ピンポン 最終回を迎えて。

良かったよー!!
スゴク良かった!!

ラストに映った大会の表彰式の写真の
スマイルの笑顔が良かったね!!
ヒーローが帰ってきてくれて嬉しかったんだね!!

少年の頃に卓球を極めたつもりになって、卓球から遠ざかったペコ。
ペコに憧れて卓球を始め、その才能を発揮し始めたスマイル。
スマイルに負けて一皮むけたコンさん。
同じく、格下だと思っていたスマイルに負けて卓球を辞めたアクマ。
ストイックに頂点を目指したドラゴン。

全編あだ名で通したところがテンポ良く思えた。
声も最初、ペコの声が高い?と思ったけど、
やんちゃな彼にピッタリだとすぐに馴染んだ。
あの声で「愛してるぜ おばば」って言ってるの聞くと、なぜか楽しくなってくる(笑)。

ところどころでスマイルが鼻歌を歌うんだけど、
それが何の局なんだか、
どのタイミングで歌うんだか、解らなかったんだけど
最期にそれが「自分の作った、ヒーロー(ペコ)の曲」だってのが解るんだよね。
それが解るその気が、これまたうまくペコの活躍の場のBGMになって、
うるっときた。
スマイルはずっと待ってたんだ!!
大会が始まったすぐの試合中に、一度ペコの試合を眺めて「待ってた、ヒーロー」て呟いたときは うるっときたわ。

試合の時の画面の演出で、
漫画みたいにコマワリで横滑りになっていくのが新鮮だった。
結構伝わるもんなんだね、静止画のコマワリが多かったのに。

ストーリーもキャラも、全部ひっくるめて
名作だと言われるのが解る素晴らしい青春群像劇だった。

最期にドラゴンが性格が丸くなってたのが微笑ましかったのと、
スマイルの子供たち相手の口調がまんまスマイルの恩師だったのがぐっときた。

ラスト、スマイルが打ち上げられてたラケットを拾って海に投げるんだけど、
あれって作中、高校時にペコが川に投げたペコのラケットだよね。
星マークが見えた。
ほっこりした。今と昔を繋げるアイテムがますます良いラストに演出したと思う。
ラケットの身になると「解せぬ」だろうけど(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR