オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K RETURN OF KINGS  最終回感想

最終回まで駆け抜けたアニメだった。
カメラワークスゲェ。

独特の世界観だったのだが、
日本にいる特別な力を持った王を作り出すという石板は
唯一の破壊方法をシロが見つけ出し、
最終回で壊したので、
それまでの王を中心にしたチームというか、クラウンズ(だっけ?)は
普通の人に一斉に戻るわけでしょうか。
もう特別な力は持ってないというわけでしょうか。
シロも、今まで事態収拾のために借りていた見ず知らずの少年の身体に魂を付着することが困難になったし、
石板の力そのもので延命していた緑の王は石板が壊れて即死。
ただ、そのおかげで命がゴリゴリ削られていた青の王はダモクレスの剣が消えて、
暴走の心配が無くなってた。
そこはよかったねー。
ねこのほうも、実は人間だったっていう記憶を自分で改ざんしてただけで、
普通に人間だったし、
クロも紫に勝ってシロを助けることができたしで、
主人公サイドは万々歳ですよね。
最期は白米党が3人で楽しそうに再開して食事してた。
そこでEDで流れるのがangelaですよ!!
もうね、やっぱりangelaいいわー。
Kの世界観にしっくりくるわ。

たださ、これってさ、石板で特別な力を持っていたからこそ優遇されていた政治とか権力から
「もう無力だし無能だから」って切り離されるのがこの先あるんだろうなとか、
青のクランなんて、まさにその能力あってこその政府関係のエセ警察みたいなもんだったんだから、
この先能力無しで暴漢とかに立ち向かうのは気の毒だと思うし、そもそも解散させられちゃうんだろうかとか
考えると切なくなってくる。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。