オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残響のテロル 最終回(12話)感想

始まった時はヒロインの陰湿ないじめられっぷりとぐずぐずした性格
が目に付いてあまり好感が持てなかったアニメだったけど、
最終話で逃げずにナインとツウェルブを死なせたことでいいアニメになったと思う。

いい子たちが死んでしまって ともすれば後味が悪い思いをする人もいるかもしれないけど
私の感覚的には
とても納得のいく終わり方だった。

OPとEDの曲の気持ち悪さ(と言っていいのか?)も相まって、
彼らの感じた悲しさや苦しさ、
ファイブとヒロインのそれぞれの孤独、
テロリストたちを追う刑事の、正義に近づいたために排除された暗い過去。
見れば見るほど目が離せない展開で
最後は結構かぶりつきで見てた(笑)。

絵は最初、好みから外れまくっていたのに、
なぜか今は「彼らカッコイイ!」て思える(笑)。

あと、ハッとしたのは、CM前後のアイキャッチで、
一度
響のテロ
て色が分けられて出た時があって。
私的解釈だけど、
「テロ」「の」「響き」から何かが「残る」のアナグラムなのか!?と。
(全然違ったらごめんね!テヘペロ!!)

だとしたら、彼らの命は、
最初から短いことが定められていたその命は、何かをきちんと残したんだと。
最後はサラッと「日本の悪事が表にさらされました!」てところで終わってたけど、
ちゃんと、深く残ったんだな、と思えて
見終わった最後は結構心が震えてたりしました。

最近は、オリジナルでも原作つきでも、1クールで終わったと見せかけて
いざ最終回では「2クールに続く!!」てアニメが多いので、
原作ありならそれもいいけど、オリジナルなら最初から最後まで盛り上がって見せてよと思っていた矢先、
こんないい感じで、
何人もの人生が凝縮されてて、最後まできっちり決着付けてくれた
オリジナルアニメが見れて嬉しかったです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。