黒子のバスケ30巻とかクロフェスとか

頭パーン!てこういう事か!みたいな状態に!!

あと風邪気味。
でも頑張って本屋まで行ったよ!!
風邪悪化したよ!!(笑)

なんだかんだいって、とうとう黒子のバスケが最終巻発売されて、
「あぁ、終わったんだ…」て思ったんだけど
意外と燃え尽き症候群にならずに気力もってる。
多分これ、1月からアニメ3期が始まると思ってるからだろうね。

アニメが原作を追い越すことなく、
しっかりと原作を軸にして、試合流れも自然に、
たとえストーリーにオリジナルがちょこっと入ってもセンスが良くて
アニメと原作が両方、純粋に楽しめた稀有な作品だと思います。
私のひいき目だとしても!!

さて、30巻ですが。
本誌であったこと以上の衝撃といえば
やはり「リコと木吉が一時期つきあっていた」という一言ですが、
以前作者がアニバスのインタビューで「リコが木吉と日向をどう思っているか、桃井は青峰と黒子をどう思っているかは
最初から決めてある」とおっしゃっていたので、
リコたんが木吉と付き合っていたというのは後付けではない、もともとそういう状態だった、ということを踏まえて原作読み直すと
日向君の切なさ半端ない。
それでいて、日向君はリコたんへの気持ちをずっと持ってるし、
クロフェスの方では黒子に「カントクのことはその後~」と突っ込まれてたし、
休日は一緒に買い物行ってるし(青峰と桃井かよっ!www)
なんか、今はしっくりまとまってるみたいな。
そう思うと今度は木吉が切ない。

まさか最終巻で恋話でこうも心かき乱されるとは(笑)。
それはともかく、
優勝おめでとう誠凜。
最終巻までやっぱり火神君がカッコ良かった。

ジャンフェスの話になるけど、
他のキャラがそれぞれ答える質問で、みんな一人か二人の名前を挙げてるのに
火神君は「注目する選手→キセキの世代」
ざっくりしててバ火神可愛い。
PF部門一位おめでとう!!
黒子の光部門1位おめでとう!!

ベストコンビ部門は緑真&高尾だった。
うん、これ多分国民全員が予想してたことだと思う。
ゆるがないなこのコンビwww。

他にもいろいろ、黒子と赤司の初期設定だとか
萌え萌えな内容がてんこ盛りだった。
黛さんにまた変な設定が加えられてたよ(笑)。
オフの過ごし方ヤバイwww…取り方によっては放浪癖…www。
この人、電車乗ってたらふらっと知らない駅で降りるらしいよ。
なにこの人、愛おしいwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR