オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

91Days 10話感想

主人公に手紙を送り、復讐への道に駆り立てた黒幕はコルテオじゃないかと思っていた時期が私にもありました。

ごめんなさいっ!
コルテオは最初から最後まで良い人でした!
ヒドイ!この展開はヒドイ!!

幼くして家族をマフィアに殺されたアンジェロの元に当時の犯人の名を示す手紙が届く。
アヴィリオと名を変えて復讐に立ち上がったアンジェロ。
当時の幼馴染コルテオを引きこみ、彼の闇酒を手土産にマフィアに接触。
じわじわとドンの息子レオの側近に。
それまで多少の難あれど、復讐の土台を着々と積み立てていくアヴィリオ。
だが、だんだんマフィアに染まりきってきたアヴィリオに不安を感じたコルテオは独断で敵側のマフィアとの接触を持つ。
行き過ぎた行動のせいでレオ殺害未遂の立場となってしまったコルテオ。
彼の存命と引き換えにレオの殺害を要求してくる黒幕!!
聡明なアヴィリオはコルテオの逃亡を成功させて、ひと時の平和を二人で満喫。
そして一人、復讐の舞台、マフィアの巣窟へ戻るのだった…

だけならよかったのに!!
もうコルテオはそこで待ってればよかったのに!!

コルテオ逃亡幇助の疑いが(つっても疑いじゃなくて、幇助したんだけどね)あっさりとバレちゃうアヴィリオ。
そこに駆けつけるコルテオ。
そして、アヴィリオの疑いを晴らすため、自らの命を捧げるのだった。
「僕たちは―――」
最後まで言わせないつもりかアヴィリオ!と思ったら、「俺達は…兄弟だ」
泣けるわ!!

ここ最近レオが良い人なのか?な描写が多かったし、アヴィリオとの距離も近くなっていたうえに
実は襲撃時は誰も殺してないって話までして、
あれ?これはひょっとしてレオ生還ルートか?アヴィリオ復讐しないで笑顔でハッピーエンドか?って流れを感じてたけど、
もうそんな事無いね。
復讐劇にまっしぐらだよね。
レオがアヴィリオにコルテオを殺すように仕向けた結果、レオいい人説木端微塵だよね。

まさかコルテオが死ぬとは思わなかったよ。
ラスボスで一人生き残るのかとか思ってたよゴメンネ。
ラスボスでなくても、一人生き残ってアヴィリオを弔う役じゃないかとか思ってたよ。
作中ただ一人の良心だったんだねコルテオ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。