オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

秒速5センチメートル 感想

噂の「秒速5センチメートル」見ました。
表題は3部作の3つ目の題。
一組の男女の淡く切ない成長物語。
……てまんま恋愛ものでした。
深海監督ものであまりにも有名で、胸キュン物とのことですが
そうか、これが皆を胸キュンさせる物語か、というのが正直な感想です。
ごめんよぉ、恋愛ものには疎いんだよぉ。
完全に大人向けだよね。
中学生が雪の中、一晩の再会と別れを経験するのが1話なんですが、
え?そんなにフリーダムな深夜徘徊いいの?て心配してしまいましたヨ?
アニメの中じゃんって言われればそれまでですが、
何言っての、このアニメはリアルな時間の流れと成長を描いてるんだから、と言うわよ。
2話も主人公ポジの鹿児島の女の子が純粋すぎて、
男の子主人公が何故にそんなに女の子に優しいのかもやもやする。
彼から見たら友情のつもりなのかな?
それとも遠野君は女性の繊細な対応が彼の感性に合うから居心地のいいところに収まるのかな。
3話目はまさに集大成なんだな、って思う。
曲に合わせて画面が変わっていくところとか、感情の流れが見てるこっちも引きずられる。
なにより美術が綺麗だよった。

この「秒速5センチメートル」の意味は、1話のしょっぱなにわかるんだけど、
桜の花びらが落ちる速度なんだって。
ロマンティックだよね。
さすが恋愛ものだって感じがするよ。

ストーリーはね、
転校の多い遠野と同じく転校の多い篠原さんがある小学校で出会い、
お互い「この人と魂の世界が同じかも」くらいの気持になる。
でも篠原さんの転校でいったん離れるんだけど、
中学生になったら今度は遠野君の引っ越しが決まる。
で、ますます遠くになるからと遠野君が篠原さんに会いに行く。
無事にあえて、甘酸っぱい再会と別れを経験。
これが1話。
で、転校先の鹿児島で、遠野君はそれなりに。
そこに現れるのが遠野君に恋する現地の女の子。
二人は距離を縮めるかのように見えたが、遠野君の心はどっか違う方向見てる、と気づく女の子。
さてさて、遠野君の心はどこを向いているのか。
これが2話。
そして最期の3話。「秒速5センチメートル」。
大人になった遠野君。
彼の視点を中心に、そしてたまに彼の知らない篠原さんの現状の様子を交差させた映像で
昔の思い出はほとんど出さず、そして輝いてもいず、
色あせた青春の思い出を引きずって、それを今にかぶせた一瞬の様子を短い時間にぎゅっと凝縮。

もうこの先、この二人は会う事も無いだろうし、会ってもどうもできないだろうし、
まさか二人でもう一度、とかなったら
それまでひと波乱もふた波瀾もあるだろうし、
だからこの終わり方でいいんだろうけど、
さびしいアニメでございました。
美術が凄くきれいだった。
だから余計に「誰しも子供の頃が一番青春なんだな」と(笑)。
それが現実なんだなと(笑)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆