スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁のヨナが今熱い!

大陸の大きくて平和な国のお姫様だったヨナ姫が
革命で国を追われ命を狙われる事に。
幼いころから親しかった従者に守られ、
どっかの偉い神官とやらに自分が伝説の勇者の直系で、
4龍を集め運命を切り開けと告げられた姫様は
4龍集めしながらも追ってからあちこち逃げ惑ううちに
父親王の行っていた政治のほころびを目にすることに。
もともとが平和を愛する純朴な姫様。
今までは生き延びること逃げ延びることしか考えてなかったけれど、
ここにきて「国を変えなければ?」と考え始め、
港町の暴君の所業に鉄槌を下すべく、
自ら進んで革命軍(というか、正義の海賊?)の争いに手を貸すことに。

これまで白龍と青龍を味方につけ、今回緑龍を見つけ出した先での出来事なのですが
今まではそれぞれの龍がそれぞれの里に守られてたり、監禁されてたりと
それぞれ竜の事情を周りのみんなが、というか里の全員が理解してたり知ってたりと
比較的「運命」のかじ取りに支障が無かったのですが、
この緑龍、結構食わせ物で白と青とは違い、簡単に仲間として一緒に旅してくれないつもり。
で、ヨナも無理強いをしない。

でも、町の暴君の振る舞いは放っては置けない。
だから!!戦う!!

ヨナかっこいい!!
緑龍編になったころ、OP・EDが変わったのですが、
OPこれがまんまこの戦いでのヨナの決め場面が使われていて、
あぁこうなるんだろうなって解ってはいるんだけど
その流れがぐっとくる。
主人公だし、周りが全員ヨナにメロメロで助けてくれるって解ってるんだけど
ヨナが人身売買される女の子たちの乗ってる船を探し当てるために
みずから潜入を志願するんだけど、
一人では心もとないとユン(男の子)も一緒に行くのね。
ここで余談だけど、OPでヨナが弓を引く決め場面、あれで暴君クムジが足蹴にしてる女の子
でかいカットで目立ってるけど誰だろ?って思ってた謎が解けました!
まさかユンが女装してそうなっているとは思いもしなかった(笑)。
そうか、ユンか。そうだったか(喜)。
話を戻します(笑)
それで、他のアニメとかなら血気盛んに潜入捜査して成功させて、て流れが多いんだけど
「暁のヨナ」では、ヨナとユンが何かの拍子にずっと怯えているんだよね。
危ない仕事だって解ってる、誰かがしなきゃいけないってわかってる、でも怖い。
自分で言い出した、女の子達を守りたい、ヨナを守らなきゃ、でも怖い。
こういう「危ない事するとき、人間は怖がるんだよ」て流れが伝わってきて
見てるこっちもずっと緊張しまくってましたよ(笑)。

次の回で、どうかクムジをぎったんぎったんに倒してほしいところです。
花火が無事に上がった事だし、
場所がわかれば緑龍がまず飛んで来てくれるだろうから
今はヨナもユンも手下どもにボコスコ殴られたりして痛い思いしてるけど、
あと少しだよ!頑張って!!

でもこの革命で、ヨナの正体(逃げてる姫様)てのに何人かが気が付いてくれるのもちょっと期待してる。
そんでもって、「ヨナ姫生きてた!」てなって、
「ヨナ姫世直し旅してるみたい」て噂されるくらいに何件か腐った政治の浄化をしてほしい。
ラストがとても気になるアニメです。
ただ単に王座奪還てなると、前王は無能だったせいで政治が荒れたところが多くて、
前王そのものはもちろんのこと、血縁者にもいい感情を持ってない人が多いから
ただの国取りで終わらないと思う。
多分、前王よりも今のスウォンの方が、秩序を守らせるのにはいいのかもしれない。
ヨナは大好きだった父の仇であり、初恋の相手のスウォンを
結果どうするのか、ハクとの関係は進展があるのか、
龍たちの因縁は終わるのか、
何も知らなかった姫様が何を知るのか、
いろいろと詰め込んだお話が本当にとても面白いです!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。