スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニサタ キズナイーバー 12話最終回感想

今期、終わった後にもやもやするアニメが多い…。
これもそう。
多分自分的に恋愛問題でみんなが聞き分け良かったからかな。
別にどろどろの展開を楽しみにしたわけではなくて、
なんでそうなる?な主人公の流れが寂しい。
確かに昔から繋がっていた子との絆が盛り上がるのは解る。
やけぼっくりに火が、って感じなのかな。
でもこの主人公のかっちょんって、その時期から周りにも自分にも無関心な人。
これはもともとは普通の人だったけど、
幼少期の絆が原因で感情や痛みを無くしてただけ。
だから感情とかも気薄なのに。
人を好きになるだどうだってところまで心が動かない人みたいな感じだったのにね。
それを心配し続けた幼馴染とか、高校の同級生とかと今再び絆システムの実験に巻き込まれて
最期には昔の子との絆を切る事によって、やっと痛みやもろもろの事を取り戻す、って話。
幼馴染のチドリちゃんってのも、カツヒラの事好きなんだけども、
その思いは欠片も通じてないのね。
そういうのにカツヒラは気が付かないみたいなんだよね。え?ボク好かれてるの?な感じで。
でもこの幼馴染の存在ってのが、もうね、なんていうかね。
あんなに尽くしてるのに、それを都合のいい時だけうけておきながら
自分はとっとと他の好きな子作ってはいさよなら、てな終わり方がどうもね。
辛いなぁ、と。
まぁ最初から幼馴染は「押し付けてる」ていうスタンスのでたらめな罪でキズナイーバーにさせられたので、
最初からチドリちゃんの想いは押しつけだよって他の人のイメージだったんのかな。
それを迷惑がらずに受け入れてるカツヒラ君が、もう少し拒否してたら、私もあまりもやもやしなくて済んだのにな。
もしくはチドリがもう少し自分勝手に突っ走る系の子だったら、私ももやもやしなかった。うん、そうだ。
チドリが献身すぎて、ものすごくいい子だったから、振った振られたとか関係なく
カツヒラひどくない?ってなるんだよ。
最期だって典ちゃんを助けたいから手伝ってほしいって、なんでチドリに言うのかな?
他の仲間のアドレスや電話番号も知ってるんだら、テンガとかでもいいのになって思って余計にもやもや。
途中まで面白くて、キャラも嫌悪感の無いアニメだったし、
合宿で心の痛みがつながって、チドリの存在を重く感じてくれたあたりまでは楽しかったんだけど、
その後から え?なんで急に?ってくらいにカツヒラがのりちゃんのりちゃん言い出して、
は?ってなった。
こういうアニメ作品だったんだろうね。ちゃんと終わったのは良かったと思うし、美術とか映像とか、逆光の光具合とかキレイだった。
カット一つ一つは綺麗だったんだけど、幼馴染の努力や献身をどうとらえるかで印象が変わって終わるアニメだと思う。
女の子たちは誰も悪くないどころか、皆強くていい子だった。
ひょっとしてカツヒラがもともと心を失くさずに持っていたなら、ノリちゃんじゃなくて、チドリの事をもっと気遣ってくれたかもな。
それどころか彼女の気持ちにもっと早く気が付いて対処してたかもな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。