キルラキル 最終回を終えて(感想)

さすがとしか言いようが無い!!
なんてすがすがしい最終回!
30分とは思えないくらいの物語感!!

良かったよ、納品が間に合って!!(大笑)
(トリガーは先週の予告から、最終回がまだ出来ていない事を公表し、
さらに完成されるまでをツイッターで日々報告をしたという伝説をつくりました。)
さすがトリガー!僕らのトリガー!!
間に合うどころか、内容もストーリーも、出来上がりも高品質だった!!
すごいよ!!
他のアニメの話しちゃって悪いけど(たとえにしちゃって本当に悪いけど)
間に合わなかった伝説作った某巨人のアニメとかあったもんね、
ファンはけっこうみんな本気で心配してたと思うよ(>_<)
でも間に合わなさそうってのも話題にしちゃうトリガー素敵(笑)。


最後はみんなヌーディスト。
てかただのヌード。
あこまでヌードに抵抗ない展開スゴイ(笑)。
最後にはヌーディストビーチの2人のほうが
急所を隠した衣装を身に付けていた形になっていて、
他のヌードたちより2人の方がまだ常識人ぽく見えたってドユコトよ!?

潜血も文字通り燃え尽きてしまい、
地球にはもう繊維生命体はいなくなりました。
少し寂しいけれど「セーラー服は卒業するもの」ですものね。
甘酸っぱい青春の思い出の象徴となったのですね、潜血。
燃え尽き際、カッコ良かった。
潜血はもともとかっこいいけど。
しかし「服が男前でカッコイイ」って思わされる日が来るとは!!(笑)

流子ちゃんが宇宙から落ちてくるときの
皐月さまの本気走りに鳥肌が立った。
「りゅうこぉぉぉおおおーっ!!」って叫びながらダダダダダッ!!て走り寄ってきて、
バッと手を広げるの。
「あぁ、皐月さまは本当に流子ちゃんが愛おしいんだなぁ」って感動しました。
ヌードだったけど。
最後の「お帰り…」「ただいま……姉さん」にもグワッってなった。
ヌードだったけど。

登場人物がどんどん露出していって、
男女問わずヌードにポーンとなるけど、
誰もそれを恥ずかしがらずに、
そして異性に対してのいやらしい気持ちを一切表現しなかったからこそ、
みんなヌードでもこんなに爽やかなアニメになったんだと思う。
だからこそ、マコのお母さんの、あの方の股間に目が釘付けになったのも
ただのギャグとして映えてたんだ!!爽やかに笑えたんだ!!

「訳が分からないから良いんだ!!」てイキオイで
めっちゃ熱く盛り上げて、
めっちゃ熱くまとめてくれた
キルラキルというアニメは 見ていてすごく楽しかった。

マコちゃんと蒲郡先輩はお幸せになるとイイよ!!
物語中、たまにある マコちゃんと蒲郡先輩のイチャイチャ(?/笑)が
とても微笑ましかった!!
マコちゃん、すっごいイイ子!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR