オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

黒子のバスケ 第20Q

第20話「なりたいじゃねーよ」 BYエンジェル火神君
(注:BS再放送日記・かなり誠凛ひいきです)


今回からOP前の 毎回同じの長くてうっとおしいキセキの世代の紹介が
無くなって、すんなりOpへ。

実はこの回で黒子君が
こだわっていた帝光中をふっきれて、
「誠凛の黒子テツヤ宣言」をぶちかます回のため、
Op前のアレが省略された、と多くの視聴者の見解なのですが、
宣言するのはまさにED前なので、
私的には省略は来週からのほうが
来週「ふおおおぉおぉぉおおっ!!黒子君の成長!!てかもうキセキキセキ言わなくなるんだな!」て
盛り上がる事が出来る気がしました。何故今週からなのか。


さてさて、内容は
さっきちょろっと触れましたが、
黒子君の「誠凛の黒子テツヤ宣言」とならんで
火神君との仲直りイベント!!
ここですよ!!
火神君がエンジェルだと全世界にしらしめた回は ここなのですよ!!

自分の力がキセキの世代と同質だと、キセキと戦って実感した火神君、
キセキを倒す、と意気込んでる黒子君が、
こんなキセキと同質のバスケをする(と火神君が思っているだけで、実際は違うんだよ!!)自分を
相棒とした黒子君の、理由が気になっていた!!
それを受けて、キセキの世代を倒すために、自分だけでは力足らずだと確信した黒子君は、
誰でもいいから相棒にしてキセキと戦わせる力にしようとした…
と、今ここで火神君にカミングアウト。

それを受け止める火神君!!
黒子君にしたら、結構ヒドいこと言ってるんですよ。
ただただ強いだけの人に頼っちゃった、的な。
黒子自身も、やっちゃった感がにじみ出てるんですよね。
でも、それを悪意なく、あっさり受け止め、
あまつさえ「バスケをする理由なんて人それぞれ」と相手を認める火神君!!

なにこの天使。
いつから地上に舞い降りていたの!?
この懐の広さは何!?


それに、火神君は自分のバスケをキセキと同質のバスケって自己評価ですが、
黒子君も言った様に
「火神君のバスケは、キセキとは全然違う」のですよ!!
あくまでチームプレイを忘れない!
きっと敵にも敬意を忘れない事でしょう。
キセキなど足元にも及ばない。
(うん、今キセキの世代、WJでとんでもなくゲスイよね。/本誌ネタゴメン!)

今回、前半で一年だけで練習試合したとき
火神君が黒子君に「パスはいらない」て言ったうえ、
ホントにパス受ける気が無い目線だったり、
個人プレー連発だったりして、
火神君の方がピリピリしてる?って誠凛2年メンバー(木吉&伊月除く)思ってたみたいだけど、
試合終わったら、3人組(フリ・カワ・フク)の輪にスッと入って行ったのは
火神君の方なんだよね。
黒子君の方が輪の外で、チームの雰囲気に乗ってないというか、コミュニケーションが取れてないというか。
笑いあえてないのがなんか、危うい感じだった。
1年の3人組は、意外と火神君がピリピリしてても2年生ほどマイナスイメージ持ってなかったんじゃないかな。
なんていうか、いつも通り、みたいな。
ピリピリしてても火神は火神、頼れる同級生で、自分たちと変わらない男子高校生…って。
なんだよ普通にしゃべってくるじゃん、ちょっと試合に負けてイラついてるだけだよな、みたいな。
やっぱあれだけ強いと、負けた時のショックって大きいだろうな、だって火神だもんな、みたいな。
てなことを、火神君を見ながらずっと思ってました。
そういうところを木吉先輩も見ていてくれて、
アンバランスな光影コンビの雰囲気を察してくれてたらいいなぁとか言うのは私の願望。
はぁ、すっごいドリーム語った気がする。

つまるところ、今回の火神君は天使だったってことで。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆