オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕だけがいない町 1話、2話感想

面白いです!
主人公は29歳の青年。売れない漫画家で、ピザ屋のバイトしながら一人暮らしをしてる。
彼は実は、他人に言えない能力の持ち主。
本人が「リバイバル」と名付けている現象で、
何か悪いことが起きると時間を心だけが遡るタイムリープを起こし、その悪いことを回避するまでそのループから逃れられない。
(1話のトラック運転手の心臓発作で子供が惹かれるのを避けるところがあるんだけど、
原作ではもっと何度も何度も気付けずにトラックとすれ違うというインパクト強だったけど、
アニメでは1度きりのリバイバルだったのが残念。
これはひょっとしてこの先に、何度も何度も繰り返す衝撃を後回しにしてるなかな?と思う事にする。)
そんな特殊能力で主人公は自己に巻き込まれ、母親が上京してきてくれた。
バイト先の女子高生も加わり、少し周りが賑やかに。
そんな矢先、主人公は無意識に児童誘拐をリバイバルで阻止し、
その影響で母親が過去に主人公が巻き込まれた誘拐殺人事件を語り始め、
主人公の記憶もフラッシュバック。
さらにその事件からの影響か、母親が何者かに殺害され、主人公はリバイバル状態。
しかも、その事件のカギは17年前、主人公が小学生の時の、まさにその誘拐事件にまで遡った!
主人公は、当時の被害者の同級生を助けられるのか!?母親を殺害した犯人と、この事件の真犯人とはどういった関係なのか?
少女誘拐殺人事件で犯人とされた青年は無実なのか?
数多い謎をはらみつつ、青年は少年の身体で歴史を再び辿り始める。

絵も見やすくて、すごく良いわ。
話も面白い。
あと、やっぱり少年時代編が可愛くて良い。
一度大人になって、子供時代の温かみを当たり前とはならずに受けられる状態になって
素直な少年になってるんだよ。もうね、可愛くてスゴイワ!
あと、クラスに一人は必ずいる「利発な美少年」とか、ツボもきちんと押さえてる。

私は子供時代に戻った1度目の、同級生と仲良くなろうとする、まさに2話までしか原作見てないから
いまはどうなってるか知らないけれど、確かまだ終わってないよね。
犯人わかったのかな。
私が思うに、
現代の誘拐事件を続けていて、サトルのお母さんの顔を見て誘拐をやめた=「お母さんの顔を覚えていた」
(お母さんは昔から年を取ってないくらいに若々しい)
サトルの母に、自分が誰か知られているという自覚がある。
実際は母親は、誰なのか見ても解らなかった。
にもかかわらず、それを確認することも無く短時間で犯人は危険を冒して目撃者を消しにきた。
それほどすぐ誰か解るほどだと思っている。
サトルの小学生時代から大人だった
大人で、サトルの母の顔を、数年たっても忘れないくらいの接触があった。
だが大人になったサトルには認識されなかった。(犯人は年相応に年齢を重ねてて、サトルが一目見ただけでは認識できないほどの付き合いしかなかった)
とかから、担任が怪しいと思った。
担任なら子供を誘拐するのって証拠残さずに、子供もついて行くと思うんだよね。
あぁいう優しそうな大人の男って怪しいよね。
登場の仕方、ちょっと癖があったよね。
無実ならゴメン(笑)。
じゃなければ、同級生の利発な男の子。でもあの子はキーパーソンな気がするんだよね。
あの子が居たからこそ、なにか歴史が変わる選択肢を選べるようになる、みたいな。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。