スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟を編む 最終回感想

一つの辞書が出来上がるまでの、
13年以上に及ぶ年月と、それに携わった人々の熱い想いの物語。
三浦しをんさんの小説をアニメ化したもので、
もはや文学といってもいいでしょうね。
昨今のラノベ小説のアニメ化と一緒に「原作が小説」って並べられるの申し訳ない。

主人公の名前が馬締とかいて、「まじめ」と読みます。
作中何度も「まじめくん」「まじめさん」と呼ばれるのですが、
これがもう名は低を表すを地でいってるとはまさにこの事です。
真面目で純粋で。
周りもその真面目さに引きずられる様に、良いように感化されていて、とても優しい世界が広がります。
最終回では、辞書つくりのあまりの期間の長さに、慣習してる先生が御一人老衰(?)でお亡くなりになるほど。

毎日が淡々と過ぎる中、
言葉に対する格言となる台詞が幾度も交わされ、
とても穏やかに、哲学タイムができるアニメでした。

辞書にもっと敬意を払おうと改めて思いました。
辞書作りスゲェ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。