オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

劇場版 進撃の巨人 ~紅蓮の弓矢~ 感想

劇場版の後半「自由への翼」が公開されるにあたって、この時期にテレビでおさらいって感じでしょうか。
もうこの先もアニメでも放送されたところなので、ネタバレありで行きますよ!

テレビや原作では大きな物語の中で、小さなことから大きなことにいろいろ関わって生きている日常風景と
そこに突然現れる恐怖や狂気のメリハリの利いた展開を、
ドキドキしながら拝見する感じでしたが、
劇場版は2時間ほどの間にエレンが町を取り戻すために、初めて自力で巨人化して岩を運び、
リコさんの「みんな…死んだかいがあったな。今日 初めて人類が巨人に勝ったよ」という
人類初勝利の記念すべき一歩までほいさっ!という勢いでまとめ上げたものだから、
もう全編が緊張につぐ緊張だった。
のどかな風景とか、ほのぼのした笑いとかほぼ皆無で、
衝撃の波が打ち寄せては引き、そしてまた次の衝撃や恐怖がすぐ打ち寄せる、の繰り返しだった。
見終わったらなぜか少し疲れてた(笑)。
それだけ目が離せない展開だったんだ!
ぶっちゃけ、最初の壁外調査隊が帰ってきたところをおばあさんが「うちの息子が~」て来るところの
おばあさんのセリフ&鳴き声に反射的にうるっときた。
そして「何の成果も!!あげられませんでした!!」にも心がキリキリ(笑)。
どんだけ最初から飛ばすねん!!て思ったわ。

特筆すべきは、
ほぼ最後の町奪還のところまでは原作の要所ばかりを詰め込んでいたのに、
最期のエレンが初めての自分からの巨人化に意識を持ってかれた時、
エレンを守るために、ミカサが、アルミンが、他の精鋭さんたちが命を懸けて巨人と戦っているその時に!!
壁際でもおとりになったジャンたちが紛争していたオリジナルが
まるっと大事に組み込まれていた事。
ここで後に、物語に深く絡む人物がちらちら出てくるんだけど、
これ、一緒にジャン助けてていいのかな?役割的にこのシーン大事なのかな?
マルコの事もひょっとしてあとで解るのかな?
それともただのアニメスタッフがジャン好きだからオリジナル多いだけってホントかな。
と、まぁいろいろ深読みしてしまって落ち着けません(笑)。
ひょっとして、後にマルコの立体起動装置をアニが持ってたのはここまで一緒にいましたよ、ていう複線なのかな。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆