オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリングガールズ 3話までの感想

今期始まりでやたら番宣が多かったため
鳴り物入りで始まったローリングガールズですが、
これいまいち。
絵も丁寧で、動きもいいなんだけど
ストーリーというか、設定が幼い感がする。

10年前に日本の中で大げんかしたらしくって
地域ごとに独立。
それぞれ独自の発展を遂げていて、陣取り合戦が始まっていた。
その方法が「地域の代表者をそれぞれ出して戦わせ、その勝敗での陣取り合戦」だった。
代表者になるのは特別な戦闘力を要したモサ。
モサ以外の一般時はモブと呼ばれていた。
主人公は一人のモブ少女。
大好きな親戚のお姉さんがモサだったうえ、お姉さんが大けがをして入院。
彼女の代わりに、彼女に来た依頼をこなそうと、県外の依頼主のもとへと向かう。

という、設定自体ははっきりしてて、わかりやすいんだけど
このモサが妙齢の女性なんだよね。
全身タイツでも別にいいんだよ、そこはいいの。
でもね、自警団も若い男女。絵柄的に高校生の学校同士のけんかみたいに見える。
大人たちももちろん地域同士で対立してるんだろうけど
日常生活があまりにも普通すぎてて、せっぱつまった感が無い。
何も困ってなさそうなんだよね。
だからこそ、大人は陣取り合戦に興味なさそうに見えるし
子供同士のけんかで終わってるみたいに見える。
実際は、モサの戦いには細かい規律がなされてて、法律にも定められたルールがあって、
きちんとした法律にのっとった陣取り合戦なんだけど。
絵と雰囲気だけならいい評価はあるんじゃないかな。
でも物語としては、かなり薄くなりそうな気配。

3話にて、舞台は東京に。
東京がめっちゃオタク街になってる(笑)。
所沢とか、舞台になってる町全部だけど、あれコミカルにしすぎてて
本当に地元の人しか楽しめないというか、わからなすぎ(笑)。
聖地巡礼狙いすぎかも。
てか大丈夫なの所沢。「東京から見捨てられたくせに!」とかはっきり言われてて、
笑いとる方向にいってるけど(笑)。

地域愛が弾けるアニメになるだろうと思ってみたら
全然違って、何がなにやらもうついて行けない、てのが本音。
多分女の子が4人でワイワイするのが可愛いだろうって押してくるアニメだと思う。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。