、そのゲームが終わるまで他のゲームはしなかった。ずっとその物語だけをやりこんでた。
大概手を出したゲームはクリアした。
積みゲーはまだ手つかずなのばかりなので、クリアしたかしてないかはきっちり分かれてた。
だから、今みたいな終わらないゲームをいくつも同時に進行させるってのは向いてない!私、今理解した!!向いてなかった!!
でもそれなのに!今ヤバイ!
ほんのちょっと前までは、コミュ系だけでちょこっと楽しんで、
他に絵描いたりサイトいじったりできてたのに、最近ハッと気が付くとPCではオンラインゲーム画面が常に開いてる。
怖い。私侵略されてる。ネトゲ怖い。
昔みたいにダウンロードしなくちゃってことも今は無いから登録するだけでお手軽に始められて、オンラインゲームが身近になりすぎてる!怖い!
物語もちゃんとあるし、しかも顧客を話してなるものかと言わんばかりのイベントがいつもどっかでやってる。てか毎日がイベント。
そういうのホント怖い。やらないと損しちゃいそうで、なんだか心が煽られる。
ゲーム好きがこうなんだから、今までゲームに無関心だった人がのめりこむのもわかる。
いや、その人たちは、きっと無関心とかじゃなかったんだ!ただ楽しさを知らなかっただけなんだ!
あの楽しさを初めて知ってしまうと、きっと理性の多寡が外れるんだと思う。
つくづく自分はのめり込み度をコントロールできるゲーム耐性度を据え置き機やら携帯ゲーム機で養っていて良かったって思ったよ!
そんなスキルが人生で役に立つなんて考えもしなかったよ。
知り合いの人の知り合いが(遠いわw)、やっぱりゲームに夢中になりすぎて危ないらしいとか話聞くよ。怖いよ。スマホだってさ。

でも、そんなオンラインゲームも終わる時もあるみたい。
「ゲームサービスを終了します」って言って、ゲームが終了するらしい。
私が参加してるのは今はまだないけれど、いずれはそうやって終焉を迎えるかもと思うと、今からいい意味でワクワクする。
どんな思い出になってくれるんだろう、、みたいな。
悪い意味で終わって欲しいんじゃないよ。
一緒にどこまでいけるんだろう、どこまでたどり着いて終わるんだろう、みたいな、最終回を待つ気分。
でもそんな終わりはまだまだ見えない。
いまはずっと、ゲームのイベントにのっかて走り続けるしかないんだ。

うん、いろいろゲームについて思いのたけをぶちまけたけど、
ここらで聞いてください。
さ~て、ここしばらくの滝上さんちの舞ちゃんは~♪
『PCゲームしすぎてブログ更新ができないよ!』
『イベント参加しないと!』
『アニメの録画がたまりすぎィ!』
の3本です!お楽しみに!


しばらく、ゲーム抑えないと…って思ってる。本当に。
来週あたりから刀剣乱舞の連隊戦始まるから(オイッ!w)それだけは押さえとかないとダメだし。

あと、年末ってアニメ特番とか映画とか、しれっと放送するんだよ、気が抜けないよ!

レガリア The Three Sacred Stars ざっと感想

今季一番最初に最終回が来たのがこのアニメ。
よく最後まで放送したな、と。

前期7月に4話まで放送したが、内部事情で放送中に。
当時から10月から続き放送します!とは言っていたけどこのまま打ち切りかと思ってた。
9月から再び1話の再放送から始めて、とうとう1クール放送しきったよ。立派だ。
で、内容ですけれど。
うん、まぁ、え?でも…いや、これでいいか、みたいな感じ。

とある王国の、歳若い女王。
彼女には、見た目が幼女の姉がいた。
ある日、突然大型ロボットが攻めてきた!
なにやら幼女と因縁があるらしい。
王女は国民の安全と姉の命とを天秤にかけることを強要される!
王女のとった道は!?
てな感じで、とある王国で敵と戦うロボットアニメでした。
最期は宇宙いっちゃいました。
正直、話し盛りすぎていろいろ謎で終わらせただろって感想でした。
じっくりしっかり見てたらわかるだろ?って言われるかもしれませんが、
私は主人公の王女様が歳とらなくなったのかどうかなのが解決されてない部分が引っ掛かって、そこから進めないんだよっ!(笑)
どうすんだよ姫様不老にしちゃって。
国民に大人気の姫様を不老にしちゃったら「あれ?姫様年取ってないね、若作りだね」って10年くらいは笑ってられるけど
幼女の姉の様に還暦迎えても若々しいうえに、老衰しない(多分怪我とかでは死ぬだろうから不死じゃない)って国民戸惑うよ。
数百年後のオチまでして終わって欲しかった。
足りない…何かが足りない終わり方だった。
途中での放送やり直しとしての話題は凄かったけれど、
でもオリジナルアニメとしてはあまりぱっとしないアニメとなったのは惜しい。

絵は画像崩壊が全然無くて、女の子がずっと可愛かった。そこは凄かった。
プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR