黒子のバスケ 第11Q

第11話「そんなもんじゃねぇだろ」 BY黄瀬くん
(注:BS再放送日記・かなり誠凛ひいきです)

試合は誠凛VS秀徳!!
拮抗が崩れるかと思いきや、
黒子君の超ロングパスで誠凛が即座に反撃!!
キャー火神君カッコイイーッ!!

まだ流れは変わっていない!テンションを上げる誠凛!!
同時に、黒子の長距離パスは緑間封じもやってのけた!!
すごいぞ誠凛!いけいけ誠凛!!

そんななか、秀徳の監督マー坊が(笑) 高尾くんと木村さんのポジションチェンジを言い渡す。

黒子くんのマークに付いた高尾くんは…
じつは鷹の目(ホークアイ)という特殊能力!!
俯瞰でコートの広い範囲を認識することができ、黒子君を見逃しません!!
なんで高尾君の苗字は「鷹尾」ではなく「高尾」なのか!?
え?そこはどうでもいいって!?うんそうだね!!
高尾くんの一方的ライバル宣言キタよーっイイネー!!
「同族嫌悪?」
同族!!同族!!!
ひょうひょうと黒子君の相手をする高尾くんの余裕が素敵。高尾くん好き。

そんなこんなで、
前の試合で温存していた黒子君と火神君の連携がうまくいかず、
あまつさえ黒子君が封じられたら誠凛のパス自体が通らず、
火神くンだけじゃなくて先輩達にもボールが届きません。

でも先輩たちも頑張ります!!
ここで日向君の小話が、リコたんから語られます。
「シュートを外すたびに日向君が大切にしているフィギュアを折る」
折られる数々のフィギュア。
結構頑丈そうなのを、あれどうやって折ってるんだろう。
非力なリコちゃんが素手で折ってるの?
絵面的に折ってるうえに叩き潰してるといってもいいくらにバラバラでしたけど。(笑)
あれ、明らかに「戦国BASARA」仕様フィギュアですよね。
まぁ同じ毎日放送枠、アニメシャワー枠内ならではのテンションあがるシーンでした。
あのシーン、原作では無難なふつうの武将フィギュアでした。


そんななか、緑間君が咆哮を上げる…………
キタよ決め台詞!!
「オレのシュート範囲(レンジ)はコート全てだ」
化けモンが!!

そして、そんな緑間君の姿を目にし、
火神君が覚醒!!
へんな笑い方してました。
そこに被せてくるED前奏!!」

火神君のチャレンジャー精神凄い。カッコイイ。好き。

あ、そうそう、
今回、帝光中時代のキセキ+黒子君のシーンがありましたね。
赤司君と紫原君も出てましたね。
コンビニで赤司様はいったい何をお召し上がりになってらっしゃるのでしょうかね?(*^_^*)

それはそうと、今回も解説ありがとう笠松先輩。
そして、さり気に黒子君の事を
「百戦錬磨だ」と褒めてくれてました。
その時の黄瀬くんの満足そうな顔www。
なんでアニメ版黄瀬はこうガチっぽいんだろう。
笠松先輩ご苦労様です。大変ですね、そのガチっぽい後輩(大笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 黒子のバスケ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

滝上舞

Author:滝上舞

webサイト『夢舞ドコロ』

↑オリイラメインの個人サイトです。


版権物はpixivに。



検索フォーム
今激ハマリにタグ付けた

黒子のバスケ 

カテゴリ
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
✦Pearl Pink
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR