オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ境界の彼方

アニメ面白かった。
1話の初コンタクトの時の会話の流れがオカシイなと思ってたら、
実はその前から物語は始まっていた、ってのも
なかなかに面白い展開だった。
京アニでありながらも
ただ可愛い可愛いだけで話が流れなかったのは
原作小説が面白かったからだろう。読んでないけど(笑)。
原作とアニメとでは登場人物とか設定とかだいぶ変わってるらしいです。
というわけで、アニメしか見てないけど
アニメしか見てない人の感想だってことで。

博臣は原作でもあそこまで変態なの?怖いわ。

てっきりシスコンってのも何かの照れ隠しというか、
何か…きっと何かの伏線だと思ってたんだけど、
どうもただの変態だった。
博臣君が変態すぎて、
主人公秋人が「俺は変態だ!!」って言ってても
正直「そこまででもないよなー」と思わされてしまう。
博臣もう少し押さえろ(笑)。
ミニキャラの「アイドル裁判」の短編アニメの3話、見たよ。
博臣、もうあれは手遅れだよね。あこまでとは。
マフラーがすごかった。うん。マフラーが鉄壁だった。

未来ちゃん可愛かったね。
小さくてふわふわしてて。
小さくてふわふわと言えば、
物語の終盤に妖夢のキツネとネコの二人が獣状態だったけど、
ネコさんの方がまんまネコさんだった。
下半身がぽってりしてて可愛い。
首根っこくわえられてぷらーんとしてたり、キツネさんの顔にへばりついてたりと
あざといわ!ネコさん!!
人間形態の時も可愛いかった。
え?ネコさん……アニメオリジナルだって?
確かに物語的に可愛い意外には要点にはならなかったけど、
歌って踊るあの不思議回ではセンターだったのに!!www

ただ、最終回の、
「境界の彼方が秋人にもどる→未来の存在が失われる」の涙流れる展開で終わるかと思いきや、
未来ちゃんが帰ってきて、屋上で再会…で終わったのが
もやっとする。

未来ちゃんが崩れていくところまで、設定がしっかりしていて
「私は本当はもう居ないから」ていうのも納得が出来た。
だからこそ崩れていく未来のシーンは儚げで泣かせる場面になったのに。

戻ってくるのはハッピーエンドになって良いとは思うけど、
なぜ再生できたのか、いまいち解らなかった。
もう少し、解りやすいきっかけがあったら納得できたかもしれないなぁと思うけど、
秋人の語りだけで「~かもしれない」でぼやぁ~と終わるのは
個人的に好きな展開では無いのですよゴメンナサイ。

べ、別にヤツらがリア充になるからって妬んでるんじゃないんだからねっ!(>_<)

という定型の冗談を挟みまして。(笑)

だって、理由なくして再生って、
今までの設定投げ捨てじゃないですか?
未来は秋人を生かすためにその身に境界の彼方を取り込んで戦う事を選ぶ。
秋人はその未来を助けるために再び境界の彼方を自分に取り込む!!
そうしたら未来は…のジレンマで数話引っ張ってきたのに!!
名瀬家の長女のお姉さんが散々未来に「生きるのは貴方(未来)か秋人かのどちらか」と
確認してたのに!!

まぁ正直なところ、わたしも「両方生き延びて、良かったな」とは思ったけど。
未来ちゃんの再生に何か、
意志とか愛とかじゃない、
もうひと押し何か大きなor強い何かが物語の中に欲しかったよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。