スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dimension W 12話最終回感想

うまく纏まってて、凄く良かったよ!
話も分かりにくい事はくどくなら無い程度の説明で、
ほか映像で見せてくって感じ。
無事な人、無事じゃなかった人をしっかりと分けて、
誰一人として「死んだ?いや死んでない?」という疑問が残らない締め方はとてもいいと思う。
ルーザーさんがお亡くなりになったのは、ある意味奥さんの元にいったか、という感傷だった。
だが完全悪役だったシーマイヤは勧善懲悪で倒されてて、少年漫画らしくてスッキリしたわ。
あのラストに怪物とラスボスが同化するっていうの、懐かしいシチュだわ(笑)。
最近そこまではっちゃけた物語無いからね。

今更だけど、原作者さんが好きなので、これも原作持ってるのですが
コオロギの性別がアニメ化されるまで女の子の可能性もあるよな、とか思ってたのは内緒(笑)。
だってコミックスで胸の谷間に影があったんだ。そう見えたんだ。
だからアニメで声が男性だったので、中性的には設定されてなかったんだと萌えた。
中性的でも萌えだが、やはりここはルワイ王子ともう一人くらい少年枠が欲しい。ありがとうコオロギ!(笑)

ラスト、キョーマを気絶させるためにミラがとった行動は、
以前もぶちかましたことがある平手打ち。
あっさりキョーマは気絶できるわけですが、
平手打ちなんて脊椎危ない気がしてならない。
アニメでも平手されてるキョーマの骨が変な音たててたし。
そういう点ではいろいろとミラちゃんが天然だというのも最後まできっちり入れてきてて面白かった。

いろいろ悲しい出来事とか、それぞれ背負っている重いものとかシリアスなのに、
でも最後はほんわかした気持ちにしてくれるDimension Wは良いアニメだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。