スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 13話(最終回)感想

時代が昭和を強く意識し、
神化、という年号としながらも実際に昭和で起きた事件を年代通りに追っていて、
なかりドラマチックな展開だったと思う。
まさに、アニメチックにパラレルとして楽しく見れた。
ヒロインが思いを寄せるシシロウさんに
歳上女性がくっついてて妙に女房面してくるなぁとおもったら
実際付き合っている設定だったのはびっくりした。
なにそれヒロイン報われないじゃん。
ただ、年上女性のエミさんも何か裏の顔がありそうで、
シロウの理想とする正義に近いのはエミさんよりキッコちゃんの方だよねと
視聴者が思い始めたあたりで
キッコちゃん悪の大魔王として覚醒。
エミさんが「このまま殺しちゃいたいけど」とか言いながらキッコちゃんを助けるところなんか
もうどっちが正義なのか解らなくなってもやもやする(笑)。

何度も時系列を行き来して、この先この人が一時的にしてもどうなるかが解っているのに
止められないのがもどかしい。
しかもその時系列の変化の風呂敷を、13話できっちり回収してきてる。
これは良い演出だと思う。
しかも最終回に、今までの登場人物勢ぞろいが良いよね!!
謎を残して引っ張って2期にどうぞ、って言われても細かい事なんて忘れてるうえにテンションずれてしまうもんね、
こんな風にしっかりまとめて終わって、そしてこの先は気持ち新たに!っていう展開素晴らしいと思う!!

楽しいアニメだった!
制作決定したという2期も楽しみ。
二期が楽しみなアニメです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。