凪のあすからが化けた!!(2クールめ開始感想)

てっきり1クールで終わると思っていた「凪のあすから」ですが、
大どんでん返しを起こして2クール目に突入。
怒涛の展開に驚きです。

これはいい感じになった!!

ただのファンタジックアニメの恋愛もので終わらなかった。
てっきりお祭りを無事に終わらせて、
ひとまずアニメ終了ってなるって思ってた。
海神様のお怒りもとけて、
お姉さんはお嫁に行って、
ってところまではEDで流すかなぁ、みたな。
で、あとは漫画の方で続いてって、
まなかはなんだかんだと言いながら光とくっついて、
ちさきが要と紡のあいだで揺れ動くと思ってた。

まさかまさか5年後に場面転換するとは!!

今まで見て来て良かった。
純粋な恋愛ものアニメにあまり耐性が無いわたしですが、
頑張って見てきた良かった。
このアニメ、化けた。

最初はまなかと紡の運命の出会いがどっちゃらとか、
光がまなかを大好きで、だけどどうだこうだと言いだして空回りしてたりするから、
てっきりまなかと紡の疑似人魚姫物語になるのかと思ったら、
途中から紡がちさきちゃん好きなんだって表現出てくるし、
まなかはまさかの無自覚だったし、
要君はなんでか最後にあきらめちゃったし、
5年後に至っては行き場を無くしたちさきちゃんは
紡くん家のお世話になってて身内におさまってるし、
身内とはいっても紡の気持ちがかなったわけでは無くて
なにこれ恋愛ものが始まるの?
ってところで光が戻ってきたし。

これ、地上に一人取り残されたのがちさきちゃんってのが
結構くるよね。
4人の海の子供たちの中では一番変化を望んでなかったのがちさきちゃんだった。
冬眠を嫌がった光と冬眠を怖がったまなかの2人と違い、
要とちさきは冬眠する気マンマンだったもんね。
ちさきなんか、この日お祭りが終わったら家に戻って冬眠するつもりだったもんね。
要はちさきが選ぶ方に、ってつもりだったみたいだし、
ちさきちゃんが一番海にもどりたがってた。
でも他の3人が海に引きずり込まれて
一番冬眠を受け入れてたちさき一人が地上に残ってしまうなんて……
主人公誰よ?って感じだよ。

2クールめになってからのOPとEDでは
まなか以外は揃ってるのに
まなかが時の人みたいになってる。
ひょっとして最後の方までまなかは戻ってこないのかな。
まなかが戻ってきて終わりなのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR