オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ弱虫ペダル 感想

面白いですね、弱虫ペダル!!
現在インターハイ真っ最中。

高校生の自転車のインターハイ大会のことは
全く知らないのですが、
箱根走るんですね。
駅伝と同じコース、となれば、少しは想像できるかも…うん、知らないなりに何とか…。

まさかの主人公落車!!
そして最下位転落。
もんのすごいドラマティックな展開です。
最下位からチームとの合流をめざし、追い上げる主人公小野田坂道!!
小野田を欠いた総北チーム、
そこでは巻島が東堂から勝負を挑まれていた!!
しかし、箱根の登りをチームを率いて上るはずだったクライマーの小野田が居ないため、
巻島は勝負を受けられない。
というか、チームとしてクライマーとして飛び出すことすらできない。
業を煮やした東堂がその場を離れたその時、
巻島は、チーム全員は、まだ小野田が追いつくことを信じていた!!
「あと3分ッショ」
3分の内に小野田が追いついて来れば、
巻島は飛び出すことができる。
東堂との勝負もさることながら、何たらタイムも(ごめん覚えられなかった)取る!!
総北チームが信じるその男はまさにその時、「100人の関所」=団体の壁にぶち当たっていた!!

そこで人間業ちゃうやろ!?的な流れで小野田君、
団体の壁をかわして前に躍り出ます!!
総北チームに追いつくために抜かなくてはならない100人の、最後の一人が…
「キンモイわ~」

っておまえがキモイわ!!
うん、みんな知ってる!!
御堂筋VS小野田!!
結局勝負らしい勝負をしないまま、
御堂筋が小野田君を見逃したのですが、
この御堂筋の登場から勝負ふっかけやらなにからなにまで、BGMまで気持ち悪いうえに
番組提供の怖さ酷い(笑)。
アニメスタッフ御堂筋いじりすぎやろwww。

それにしても、巻島先輩の回想、
「あいつクライマーッショ!!」て嬉しそう。
なにこの人いい人。

わたしは自転車のチームとか試合とかよく知らないので
ポジションかぶるって「後を継いでくれる後輩」ってだけで
同じ世代でチームとして戦えことはないんじゃないかな?って思って見てたから
このインターハイに初心者の小野田が選ばれた事がよく解らなかった。
でも、そうか、箱根を登るのにクライマーが2人必要だったんだ!!って解った。
引っ張る人と勝負するために飛び出す人なんだね。
なるほど。で、巻島先輩が勝負掛ける人、と。
ポジションが何人いてもいいのか。
てか自転車って、ポジションて言うか得意な走り、だよね。
直線か、登りかとか。
100人抜きってすごいと思うんだけど、これ後から伝説になったりするのかな。

今回のファーストコンタクトで小野田君は御堂筋くんにロックオンされるの?
この先勝負掛けられたりするの?
この先もあの不気味な人に怖い思いさせられるの?視聴者が(笑)。

まだまだ大会は始まったばかり。
自転車のチームの大会って敵味方みんな結構おしゃべりするんだね。
見ていて萌えドコロあちこちにあってとても楽しい。
黙って漕いでるだけならよく解らなくて見るの飽きちゃうかもだった(笑)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。