M3~ソノ黒キ鋼~  最終回(24話)感想

よくぞ最後まで生き残ってくれた!!と感動しましたよ。
イワトとライカとマァム。
もうね、始まったころからこの3人は何かしらの犠牲になって
散っていく運命な気がしてた。(笑)
薄幸そうだったり、逆にうまくカップルになって盛り上がってたりと
いろいろフラグ立ってたのに。

メンバーだれ一人欠けることなく
最終回を迎えたこと自体は以外だったけど(笑)。
ミナシやらササメやらが特別な力を持つ島の出身だってわかったあたりから
面白くなってきて目が離せなかった。
そのころにマァムがエミルのパートナーになったんだっけ。
あれ?私的にはヘイトがフェードアウトしたあたりから面白くく感じてたってことかな?
ヘイトごめん(笑)。
最後にぐわっとアカシのパートナーみたいに復活してきたかと思ったら
やっぱりフェードアウトしていったヘイトが、
ラストにくまのぬいぐるみに救われていたところは
笑っていいところなのかしら?(笑)

最初はあまり面白く感じられなかったM3だったけど、
終わってみれば
登場人物のほとんどが病んでたり、気がふれてたりと
なかなかにロボットものとは違うハードさが際立ったアニメだった。

最初、絵がとっつきにくいのと、
主人公アカシの性格がぶれっぶれなのが気になるけれど、
途中から主人公以外が気になってしまい、
とても楽しく彼らの活躍を願い、楽しめた。

ぶっちゃけ、マァムの成長物語だったと思う(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR