オタ女なんて、目指してないのに。

なのに何故こうなった…?ゲーマーも目指していない(笑)。なのになぜこう(ry。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期一押しアニメ 終末のリゼッタ 1~3話感想

いいわ!これめちゃめちゃいいわ!!
絵も可愛いし、世界観が切ないし、演出最高だし、カメラワークいいし、姫様がすごい姫様だし、なにより「魔女一人vs軍事大国」という これからの話の流れだろうインパクトもいいし、魔女リゼッタが健気で可愛い。
リゼッタ可愛い。(大事なので2回)

時代は現実の西暦1940年。時代は化学が急激に発達し、戦争も戦車や戦闘機からの爆撃やらの戦術が物をいう時代。
軍事大国ゲルマニアは周りの国々に侵略を開始した。
圧倒的戦力で急激に侵略される国々。
だがとある小国、エイルシュタット公国はその侵略に必死に耐えていた。
そこの姫様フィーネ皇女殿下は、民に好かれる高貴なお方。この姫様、お国のためにも同盟国へのお輿入れを自ら申し出るなど、本物の王家の気位をお持ちのお方。
そんな姫様に、昔いたお友達。その身に宿る能力のせいで迫害を受け、流浪の民だった娘。それが魔女リゼッタ。
姫様から受けた幼少のころの恩もあるけれど、それ以上に今大好きな姫様の為、リゼッタは同じ魔女である祖母に禁じられていた「魔法で戦う」道を選ぶ。

萌える。マジ魔女のリゼッタが大空を箒ならぬ、大型機関銃にまたがって飛び回り、たった一人で戦況を覆す。
もうね、1話の再会のシーンも非常にドラマティック。
姫様の側近も、モブ顔じゃなさそうなのに、死んじゃって姫様一人で拘束されてたり、リゼッタに至っては冬眠カプセルみたいなところに入れられて意識飛ばされてたりと
毎回ハラハラドキドキさせられる展開。
2話はまだヨカッタヨカッタ味方と合流できたよ~って安堵の回だったけど、
もう3話に至ってはAパートでずっと追い込まれ続け、姫様の悔しく苦しいお気持ちを見せつけられ、
Bパートでめっちゃドラマティックにリゼッタ参戦!!
BGMも盛り上がる!

現実世界でありながらも、ファンタジックなお話ですごい楽しい。
姫様もかっこいいし、魔女リゼッタも可愛い。
OPで真っ白な衣装なのにどろだらけで戦うリゼッタの姿に心打たれる。
通常の衣装は髪色に合わせた赤カラー系の衣装なのに、なんで戦闘時は白なんだろうって思ったら、
エイルシュタットの伝説が「白き魔女」なんだね。だからその伝説になぞらえた魔女になるんだねリゼッタ。
すごいドキドキワクワクする。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。



検索フォーム

今激ハマリにタグ付けた

カウンター

最新記事

☆雨のしずく2*HoneyCandle☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。