スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカメが斬る! 20話ヤツの死亡フラグ回収(号泣)

ラバックーッ!!(p>□<q*))
とうとう死亡フラグ回収しやがったこんちくしょうーっ!!

いい最終回でした。(違)I

数話前から「おれ、この戦いが終わったら告白するんだ!」とか
言い出してたし、
後方での隠密行動担当だったはずが
前線メンバーの次々の死亡で戦闘参戦増えてきたりと
「次か、その次か」と恐れていた
私の萌えキャラでした(笑)。

だがしかーし!!
なんかかっこよすぎで拍子抜け。
オカシイ。アカメが斬るの仲間、ナイトレイドの死にざまにしては
綺麗すぎる…ていうか穏やかすぎる?というか。
シェーレちゃんの時は、敵のイェーガーズが会話してる画面の奥で帝具コロちゃんにバリバリと捕食され、
アニキはタクミを庇いつつ…そういえばこの人も男らしく敵を倒して死んだな。
チェルシーちゃんの時は、逃げる→追いつかれる→逃げる→当然のように追いつかれる→滅多斬り…
挙句さらし首&コロちゃんに捕食…の
視聴者までももてあそばれたような、そんな激しさと厳しさがあった。
あれ?男キャラはかっこよく死ぬパターンか!?とはいえ
どうあがいても、帝都に仇なしているのはナイトレイドの方で、
いくら気が狂っていようともイェーガーズの方が「正義」の名のもとに存在するという
善悪ひっくり返った世の中で、
正義が悪に嬲られながら残酷に殺される、
そんな悲しさが色濃く表現されるアニメだった…はずだ!!

だが今回!!
ラバックはかっこよく敵を倒し、
めっちゃ見せ場を作り、きれいな顔で走馬灯まで見てナジェンダさんへの想いを
これでもかと最後の最後まで美しい思い出とし、
帝具もパリーンと綺麗に破壊され、
「あぁ、こいつもう終わりなんだ」てシチュエーションで空を落ち、
かなりな高所から落ちたところにピンポイントでたくさんの槍が待ち構えていて
ざっくり刺されて絶命、という
とてもきれいな、視聴者に数秒心の準備をさせるほどに穏やかな最期でした。
そう見えたのは、わたしがラバック贔屓だからというわけでは決してないと思う。

タクミとともに帝都に侵入し、
初対面の城の次女とやらの案内でレジスタンスの隠れ家に着くも
すでに大臣の息子に全滅させられていたアジトで
新キャラのOpにも出てるおっさんとタクミが戦っている最中、
ラバックは大臣の息子と戦うも
なんか異次元飛ばされたりもしたけれど、大臣の息子に辛勝。
なぜか空高くから大臣の息子ともども落下!!そして!!

て流れなのですが、
このラバックの緊迫した「レジスタンスのアジト~」のあたりから、
もうね、女の棒読みが気になって気になってね。
ラバックを羽交い絞めにして敵に首切られて、
そのごむっくり起き上がってまたラバック羽交い絞めにしてね、
かなりハッとさせられる場面なんだろうけど
棒読み過ぎてお前はゾンビか!と。不死身か!と。
浮き過ぎてなんだろうと思ったらOP歌ってる人だったよoh…
出るのは構わないけど、TPO考えてくれよ、ラバック死ぬ時に出なくてもいいじゃんよ。

あとさ、ナジェンダさん、
ラバックとは付き合い長いんだからさ!!
せめて20話ラスト、もう少し悲しんであげて!!
てか、タクミとラバック呼ぶときに、せめてラバック先に呼んであげて!!
別の意味で 私が泣く!!

あぁ、これがアニメオリジナル…
よし!これでネタバレ解禁だ!!と

(以下原作ネタバレあり)






ネットでちらっと見たら
原作もラバックやっぱり死んでた orz。
ま、まぁそれがアカメが斬るだもんね、ナイトレイドの儚いところだもんね。
てか原作の死に方 やっぱりアカメが斬るはこうでなくちゃ!てな感じだったよ!!
これアニメでしてくれてもよかったんじゃね!?
そりゃ規制入りまくるだろうけど!!
超泣ける死にざまじゃないですか!?
やっぱり拷問ダメですか!?
玉方っぽ云々(自主規制)で大臣の息子に辛勝して
「ナジェ…俺、玉(以下自主規制)~されても (仲間の事)吐かなかったよ」デスカ?
(原作未読なんだけど、これでセリフ合ってる?)
泣けるんですけど!!。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラバックについては原作が悲惨極まりなかったので、アニメ版もこれはこれで華があったかなー、と。
ラバックの台詞はうろ覚えで正確にお伝えできそうになく、もうすぐ発売予定の11巻に収録されるでしょうからこれを機に是非ご覧あれと宣伝しつつ(笑)

実は1巻まるごと使うイェーガーズとの総力戦になった教主補佐暗殺作戦自体が完全に変更されており、現時点で既に生死が変わってるキャラが何人かいたりするので、オリジナル展開で今後どうなるか本当に予想がつきません。
既読組としてはイチ視聴者として楽しめるような、それでいて不安が付きまとうような感覚でしょうか。

精神性・生い立ち・体型・恋愛観や恋に落ちるプロセスetc…タツミにとってのヒロインであるマインと彼を巡るある意味宿敵なエスデスがあらゆる面で正反対な存在になっているように、原作者は最初から物語のプロットを全部完成させていて「アニメ版スタッフにもその最終回までの流れは説明している」とのことですが…さて。

にしても敵側も敵側で新入り次々と登場してきたけど、くたばるのも早いもんね.....
どいつもこいつも強そうだったのに
次回でエスデスさんは味方になってくれるかな....なってくれるとポイントめっちゃ上がるよ~

Re: グリズリー さま

> ラバックについては原作が悲惨極まりなかったので、アニメ版もこれはこれで華があったかなー、と。
アニメ版かっこよすぎです!!ステキすぎです!
笑顔がまぶしかった。
敵を倒して納得して死んでいくなんて、アカメが斬るの中でとても穏やかな死に方だと思います。
シェーレちゃんのインパクト凄かった。

> 既読組としてはイチ視聴者として楽しめるような、それでいて不安が付きまとうような感覚でしょうか。
原作既読あるあるですよね!!
私も漫画読む方なので、他アニメでよくあります!
アカメが斬るが既読組の不安を払しょくするくらいの良アニメ&良ENDでありますように!

余談ですが個人的にはラバックの原作通りもアリ派です。
いやむしろちょっとくらいしてほしかった…拷問。ムチでペチンペチンくらい…(笑)。

Re: すずかさま

> にしても敵側も敵側で新入り次々と登場してきたけど、くたばるのも早いもんね.....
イェーガーズ以外ザコ扱いですよね。
大臣の息子もエスデスさんと
以前孤島に飛ばしたときお互い知り合いだったみたいだから因縁あるのかな?とか思ってたけど
絡みないままでしたし。

> 次回でエスデスさんは味方になってくれるかな....なってくれるとポイントめっちゃ上がるよ~
エスデスさん人気キャラだし、アニオリだし可能性はありますよ!!
でも実は私は味方より、最後まで帝都を背負う敵で、恋する戦乙女でいて欲しい…!
プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。